T・レックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
T・レックス
別名
  • ティラノザウルス・レックス
  • マーク・ボラン& T・レックス
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル
活動期間 1967年 - 1977年
レーベル
旧メンバー
  • マーク・ボラン
  • スティーヴ・トゥック
  • ミッキー・フィン
  • スティーヴ・カーリー
  • ビル・レジェンド
  • ポール・フェントン
  • グロリア・ジョーンズ
  • ジャック・グリーン
  • ディノ・ダインズ
  • デイヴィー・ラットン
  • ミラー・アンダースン
  • ハービー・フラワーズ
  • トニー・ニューマン

T・レックス英語: T. Rex)は、イングランド出身のロックバンド。旧名ティラノザウルス・レックス。

同国のミュージシャン マーク・ボランを中心に活動。フォークロックバンドからスタートし、改名後はグラムロックの代表格として人気を博した。2020年ロックの殿堂」入り[2]

概要[編集]

ロンドン出身のマーク・ボランがリーダー。1970年代前半のグラムロック・ムーブメントでは、デヴィッド・ボウイロキシー・ミュージックモット・ザ・フープルなどとともに、ジャンルを代表するアーティストとなった。その音楽は、T・レクスタシーと呼ばれることもあった。

略歴[編集]

ティラノザウルス・レックス期(1967年 - 1970年)[編集]

創設者マーク・ボラン

1967年、アコースティック・ギターとヴォーカルのマーク・ボラン、パーカッションのスティーヴ・トゥックの二人組で、ティラノザウルス・レックスTyrannosaurus Rex)を結成し、翌1968年にデビュー。サイケデリックなフォークロック・グループとして一部でカルト的な人気を誇った。

この時期の彼らを熱心に応援していたのが、DJのジョン・ピールだった。グループはデビューアルバム『ティラノザウルス・レックス登場!!』をリリースし、全英15位を記録。その後、新しいパートナーにミッキー・フィンを迎え、エレクトリック・ギターを導入したのは1970年だった。

T. Rex期(1970年 - 1977年)[編集]

1970年12月に「T.Rex」とバンド名を短縮、「ライド・ア・ホワイト・スワン」(全英2位)の大ヒットでスターダムに。1971年にベースのスティーヴ・カーリーとドラムのビル・レジェンドが加わり、4人組のバンドになって初めてのアルバム『電気の武者』がUKチャート1位の大ヒット。「(バング・ア・ゴング)ゲット・イット・オン[3](全英1位・全米10位)や「ジープスター」(全英2位)といったヒット・シングルも生まれ、イギリスでは人気グラムロック・グループとなった。また、この当時の彼らは「第2のビートルズ」との呼び声も高かった。デビュー当初からのプロデューサーであり、ストリングスを大胆に用いた独特のサウンドを構築したトニー・ヴィスコンティも、彼らの成功に伴って制作者としての評価を高めた。

1972年に『ザ・スライダー』(全英4位・全米17位)、1973年には『タンクス』(全英4位)と次々にヒットアルバムを出す。さらにシングル「メタル・グゥルー」(全英1位)「チルドレン・オブ・ザ・レボリューション」(全英2位)、「イージー・アクション」(全英2位)など、数多くの大ヒットを連発していった。日本でも武道館公演を行なうほどの人気で、1973年にリリースされたシングル、「20センチュリー・ボーイ」(全英3位)は当時の日本盤の発売元、東芝EMIのスタジオでレコーディングされた[4]。さらに「ザ・グルーバー」「トラック・オン」「ライト・オブ・ラブ」「ティーンエイジ・ドリーム」なども発表した。しかし、アメリカでヒットしたのは「ゲット・イット・オン」1曲だけで、大きな成功をおさめることができなかった。

1975年に入るとグラムロックブームが終わり、急速に人気はしぼんでいった。人気急落後のマーク・ボランは、自身の麻薬中毒ともあいまって、危機的な状況を迎える。この時期の楽曲はブラック・ミュージック色を取り入れたもので、現在ではそれなりに評価されているが、不摂生の祟ったマークは太ってしまい、ビジュアル面でも精彩を欠いた。だがやがて、息子の誕生などを機に、生活を改め、バンド・メンバーも一新、ソウルミュージックにも興味を示して再起を目指していた。

黒人女性シンガーのグロリア・ジョーンズ(1945〜)とは、1969年に最初に出会い、1972年に再会し、恋愛関係になっていた。マークが恋人だったジューン・チャイルドと1970年に既に結婚していたために、グロリアとは婚姻届なしの事実婚となった。1975年に二人の間には男の子も誕生した(ロラン・ボラン:Rolan Bolan)。しかし、1977年にグロリア・ジョーンズが運転する車が街路樹に激突し、同乗していた彼は29歳で死去した。生前、「30歳まで生きられないだろう」と言っており、偶然だが30歳の誕生日の2週間前に死去した。

バンド消滅以降[編集]

バンド名がT.Rexとなってからは、殆どマークのソロプロジェクト状態だったが、後年はそれがより鮮明になっていた(アルバム『ズィンク・アロイと朝焼けの仮面ライダー』などはマーク・ボラン&T.Rex名義でリリースされている)。そのため、彼の死でT.Rexは活動を休止した。 その後1980年にスティーヴ・トゥック、1981年にスティーブ・カーリー、2003年にはミッキー・フィンがこの世を去っており、全盛期のメンバーではドラムのビル・レジェンドのみが存命である(2020年時点)。

2020年、「ロックの殿堂」入りを果たす。該当メンバーは、マーク・ボラン(Vo/G)、スティーヴ・カーリー(B)、ミッキー・フィン(パーカッション)、ビル・レジェンド(Ds)の4人[5]

Mickey Finn's T. Rex[編集]

T. Rex時代のミッキー・フィン

マークの死後20年経った1997年、T.Rex に最も長く在籍したメンバーであったミッキー・フィンと、末期のT.Rexに関わったセッション・ドラマーのポール・フェントンが中心となって、「Mickey Finn's T. Rex」名義で活動を始めた。その後、2003年にフィンがアルコール性の肝臓病で死去すると、

残されたメンバーは、名前をT.Rexに変更して活動を続けた。しかし、2008年にT.Rexファンから抗議を受けて、名義を「Mickey Finn's T. Rex」に戻した。現在の名義はフィン家と、T.Rexの法的権利を管理する団体TAGの承認を受けている。

メンバー[編集]

ギターヴォーカル (1967-1977)
パーカッション、ヴォーカル (1967-1969)
ベース (1970-1976)
パーカッション (1969-1974)
ドラムス (1971-1973)
  • ポール・フェントン
ドラムス (1973-1975)
ギター (1973)
キーボード (1973-1977)
  • デイヴィー・ラットン
ドラムス (1973-1976)
キーボード、ヴォーカル (1973-1976)
ギター、ヴォーカル (1976-1977)
ベース (1976-1977)
ドラムス (1976-1977)

メンバー変遷[編集]

日本公演[編集]

ディスコグラフィ[編集]

ティラノザウルス・レックス[編集]

アルバム[編集]

T・レックス[編集]

シングル[編集]

  • デボラ Debora/ワン・インチ・ロック One Inch Rock(ポリドール・キューブレコード、DW-1058)
  • ゲット・イッツ・オン Get It On/ホット・ラヴ Hot Love(ポリドール・キューブレコード、DW-1059)
  • キング・オブ・ザ・マウンテン The King Of The Mountain Cometh/ベルテーン・ウォーク Beltane Walk(1972年、ポリドール・キューブレコード、DW-1065)
  • ジープスター Jeepster/ライフズ・ア・ガス Life's A Gas(1972年、ポリドール、DP-1857)
  • ホット・ラヴ Hot Love/ウッドランド・ロック Woodland Rock/キング・オブ・ザ・マウンテン The King Of The Mountain Cometh(1972年、東芝音楽工業・Odeon、OR-2787)
  • テレグラム・サム Telegram Sam/キャデラック Cadilac(1972年、東芝音楽工業・Odeon、OR-2988)
  • メタル・グウルー Metal Guru/レディー Lady(1972年、東芝音楽工業・Odeon、EOR-10100)
  • チルドレン・オブ・ザ・レボリューション
  • イージー・アクション
  • 20th Century Boy/フリー・エンジェル Free Angel(1973年、東芝音楽工業・Odeon、EOR-10320)
  • ザ・グルーバー(1973年、東芝音楽工業)
  • トラック・オン Truck On (Tyke)/シッティング・ヒア Sitting Here(1973年、東芝音楽工業・Odeon、EOR-10476)
  • ライト・オブ・ラヴ Light Of Love/爆発する唇 Explosive Mouse(1974年、東芝EMI、EMR-10610)
  • ティーンエイジ・ドリーム Teenage Dream/サティスファクション・ポニー Satisfaction Pony(1974年、東芝音楽工業・Odeon、EOR-10505)
  • ジップ・ガン・ブギー Zip Gun Boogie/スペース・ボス Space Boss(1974年、東芝EMI、EMR-10711)
  • 麗しのロンドン・ボーイズ London Boys/ソリッド・ベイビー Solid Baby(1976年、東芝EMI、EMR-10951)

アルバム[編集]

  • 『T・レックス』 - T.Rex(1970年)
  • 電気の武者』 - Electric Warrior1971年
  • 『ボラン・ブギー』 - Bolan Boogie1972年、ベスト盤)
  • 『ザ・スライダー』 - The Slider(1972年)
  • 『タンクス』 - Tanx1973年
  • 『ズィンク・アロイと朝焼けの仮面ライダー』 - Zinc Alloy And The Hidden Riders Of Tomorrow Or A Creamed Cage In August1974年
  • 『ブギーのアイドル』 - Bolan's Zip Gun1975年
  • 『銀河系よりの使者』 - Futuristic Dragon1976年
  • 『地下世界のダンディ』 - Dandy In The Underworld1977年

T・レックス その他[編集]

  • 『ザ・ソウル・セッションズ』 - THE SOUL SESSIONS(2016年)
  • 『ア・クラウン・オブ・ダーク・スワンズダウン』 - A Crown of Dark Swansdown(2016年)
  • 『トゥーペニー・プリンス』 - Twopenny Prince(2017年)
  • 『T.レックスタシー』 -T.REXTASY(2017年 ライブベスト盤)マーク・ボラン70周年記念ライブベスト

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f Deming, Mark. T. Rex | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月2日閲覧。
  2. ^ ロックの殿堂、今年の殿堂入りアーティストが決定”. SPICE (2020年1月16日). 2020年5月10日閲覧。
  3. ^ Shock and Awe: Glam Rock and Its Legacy, from the Seventies to the Twenty-first Century. https://books.google.com/books?id=KKupCgAAQBAJ&dq=T.+Rex+Wax+Co.&source=gbs_navlinks_s 2020年3月4日閲覧。 
  4. ^ 日本でもテレビ番組や映画のテーマソングで頻繁に使われた。テレビ番組では「めちゃ×2イケてるッ!(BGM挿入曲)」(フジテレビ)、「カープ応援中継“勝ちグセ。”(オープニング・ハイライト)」(広島ホームテレビ)。映画の『20世紀少年(実写版)』(原作・浦沢直樹)でも使用された
  5. ^ マーク・ボランの元恋人、T・レックスの殿堂入り決定直前にボランが夢に現れる”. BARKS (2020年1月17日). 2020年5月10日閲覧。