T.J.リベラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
T.J.リベラ
T.J. Rivera
フィラデルフィア・フィリーズ DFA
Mets vs. Nats Father's Day '17 - Pregame 22.jpg
メッツ時代(2017年6月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区
生年月日 (1988-10-27) 1988年10月27日(32歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手二塁手
プロ入り 2011年 アマチュアFA
初出場 2016年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2017年
獲得メダル
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

トーマス・ハビアー・リベラ(Thomas Javier Rivera, 1988年10月27日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。現在は、メジャーリーグフィラデルフィア・フィリーズ傘下所属。

経歴[編集]

トロイ大学英語版最終年度の2011年までMLBドラフトでは指名されず、元ニューヨーク・メッツの捕手でウォレス・コミュニティカレッジ英語版時代の恩師であるマッキー・セッサー英語版がリベラをメッツのスカウトに推薦してプロ入りが決まる[1]。契約後、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級キングスポート・メッツ英語版でプロデビュー。A-級ブルックリン・サイクロンズでもプレーし、2球団合計で42試合に出場して打率.300、1本塁打、19打点、3盗塁を記録した。

2012年はA級サバンナ・サンドナッツとA+級セントルーシー・メッツでプレーし、2球団合計で128試合に出場して打率.320、9本塁打、66打点、11盗塁を記録した。

2013年はA+級セントルーシーでプレーし、125試合に出場して打率.289、2本塁打、51打点、6盗塁を記録した。

2014年はA+級セントルーシーとAA級ビンガムトン・メッツでプレーし、2球団合計で115試合に出場して打率.349、5本塁打、75打点、3盗塁を記録した。

2015年はAA級ビンガムトンとAAA級ラスベガス・フィフティワンズでプレーし、2球団合計で110試合に出場して打率.325、7本塁打、48打点、1盗塁を記録した。

2016年はAAA級ラスベガスで開幕を迎え、8月10日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[2]。同日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦にて「6番・三塁手」で先発出場し、5打数1安打だった[3]。9月13日のワシントン・ナショナルズ戦では10回表に相手守護神のマーク・マランソンからこの試合の決勝点となるメジャー初本塁打を放った[4]。最終的にこの年メジャーでは33試合に出場して打撃成績は打率.333、3本塁打、16打点。守備でもデビッド・ライトニール・ウォーカーら故障者が多発した内野陣の穴埋めとして終盤は主に二塁手で起用された。

2017年開幕前の2月8日に第4回WBCプエルトリコ代表に選出された[5]。3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に敗戦し、2大会連続で準優勝となった[6]。シーズンでは73試合に出場して打率.290、5本塁打、27打点、1盗塁の成績を残したが、9月にはシーズン終了を待たずにトミー・ジョン手術を受けることになった[7]

2018年は前年の手術の影響もあり、シーズンをほぼ全休した(マイナーで6試合のみ出場)。

2019年3月9日に自由契約となった[8]。7月6日に独立リーグ・アトランティックリーグロングアイランド・ダックスと契約した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 NYM 33 113 105 10 35 4 1 3 50 16 0 0 0 4 3 0 1 17 2 .333 .345 .476 .821
2017 73 231 214 27 62 13 1 5 92 27 1 0 1 2 9 0 5 32 4 .290 .330 .430 .760
MLB:2年 106 344 319 37 97 17 2 8 142 43 1 0 1 6 12 0 6 49 6 .304 .335 .445 .780
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 一塁 左翼
















































2016 NYM 26 30 48 0 12 1.000 9 4 7 3 1 .786 1 1 1 0 0 1.000 -
2017 12 18 18 0 2 1.000 28 17 45 5 5 .925 20 128 12 1 16 .993 3 1 0 0 0 1.000
MLB:2年 38 48 66 0 14 1.000 37 21 52 8 6 .901 21 129 13 1 16 .993 3 1 0 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 54(2016年 - 2017年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Adam Rubin (2015年4月8日). “Farm report: Bronx's T.J. Rivera impresses despite going undrafted” (英語). ESPN. 2016年12月7日閲覧。
  2. ^ Adam Rubin (2016年8月10日). “Mets to promote Bronx native T.J. Rivera” (英語). ESPN. 2016年12月7日閲覧。
  3. ^ ‘Still feels unreal’: Mets’ T.J. Rivera’s long journey to the bigs”. New York Post (2016年8月11日). 2016年12月7日閲覧。
  4. ^ Mike Puma (2016年9月14日). “T.J. Rivera’s first big league HR gives Mets thrilling win in 10th” (英語). New York Post. http://nypost.com/2016/09/13/t-j-riveras-homer-in-10th-bails-out-reyes-familia-and-mets/ 2016年12月7日閲覧。 
  5. ^ Young stars join Beltran, Yadi for Puerto Rico MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月16日閲覧
  6. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  7. ^ “Josh Edgin had knee surgery; T.J. Rivera to have Tommy John surgery” (英語). SNY.tv. (2017年9月5日). https://www.sny.tv/mets/news/josh-edgin-had-knee-surgery-tj-rivera-to-have-tommy-john-surgery/252334726 2018年4月18日閲覧。 
  8. ^ https://mobile.twitter.com/Mets/status/1104410885395791872

関連項目[編集]