TAKAO KISUGI LIVE 浅い夢から

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
来生たかお関連作品 > TAKAO KISUGI LIVE 浅い夢から
来生たかおLIVE 浅い夢から
来生たかおライブ・ビデオ
リリース
録音 1995年7月21日
ジャンル ニューミュージック
時間
レーベル キティレコード
来生たかお 年表
TAKAO KISUGI ACOUSTIC TRACKS
(1993年)
TAKAO KISUGI LIVE
浅い夢から

(1995年)
TAKAO KISUGI 30th Anniversary X'mas Concert 2005 avantage
(2006年)
テンプレートを表示

TAKAO KISUGI LIVE 浅い夢から』(たかお きすぎ ライヴ あさいゆめから)は、1995年にリリースされた来生たかおの映像作品(規格品番:KTVV-1044〈VHS〉/KTLV-1044〈LD〉)である。

概要[編集]

1995年7月21日NHKホール東京都)で開催された歌手デビュー20周年記念の『20周年スペシャルコンサート 浅い夢から』の模様が収録されている。

演奏は、バックバンド“スタートル”にストリングス等が加わった編成で、来生自身はピアノを担当している。また、パッケージにはアコースティックギターを抱えた来生の写真がレイアウトされているが、本作品の収録曲では演奏していない[1]

各曲の頭には簡単な解説がクレジットで入れられており、曲間には来生自身のインタビューや、テニス・デビスカップ日本チーム監督(当時)の福井烈を迎えたトーク等も収録されている。

WOWOWでは『来生たかおコンサート The 20th Anniversary』と題して放送された[2]

復刻盤[編集]

2005年7月27日:5枚組DVD-BOX『Best of Concert Films 1983〜1995』(ユニバーサルミュージック/規格品番:UMBK-9120/4)で、初めてDVD化された(規格品番:UMBK-9120)。

パッケージの体裁[編集]

アルバムタイトル[編集]

ジャケットには“20th ANNIVERSARY BEST SELECTION”と添えられている。

収録曲[編集]

VHS版・LD版・DVD版
  1. オープニング“浅い夢”
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
    • 来生自身によるピアノの弾き語りで、後半には歌手デビュー20周年に際しての挨拶等の映像が挿入されている。
    • 楽曲の詳細はオリジナルアルバム『浅い夢』を参照。
  2. 二人の場所
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
    • スツールに腰掛け、ハンドマイクで歌っている。
    • 楽曲の詳細はオリジナルアルバム『Passage』を参照。
  3. メドレー
    • セカンド・ラブ
      • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
      • ハンドマイクで歌っており、歌唱は、1番のサビから1番のAメロ・Bメロ・Cメロ、終盤の繰り返し部分のサビへと繋がっている。
      • 楽曲の詳細は企画アルバム『Visitor』を参照。
    • シルエット・ロマンス
      • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
      • ハンドマイクで歌っており、歌唱は、1番から終盤の繰り返し部分のサビへと繋がっている。
      • 楽曲の詳細は企画アルバム『Visitor』を参照。
    • ねじれたハートで
      • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
      • ハンドマイクで歌っており、歌唱は、1番から2番の後のバース、3番へと繋がっている。
      • 楽曲の詳細は企画アルバム『Visitor』を参照。
    • ORACIÓN〜祈り〜
      • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
      • ハンドマイクで歌っており、歌唱は、1番から2番のBメロ、終盤の繰り返し部分のサビへと繋がっている。
      • 楽曲の詳細は企画アルバム『来生たかおSONGS』を参照。
    • スローモーション
      • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
      • ハンドマイクで歌っており、歌唱は、1番から終盤の繰り返し部分のサビへと繋がっている。
      • 楽曲の詳細は企画アルバム『Visitor』を参照。
    • マイ・ラグジュアリー・ナイト
      • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
      • ハンドマイクで歌っており、歌唱は、1番から2番のサビ、終盤の繰り返し部分のサビへと繋がっている。
      • 楽曲の詳細は企画アルバム『Visitor』を参照。
  4. Goodbye Day
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
    • ハンドマイクで歌っている。
    • 楽曲の詳細は企画アルバム『来生たかお』、オリジナルアルバム『Sparkle』を参照。
  5. はぐれそうな天使
  6. 夢より遠くへ
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
    • ピアノを担当して歌っている。
    • 楽曲の詳細はオリジナルアルバム『永遠の瞬間』を参照。
  7. 風と共に去りぬ
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
    • ピアノを担当して歌っている。
    • 楽曲の詳細はオリジナルアルバム『Another Story』を参照。
  8. 夢の途中
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
    • アンコール曲で、衣装チェンジの上、ピアノを担当して歌っている。
    • 楽曲の詳細はオリジナルアルバム『夢の途中』を参照。
  9. 浅い夢
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお
    • アンコール曲で、コンサート当日にリリースされた第32弾オリジナルシングル「浅い夢 20thアニヴァーサリー・ニューレコーディング」のアレンジで歌われている。

参加ミュージシャン[編集]

  • Piano:来生たかお(1,6 - 8)、松田真人(2 - 5,9)
  • Keyboards:松田真人(6 - 8)
  • Synthesizer:柿崎洋一郎(2 - 9)
  • Electric Guitar:土屋潔(3-1 - 9)
  • Acoustic Guitar:土屋潔(2)
  • Electric Bass:多田文信(2,3-1 - 3-5,4,6 - 8)
  • Wood Bass:多田文信(3-6,5,9)
  • Drums:井野浦英雄(2 - 8)
  • Percussion:片岡郁雄(3-5,4)
  • Saxophone:片岡郁雄(3-3,3-6,5)
  • Flute:片岡郁雄(3-2,3-4,9)
  • Oboe:片岡郁雄(3-5,8)
  • Violin:桐山なぎさ、栄田緑、山内祐子、栃谷若子、海和伸子、小林久美、西森紀子、田村久美、三浦道子、小林真美(2 - 4,9)〈2 - 4は2名〉
  • Viola:渡辺千絵、石田一葉(9)
  • Violoncello:寺田しのぶ、成田陽子(2 - 4,9)〈2 - 4は1名〉
  • Contrabass:斎藤純(9)
  • Chorus:松田真人(8)、土屋潔(8)、多田文信(8)、井野浦英雄(8)

参加スタッフ[編集]

CONCERT STAFF
  • Constructional Director:竹脇隆
  • Artist Manager:小松祐二
  • Coodinator:Akio Tsuchiya
  • Stage Design:臼井秀輝
  • Stage Director:滝口一憲、金子亮司
  • Lighting Plan:上島正昭
  • Lighting Operation:荻野宏二、堀池恭弘
  • Concert Mix:高橋宏幸
  • Fold Back:中島七知雄
  • Stage Management:Masaaki Oguro
CONCERT VTR STAFF
  • Planning:浦翔太
  • Director:中江健一
  • Asst. Director:Kana Ooyama
  • Producer:縄田恵子
  • Technical Producer:Yoshiyuki Waku
  • TD/SW:田沢政春
  • Cameraman:笹上太一、伊藤一成、木村徹、島岡唯信、西沢正喜、清水博美
  • Video Engineer:新堀匡雄、大沢浩一
  • VTR:岡靖
RECORDING STAFF
  • Director:加瀬丈裕
  • Engineer:清水高志
  • Asst. Engineer:Keizo Mogi、Tsutomu Okada
  • Mixed At:TOWERSIDE ST.
  • Superviser:本間一泰
VIDEO STAFF
  • Exective Producer:高久光雄
  • Superviser:Yoshihiro Kanda、軽部重信
  • Producer:Hiroshi Tochitani
  • Asst. Producer:Izumi Egawa
  • Artist Promoter:Masanobu Suezaki
COVER VISUAL STAFF
  • Art Direction & Photographs:Hitoshi Tagaya
  • Photographs:Hitoshi Kato
  • Design:Takao Ishii

脚注[編集]

  1. ^ 『20周年スペシャルコンサート 浅い夢から』のセットリスト内の「片隅にひとり」「疑惑」「気分は逆光線」でギターを担当
  2. ^ 『20周年スペシャルコンサート 浅い夢から』セットリスト:浅い夢/デイ・ブレイク/美しい女/涙嫌い/夢の加速/二人の場所/メドレー:セカンド・ラブ/シルエット・ロマンス/ねじれたハートで/ORACIÓN〜祈り〜/スローモーション/マイ・ラグジュアリー・ナイト/Goodbye Day/スローナイト(MCにて1番のみアカペラ)/笑ってよムーンライト/おだやかな構図/はぐれそうな天使/片隅にひとり/疑惑/気分は逆光線/ジグザグ/夢より遠くへ/風と共に去りぬ/夢の途中/浅い夢(放送では「デイ・ブレイク」「スローナイト」「おだやかな構図」が割愛)