System Storage

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

System Storage(システムストレージ)は2005年以降のIBMのビジネス向けストレージ製品のブランド名。現在はIBM Storage(IBM ストレージ)

System Storage (IBM ストレージ)
開発元 IBM
公式サイト IBM Storage
テンプレートを表示

名称[編集]

正式名称は「IBM System Storage」で、IBMのハードウェア全体のブランド名「IBM Systems」を構成する1ブランド(System zPower SystemsSystem x、System Storage)であったが、「IBM Storage」に改称された。

製品[編集]

フラッシュ/ディスク[編集]

  • メインフレーム用
    • IBM DS8000
  • オールフラッシュ
    • IBM FlashSystem 9000, 7000, 5000, ESS
  • ハイブリッド(フラッシュ/ディスク)
    • IBM FlashSystem 5000
  • 旧製品
    • DS6000, DS5000, DS4000, DS3000 (旧称 FASTt))
    • IBM Nシリーズ(NAS。N3000、N5000、N6000、N7000等)
    • IBM Storwize シリーズ(V7000、V5000、V3700等)

テープ[編集]

  • テープライブラリ
    • TS4500, TS4300, TS2900
  • 仮想テープ
    • TS7770
  • ドライブ
    • TS2280, TS2270, TS2260 (LTO)
    • TS1160, 1150

SANスイッチ[編集]

  • IBM SAN bタイプ, IBM SAN cタイプ

ソフトウェア[編集]

  • SDS
    • IBM Spectrum Storage

概要[編集]

IBM DSシリーズからIBM Storwizeファミリーへと、ディスクストレージのブランド名称は変化。IBM Storwizeファミリーは、ストレージ仮想化ソフトウェアであるIBM Spectrum Virtualizeを組み込んだ製品群であった。IBM Storwizeファミリー製品群は、2020年2月にIBM FlashSystemに統合。

IBM FlashSystemは、2013年4月に発表されたフラッシュストレージであり、2020年の時点では、SAS接続SSD、NVMe対応SSD、IBMが独自開発したFlashCoreモジュールが、ドライブとして選択可能である。また、モデルによっては基本筐体または拡張筐体でハードディスクをサポート。

IBM Z、IBM LinuxONE向けストレージであるDS8000シリーズは、FICONなどメインフレームを含めた接続や、連続可用性(業務稼動中のハードウェア保守など)、機能(きめ細かいFlashCopyオプションなど)が可能。

関連項目[編集]