TBSオンデマンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京放送ホールディングス(TBSHD) > TBSテレビ > TBSオンデマンド

TBSオンデマンド(ティービーエスオンデマンド)は、

  1. 無料見逃しサービス「TBS FREE」やParaviTVerなどの各提携プラットフォームや動画配信事業者へTBSテレビがコンテンツ提供を行うサービスの名称。"TBS On Demand"の頭文字をとって"TOD"と表記されることもある。
  2. 株式会社TBSテレビが2018年6月30日まで運営していたインターネットを利用したビデオ・オン・デマンド(VOD)事業、および有料動画配信サービスの名称。

である。ここでは2.について詳述する。

概要[編集]

かつての、TBSオンデマンドでは、TBS系地上波などで過去に放送された名作ドラマ・音楽ライブ・映画・アニメ・バラエティ・スポーツ・ドキュメンタリー・アイドル・アナウンサー出演番組など、TBSテレビが持つさまざまなジャンルの人気番組を24時間365日有料で配信していた。その他、新作オリジナルコンテンツも配信していた。2018年6月30日をもって有料配信サービスを終了し、Paraviに統合した。

沿革[編集]

  • 2005年(平成17年)11月1日に有料動画配信サービス「TBS BooBo BOX」(ティービーエス ブーブ ボックス)として開始。
  • 2008年(平成20年)9月1日にコンテンツ強化のうえ「TBSオンデマンド」に名称変更。サイトリニューアル。
  • 2009年(平成21年)2月3日より3月28日までの期間限定で、地上波で放送中の金曜ドラマ「ラブシャッフル」とバラエティ「ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円」を「TBSオンデマンド無料見逃しサービス」トライアルとしてPC向けに広告付き無料配信。
  • 2009年4月29日にサイトリニューアル。「高校教師」など、過去にTBS系地上波で大ヒットした連続ドラマ等「TBSライブラリー番組」の本格配信を開始。
  • 2009年5月20日にGyaONEXTで配信開始。
  • 2009年5月22日にYahoo!動画(現GYAO!ストア)で配信開始。
  • 2009年11月4日にDMM.comで配信開始
  • 2009年11月25日にDMM.TV for Blu-ray Discで配信開始。
  • 2010年5月22日にWiiの間で配信開始。
  • 2015年10月1日、無料見逃しサービスの名称を「TBS FREE by TBSオンデマンド」と命名[1]
  • 2016年10月3日、一部の作品を固定料金で視聴できる定額見放題メニュー「プレミアム見放題」開始[2]Huluなどに対抗)。
  • 2018年6月30日をもってサービス提供を終了(同年3月31日をもって新規有料コース登録および新規コンテンツの配信を終了、TBSHDなどが出資している動画配信サービスParaviへの乗り換えキャンペーンも行う)[3]

配信番組の特徴[編集]

TBSテレビの持つドラマを中心とした膨大な過去番組ライブラリー、CS「TBSチャンネル」発の最新音楽ライブやグラドル番組、BS-TBS発のドラマやドキュメンタリー、TBSラジオ発のオリジナルバラエティ、劇場公開映画、その他TBSテレビアナウンサーが出演したTBSオンデマンドオリジナル新規制作番組など、多くのジャンルの番組をバランスよく配信している。

サービス終了後はTBSが配信元の有料動画ブランドに転換したため、それ以降に配信された作品も『TBSオンデマンド』の名称を引き続き使っている。サービス終了以降に配信されたテレビ番組コンテンツのウォーターマークは、右下に『TBSオンデマンド』から『TBS』のロゴに変更されているが、右上に位置する地上波のウォーターマークとは異なり、「ジ~ン」を用いられていない。2020年4月以降、5代目ロゴへの移行と同時にジ~ンの利用を終了したため、地上波のウォーターマークもジ~ンを用いられていないロゴに変更された。

TBS FREE[編集]

かつてのTBSオンデマンドは有料で動画を配信するサービスが基本だったが、2009年2月3日から3月28日までの期間限定トライアルとして「TBSオンデマンド無料見逃しサービストライアル」と題し、地上波放送中の「ラブシャッフル」と「ザ・イロモネア」をPC向けに広告付き無料配信した。TBSホームページの他に、テレビドガッチおよびYahoo! JAPANのサイトでシンジケート配信された。放送中のゴールデン・プライムのドラマ・バラエティを「広告付き無料」で見逃し配信するという点に特徴があり、民放キー局としては初の試みであった。

視聴者の「見逃し」へのニーズに応え、番組への関心を持続・向上させることにより、できるだけ幅広い人々に地上波放送を視聴してもらうことが主な目的であり、地上波放送終了日の2日後から最新話を配信開始し、次回放送開始前まで配信した。

2015年10月26日開始の「Tver」にあわせて、10月1日より「TBS FREE by TBSオンデマンド(TBS FREE)」に改称[1]し、さらに有料配信サービスのParavi統合後は単に「TBS FREE」と呼ばれている。

配信事業者[編集]

提携するコンテンツ配信事業者を、PC向け、テレビ向け(STBや専用テレビ、スマートスティックを利用)含め以下に記す。放送局が運営する動画配信サービスとして国内最大級の提携先を有する。

料金は前払い制。

PC ・STBとも対応[編集]

PCのみ[編集]

STB[編集]

TV[編集]

過去[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]