TBC夏まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TBC夏まつり
TBC NATSU MATSURI
2011年度から2013年度にかけて会場に使用されていた石巻専修大学
2011年度から2013年度にかけて会場に使用されていた石巻専修大学
イベントの種類 一般イベント
正式名称 TBC夏まつり
旧イベント名 みやぎふるさと祭り
TBCラジオまつり
TBCラジオカーニバル
開催時期 毎年7月下旬の土日2日間
初回開催 1974年8月17日〜8月19日(仙台市・青葉山公園
会場 仙台市勾当台公園市民広場
七ヶ浜町・菖蒲田海岸
主催 東北放送 (TBC)
来場者数 約11万5000人/2日間延べ(2012年)[1]
勾当台公園、ゆりあげ港朝市への交通アクセス
最寄駅 Sendai City Subway Logo.png地下鉄南北線勾当台公園駅
JR名取駅
公式サイト

TBC夏まつり(ティービーシーなつまつり)は、宮城県を放送対象地域としてラジオ放送とテレビジョン放送を行なうローカル局である東北放送 (TBC) が、毎年夏に仙台市都心部の勾当台公園と市外の会場で開催している無料の屋外イベントである。在仙台の放送局主催のイベントとしては伝統があり、タレントや歌手の出演者も多い。

沿革[編集]

イベントの前身は1973年昭和48年)に開催された「みやぎふるさと祭り」である。当時、東北放送の総合企画室長であった野瀬隆義が1972年の夏にエンドーチェーンの顧客サービスのために行われていた「エンドー夏まつり」を担当した際に、このイベントをより大型にして放送局らしい演出で事業を創出し、東北放送の視聴者や地域社会に報いることが出来ないかと考え、企画を立ち上げた[2]

当時、宮城県が提唱していた「ふるさと運動」にあやかって「みやぎふるさと祭り」とイベント名を決め、人気歌手を招いての歌謡ショー、民謡ショー、郷土芸能の発表、盆踊りなどを展開し、予算規模は3,500万円[注 1]という大型のイベント企画であったため、収益性の問題や当時の東北放送の社長交代などにより事業計画の進展が危ぶまれる場面もあった[2]。協議の結果、社の主催事業として認められて当初の予算も承認され、1973年8月17日から3日間にわたり「第1回みやぎふるさと祭り」が仙台市の青葉山公園[注 2]で野外開催され、のべ50万人の来場者を集めた[2]

翌1974年の「第2回みやぎふるさと祭り」も盛況であったが、オイルショックによる省エネルギー運動の広がりから1975年(昭和50年)に企画されていた「第3回みやぎふるさと祭り」の開催は自主的に休止され、この特別措置は1976年も続き、イベントは2回にわたり中断することになった[2]

1977年(昭和52年)にはオイルショック問題は解消されたため、東北放送開局25周年の記念事業としてイベント名称を「TBC夏まつり」と一新してイベントの復活を決め、同年8月19日から3日間にわたり開催し、37万人の来場者を集めた。また、同年10月7日には民間ラジオ月間(10月)の事業の一環として地方局では初の試みである「'77 TBCラジオまつり」を当時エンドー仙台駅前店1階に在ったTBCサテライトスタジオで開催した[2]

14年間にわたった青葉山公園でのイベントは仙台国際センターの建設に伴い、1988年(昭和63年)の開催をもって終了し、翌1989年平成元年)からは台原森林公園を会場としてイベントが開催された。1993年(平成5年)には東北福祉大学の第一球場を会場としてのコンサートにイベント形態を変更し開催期間を縮小、開催に先立って1か月前に東北電力グリーンプラザにおいて、1977年以来となる10時間ラジオ公開生放送「'93 TBCラジオまつり」を復活させ、2本立てのイベント開催とした。1994年以後は「松島灯篭流し花火大会」に協賛する形で「TBC夏まつり IN 松島」と銘打ってラジオ番組の公開生中継・公開録音を行った[2]

1999年(平成11年)には「TBCラジオまつり」とイベント名を改称して仙台市勾当台公園・市民広場を会場として開催。人気ラジオ番組のブースを多数展開し、屋外でのラジオ公開生放送・公開収録、音楽ライブなどを行った。翌2000年(平成12年)および2001年は「TBCラジオカーニバル」と称したが[4]2002年(平成14年)には再び「TBCラジオまつり」にイベント名称を戻した[5]。東北放送開局55周年の2007年(平成19年)の開催からは以前の「TBC夏まつり」のイベント名称を用いるようになり、毎年7月下旬の土日2日間の開催とし、現在に至っている。

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋地震東日本大震災)からの復興を願い、同年より「震災復興支援イベント」と銘打ち、「宮城の“自然”と“文化”の復興を応援、“未来”を担うこどもたちに夢 を!」をテーマに、石巻市石巻専修大学を「石巻絆エリア」として会場に加えて開催。2013年(平成25年)には石巻の会場で初日を迎え、翌週末に仙台で2日目・最終日となる3日間のイベント開催を行った[6]。また、2014年(平成26年)からは「石巻専修大学」に替えて、名取市の「ゆりあげ港朝市」を新たに「ゆりあげ絆エリア」として会場に加えている[7][8]

年表[編集]

開催年 開催月日 イベント名 開催地 来場者数 備考
1973年 8月17日 - 8月19日 第1回 みやぎふるさと祭り 仙台市・青葉山公園 約50万人[9]
1974年 8月16日 - 8月18日 第2回 みやぎふるさと祭り
1977年 8月19日 - 8月22日 '77 TBC夏まつり 約37万人[9] 開局25周年記念[9]
10月7日 '77 TBCラジオまつり TBCサテライトスタジオ
1978年 8月11日 - 8月13日 '78 TBC夏まつり 仙台市・青葉山公園 約58万人[9]
1979年 8月11日 - 8月13日 '79 TBC夏まつり 約59万人[9] 標語「TBC for the BEST」[9]
1980年 8月1日 - 8月3日 '80 TBC夏まつり 約59万人[9]
1981年 8月14日 - 8月16日 '81 TBC夏まつり 約53万人[9]
1982年 8月13日 - 8月15日 '82 TBC夏まつり 約55万人[9] 開局30周年記念[9]
1983年 8月13日 - 8月15日 '83 TBC夏まつり 約40万人[9]
1984年 8月17日 - 8月19日 '84 TBC夏まつり 約30万人[9]
1985年 8月16日 - 8月18日 '85 TBC夏まつり 約30万人[9]
1986年 8月16日 - 8月18日 '86 TBC夏まつり 約25万7千人[9]
1987年 8月15日 - 8月17日 '87 TBC夏まつり 約18万8千人[9]
1988年 8月19日 - 8月21日 '88 TBC夏まつり 約23万人[9]
1989年 8月11日 - 8月13日 '89 TBC夏まつり 仙台市・台原森林公園 約25万人[9]
1990年 8月10日 - 8月12日 '90 TBC夏まつり 約19万8千人[9] 1日目は台風による開催中止[9]
1991年 8月9日 - 8月11日 '91 TBC夏まつり 約30万人[9]
1992年 8月9日 - 8月11日 '92 TBC夏まつり 約20万人[9]
1993年 7月3日 '93 TBCラジオまつり 東北電力グリーンプラザ ラジオまつり復活。10時間生放送[9]
8月1日 '93 TBC夏まつり 東北福祉大学・第一球場 約8,000人[9] 祭りの形態をコンサート形式に変更[9]
1994年 8月15日 '94 TBC夏まつり IN 松島 松島町 松島灯篭流し花火大会に協賛[9]
1995年 8月15日 '95 TBC夏まつり IN 松島
1996年 8月15日 '96 TBC夏まつり IN 松島
1997年 8月15日 '97 TBC夏まつり IN 松島
1998年 8月17日 '98 TBC夏まつり IN 松島
1999年 6月6日 '99 TBCラジオまつり 仙台市・勾当台公園 勾当台公園 市民広場で初開催[9]
2000年 7月23日 TBCラジオカーニバル
2001年 6月3日 TBCラジオカーニバル&クリーンキャンペーン 2001[10]
2002年 7月21日 TBCラジオまつり TBC開局50周年記念
TBCラジオまつり&クリーンキャンペーン[5]
2003年 6月8日 TBCラジオまつり&クリーンキャンペーン
2004年 6月13日
2005年 6月12日
2006年 7月30日
2007年 7月28日・29日 TBC夏まつり'07 約4万5300人[11]
約5万人[12]
TBC東北放送 開局55周年
2008年 7月26日・27日 TBC夏まつり'08 約5万6000人[13]
2009年 7月25日・26日 TBC夏まつり'09 約7万2000人[14]
2010年 7月24日・25日 TBC夏まつり'10 約10万人[15]
2011年 7月23日・24日 TBC夏まつり2011 仙台市・勾当台公園
石巻市・石巻専修大学
約11万9000人[16] サブタイトルは「絆みやぎ Smile Again!
2012年 7月21日・22日 TBC夏まつり2012 約12万3500人[6]
約11万5000人[1]
TBC開局60周年 震災復興支援イベント[17]
サブタイトルは「絆みやぎ〜明日へ〜
2013年 7月20日・21日 TBC夏まつり2013 石巻会場は7月13日の開催。
サブタイトルは「絆みやぎ〜ONE Heart〜
2014年 7月26日・27日 TBC夏まつり2014 仙台市・勾当台公園
名取市・ゆりあげ港朝市
名取会場は7月27日のみ。
TBCテレビ55周年 震災復興支援イベント
サブタイトルは「絆みやぎ -“KEEP ON!”-
2015年 7月25日・26日 TBC夏まつり2015 サブタイトルは「絆みやぎ イチについて。
2016年 7月30日・31日 TBC夏まつり2016 サブタイトルは「GO FORWARD
2017年 7月22日・23日 TBC夏まつり2017 仙台市・勾当台公園
七ヶ浜町・菖蒲田海水浴場
サブタイトルは「イチばん近くに
七ヶ浜会場は7月22日のみ。
2018年 7月21日・22日
7月28日
TBC夏まつり2018 仙台市・勾当台公園
七ヶ浜町・菖蒲田海水浴場
七ヶ浜は台風12号の影響で中止。
2019年 7月27日・28日 TBC夏まつり2019 仙台市・勾当台公園
七ヶ浜町・菖蒲田海水浴場
サブタイトルは「RE:NEW
七ヶ浜会場は7月27日のみ。

おもな内容[編集]

2016年[編集]

7月30日[40]

  • ゆりあげ絆ステージ[41]
    • ライブ出演:庄司恵子ティーナ・カリーナ、竹森マサユキ from カラーボトル、林部智史、パンダライオン、Rihwa
    • ラジオ公開生放送:
      • 『COLORSサタデーinゆりあげ港朝市』出演:藤沢智子&六華亭遊花、ムーディ勝山、小島よしお

7月31日[42]

  • WESTステージ
    • ライブ出演:AKB48 Team 8 東北メンバー、カラーボトル、パンダライオン、C&K、株式会社 劇団ニホンジンプロジェクト
    • 『TBCアイドルFESTA2016〜GO FORWARD〜』オープニングアクト:sendai☆syrup、出演:アイドルネッサンス℃-utecallme、司会:爆笑コメディアンズ、林田悟志
    • 『FREEDOM aozora 2016東北』プレライブ 出演:MINMI
  • NORTHステージ
  • SOUTHステージ
  • EASTラジオステーション
    • 『あっつあつ☆らじおPresentsスポアナ大集合!』
    • 『Goodモーニング 松尾です・飯野です 出張!あさから音楽クイズ』
    • 「COLORS」スペシャルトークショー、タイガー魔法瓶ステージ、「ロジャー大葉のラジオな気分」スペシャルトークショー
    • ラジオ公開録音:
      • 『佐藤敏郎のonagawa now!〜大人のたまり場〜』
    • ラジオ公開生放送:
      • 『夏うた!ラジおみくじ2016』出演:佐々木淳吾&TBCパーソナリティーズ、ゲスト:清塚信也、三四郎

2017年[編集]

従来の勾当台公園(7月22日、23日)に加えて、七ヶ浜町の菖蒲田海岸も会場に加わった(7月22日のみ)

出演タレント・アーティスト[編集]

  • アイドルネッサンス、あばれる君、あゆみくりかまき、アンテナ、Anly、いぎなり東北産、泉谷しげる、伊東洋平、ウルトラマンジード、AKB48 Team 8 東北メンバー、Official 髭男 dism、Carya、加藤登紀子、河口恭吾、KUDANZ、研ナオコ、ゴー☆ジャス、callme、小島よしお、近藤晃央×ダイスケ、坂本サトル、さくらしめじ、佐々木李子、サンドウィッチマン、C;ON(シーオン)、Juice=Juice、庄司恵子、SHOW-YA、ずん、関取花、竹森マサユキ(カラーボトル)、ティーナ・カリーナ、トータルテンボス、毒蝮三太夫、TOMOO、NOW ON AIR、NakamuraEmi、軟式globe。'13、ニードル、バイきんぐ西村、葉加瀬マイ、爆笑コメディアンズ、橋本裕太、林部智史、パンダライオン、Beverly、BB-8、FIVE NEW OLD、ファンキー加藤、BOYS AND MEN、宮川賢、ムーディ勝山、 矢井田瞳、山猿、ラックライフ、 玲里 with 難波弘之、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)

2018年[編集]

  • 新しい学校のリーダーズ、いぎなり東北産、石井亮次(CBCアナウンサー)、伊東洋平、ウルトラマンR/Bショー、岡本真夜(mayo)、Official髭男dism、神宿、鍵盤男子、小島よしお、ゴー☆ジャス、callme、坂本サトル、サンドウィッチマン、J☆Dee'Z、Schroeder-Headz、庄司恵子、SUPER☆GiRLS、SUPER★DRAGON、菅原信介、鈴木愛理、ずん、ズンダ爆弾(ゆづき・せんじゅ・すみか)、セレイナ・アン、ぜんりょくボーイズ、竹森マサユキ(カラーボトル)、たんこぶちん、chay、ティーナ・カリーナ、トータルテンボス、毒蝮三太夫、ニードル、爆笑コメディアンズ、パクスプエラ、林部智史、THE BEAT GARDEN、ファンキー加藤BRADIO、FlowBack、BOYS AND MEN(田中俊介・田村侑久・辻本達規・小林豊)、幹miki、宮川賢、M!LK、ムーディ勝山、村上佳佑、MONKEY MAJIK、山猿、UNIONE、玲里 with 難波弘之、わらふぢなるお/ゾフィー/あぁ~しらき/シオマリアッチ
  • 七ヶ浜(中止)

2019年[編集]

  • 浅野祥、足立佳奈、あばれる君、アンガールズ、いぎなり東北産、伊東洋平、イワイガワ、ウルトラマンタイガ、岡本真夜、Carya、開歌-かいか-、海蔵亮太、COLOR CREATION、CROWN POP、ゴー☆ジャス、kolme、小島よしお、坂本サトル、佐藤千亜妃、サンドウィッチマン、SHE'S、庄司恵子、SUPER☆GiRLS、鈴木愛理、スピラ・スピカ、THREE1989、ずん、ぜんりょくボーイズ、ソラシド、竹森マサユキ、チャラン・ポ・ランタン、DJ和、ティーナ・カリーナ、東京ホテイソン、トータルテンボス、毒蝮三太夫、永井真理子、新津由衣、ニードル、パクスプエラ、花*花、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE、Baby Kiy、ポセイドン・石川、まるりとりゅうが、みきなつみ、Mr.シャチホコ、宮川賢、May J.、山猿、山寺宏一吉田凜音、Liho、ONEPIXCEL
  • 七ヶ浜
    • 浅野祥、あばれる君、泉谷しげる、Chuning Candy、小島よしお、ティーナ・カリーナ

放送[編集]

イベント当日は複数のテレビ・ラジオでの生放送あるいは番組収録が行なわれており、2016年(平成28年)には、東北放送のテレビ2番組、ラジオ14番組が開催期間中に公開放送・収録された[40][42][41]

2011年(平成23年)にはイベントにあわせて放送された『TBC32時間ラジオ〜Smile Again〜』内で、特別番組『サンドのぼんやり〜ぬラジオ』PART1、PART2が合わせて5時間半放送され[7]、好評を得て翌年以降も『サンドのぼんやり〜ぬラジオ』として毎年、開催初日の土曜日25時から27時にかけて2時間枠での放送を行なっていた[43][注 3]。2016年の放送をもって最終回[44]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年現在の価値に換算するとおよそ5,600万円の規模である[3]
  2. ^ 2015年現在、仙台国際センター1991年平成3年)完成)がある場所。
  3. ^ 通常は『オードリーのオールナイトニッポン』の放送枠であるが、この日は休止扱いとなる。

出典[編集]

  1. ^ a b TBC夏まつり2013 震災復興後援イベント 絆みやぎ〜ONE Heart〜(仮)出展のご案内 (PDF)”. ふるさと逸品応援団事務局(全国商⼯会連合会・株式会社⼯芸社). 2015年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 東北放送社史編集委員会 『東北放送の50年:1952-2002:CD-ROM for Windows - イベント活動の証言「みやぎふるさと祭り・TBC夏まつり」』 東北放送、2002年。 
  3. ^ 昭和40年の1万円を、今のお金に換算するとどの位になりますか?”. 日本銀行 Bank of Japan. 2015年9月3日閲覧。
  4. ^ a b TBCラジオカーニバル”. 東北放送Web Magazin Skip!. 2001年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月7日閲覧。
  5. ^ a b c TBCラジオまつり2002”. 東北放送Web Magazin Skip!. 2002年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月7日閲覧。
  6. ^ a b TBC夏まつり2013”. TBC東北放送. 2013年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  7. ^ a b 新企画情報 / TBC夏まつり2014”. TBC東北放送. 2015年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  8. ^ TBC夏まつり2014”. TBC東北放送. 2014年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay 東北放送社史編集委員会 『東北放送の50年:1952-2002:CD-ROM for Windows - TBCミュージアム データパレード 各種記録「ふるさと祭り、TBC夏まつり」』 東北放送、2002年。 
  10. ^ ラジオカーニバル”. 東北放送Web Magazin Skip!. 2001年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  11. ^ 開局55周年”. TBC東北放送. 2007年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月7日閲覧。
  12. ^ “仙台の中心市街地で夏祭り-「仙台すずめ踊り」に5万2千人”. 仙台経済新聞. (2007年7月30日). http://sendai.keizai.biz/headline/115/ 2015年6月29日閲覧。 
  13. ^ “仙台・勾当台公園で「TBC夏まつり」-ジェロさんやサンドウィッチマンも”. 仙台経済新聞. (2009年6月26日). http://sendai.keizai.biz/headline/481/ 2015年6月29日閲覧。 
  14. ^ 地域力宣言2010 in TBC夏まつり出展案内 (PDF)”. 地域力宣言2010事務局(全国商工会連合会). 2012年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  15. ^ 地域力宣言2011 in TBC夏まつり出展案内 (PDF)”. 地域力宣言2011事務局(全国商工会連合会). 2015年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  16. ^ TBC夏まつり2012”. TBC東北放送. 2012年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  17. ^ 豪華アーティストが宮城を盛り上げる!「TBC夏まつり2012」開催! - Peachy -”. ライブドアニュース. Walkerplus (2012年7月18日). 2015年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月9日閲覧。
  18. ^ 河合奈保子ライブアルバムBOX NAOKO LIVE PREMIUM”. 日本コロムビア. 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  19. ^ NAOKO LIVE PREMIUM:ジャパンポップス”. コロムビアミュージックショップ. 2009年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  20. ^ ステージ・スケジュール”. 東北放送Web Magazin Skip!. 2001年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  21. ^ TBCラジオまつり2003”. 東北放送Web Magazin Skip!. 2003年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月7日閲覧。
  22. ^ TBCラジオまつり2005”. 東北放送Web Magazin Skip!. 2005年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月7日閲覧。
  23. ^ TBCラジオまつり2006”. 東北放送Web Magazin Skip!. 2006年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月7日閲覧。
  24. ^ 「GANGA ZUMBA」東北放送夏まつりに豪華出演者集結”. 音楽ナタリー. 2015年6月29日閲覧。
  25. ^ TBC夏まつり出演ゲスト一覧”. TBC東北放送. 2007年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月7日閲覧。
  26. ^ しょこたん、pe'zmokuが仙台「TBC夏まつり」に出演”. 音楽ナタリー (2008年7月4日). 2015年6月29日閲覧。
  27. ^ TBC夏まつり2008”. TBC東北放送. 2008年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月7日閲覧。
  28. ^ 地域力宣言2009 in TBC夏まつり 出展案内 (PDF) (全国商工会連合会 地域力宣言2009事務局)
  29. ^ TBC32時間ラジオ”. TBC東北放送. 2013年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月9日閲覧。
  30. ^ スケジュール 7/21(土) 2012 TBC夏まつり”. TBC東北放送. 2012年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月9日閲覧。
  31. ^ 「TBC夏まつり2012絆みやぎ〜明日へ」が本学でも開催”. 石巻専修大学. 2015年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月9日閲覧。
  32. ^ スケジュール 7/22(日) 2012 TBC夏まつり”. TBC東北放送. 2012年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月9日閲覧。
  33. ^ ステージスケジュール 7月13日石巻市 / TBC夏まつり2013”. TBC東北放送. 2014年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  34. ^ ステージスケジュール 7月20日仙台市 / TBC夏まつり2013”. TBC東北放送. 2014年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  35. ^ ステージスケジュール 7月21日仙台市 / TBC夏まつり2013”. TBC東北放送. 2014年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  36. ^ 行くぜ、フリーライブ。(仮) 7/19号仙台版 vol.28 ONE Heart”. BIGLOBE 音楽芸能ニュース. 2015年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月9日閲覧。
  37. ^ TBC夏まつり2015 TBC東北放送 震災復興支援イベント ステージスケジュール7/25仙台市勾当台公園市民広場”. TBC東北放送. 2015年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月10日閲覧。
  38. ^ TBC夏まつり2015 TBC東北放送 震災復興支援イベント ステージスケジュール7/25名取市ゆりあげ港朝市”. TBC東北放送. 2015年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月10日閲覧。
  39. ^ TBC夏まつり2015 TBC東北放送 震災復興支援イベント ステージスケジュール7/26仙台市勾当台公園市民広場”. TBC東北放送. 2015年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月10日閲覧。
  40. ^ a b 7月30日(土)仙台市ステージスケジュール|TBC夏まつり2016”. TBC東北放送. 2016年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月1日閲覧。
  41. ^ a b 7月30日(土)名取市ステージスケジュール|TBC夏まつり2016”. TBC東北放送. 2016年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月1日閲覧。
  42. ^ a b 7月31日(日)仙台市ステージスケジュール|TBC夏まつり2016”. TBC東北放送. 2016年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月1日閲覧。
  43. ^ プロジェクト / 2012 TBC夏まつり”. TBC東北放送. 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  44. ^ 新企画情報|TBC夏まつり2016”. TBC東北放送. 2016年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月1日閲覧。