TAKARAZUKA 旅美写美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TAKARAZUKA 旅美写美』(たからづか たびさび)は、TAKARAZUKA SKY STAGEと独立UHF局5局(テレビ神奈川テレビ埼玉三重テレビ放送KBS京都サンテレビ[1])で放送されていた30分の旅番組である。

2009年10月から三重テレビ放送を皮切りに順次放送を開始し、全25回の放送をもって2010年3月に最終回を迎えた。

概要[編集]

この番組の原点は同じくTAKARAZUKA SKY STAGEとKBS京都の共同制作(この時はKBSのみが共同制作に参加)で独立県域局などに放送した「TAKARAZUKA 美の旅人たち」という番組であったが、これをリニューアルしたものである。

タカラジェンヌと一線で活躍する新進女性フォトグラファーが週替わりで全国各地を巡り、女性フォトグラファーがタカラジェンヌを被写体として撮影したポートレイトを中心に各地の魅力を紹介するという、「魅せる」旅番組。というコンセプトになっている。

実際のポートレイトの撮影風景の他に、タカラジェンヌとフォトグラファーとのフリートークで番組が構成されている。

オープニング曲、エンディング曲、挿入歌もタカラジェンヌがそれぞれ担当し、CDもリリースされた。

各放送を再編集したDVDも順次発売されている。

出演者[編集]

各回 タカラジェンヌ 女性フォトグラファー 訪問地
第1回 野々すみ花 村尾昌美 島根県石見銀山
第2回 龍真咲 佐藤倫子 京都府京都市
第3回 澄輝さやと 野村恵子 福井県三国町
第4回 凪七瑠海 大橋愛 北海道小樽市美瑛町旭川市
第5回 鳳翔大 岡本英理 東京都
第6回 凪七瑠海 大橋愛 北海道大沼国定公園函館市
第7回 白華れみ 在本彌生 兵庫県神戸市
第8回 涼紫央 黒澤めぐみ 埼玉県川越市
第9回 紅ゆずる 安彦幸枝 静岡県伊豆市沼津市修善寺町
第10回 美弥るりか 金玖美 滋賀県近江八幡市長浜市
第11回 龍真咲 今井美奈 神奈川県箱根町
第12回 愛音羽麗 吉田多麻希 東京都新宿区
第13回 望海風斗 TOMOYO 栃木県日光市
第14回 夢咲ねね 角田明子 奈良県奈良市
第15回 愛原実花 仲田千穂 和歌山県
第16回 音月桂 丑番直子 沖縄県
第17回 早霧せいな 加藤亜希子 神奈川県鎌倉市
第18回 舞羽美海 瀧本加奈子 岐阜県
第19回 蒼乃夕妃 白井綾 長崎県
第20回 朝夏まなと 中元紀子 広島県尾道市
第21回 音月桂 丑番直子 沖縄県石垣島竹富島
第22回 愛音羽麗 奥村恵子 三重県
第23回 涼紫央 鳥巣佑有子 大分県
第24回 光月るう 徳永彩 徳島県
第25回 明日海りお tsukao 島根県

番組テーマ曲[編集]

テーマ タイトル 作詞 作曲 編曲
オープニング曲 「奇蹟」 音月桂 市川喜康 本間昭光 本間昭光
エンディング曲 「ハナウタ」 北翔海莉 ハマモトヒロユキ ハマモトヒロユキ 中村タイチ
挿入歌 「終章〜Finale〜」 音花ゆり 市川喜康 飯田高広 飯田高広
  • 「TAKARAZUKA 旅美写美」のCDにはチェロ:柏木広樹、バイオリン:NAOTOが演奏するインストルメンタルバージョンも収録されている。

DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東名阪ネット6のうち、千葉テレビ放送は製作・ネットに参加しなかった

関連項目[編集]