TBSスパークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
TBSホールディングス > TBSスパークル
株式会社TBSスパークル
TBS SPARKLE, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-8002
東京都港区赤坂5丁目3番6号
TBS放送センター[1]
北緯35度40分18.35秒 東経139度44分4.09秒 / 北緯35.6717639度 東経139.7344694度 / 35.6717639; 139.7344694座標: 北緯35度40分18.35秒 東経139度44分4.09秒 / 北緯35.6717639度 東経139.7344694度 / 35.6717639; 139.7344694
設立 2018年6月29日
(株式会社TBSコンテンツ・プロダクト)[1]
業種 情報・通信業
法人番号 7010401139405 ウィキデータを編集
事業内容 テレビ番組制作、コンテンツ制作等[1]
代表者 代表取締役社長 高橋啓志
資本金 5000万円[1]
純利益 6278万6000円(2021年03月31日時点)[2]
純資産 56億3678万8000円(2021年03月31日時点)[2]
総資産 103億1521万6000円(2021年03月31日時点)[2]
従業員数 1313名
(2020年6月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 TBSホールディングス 100%[1]
外部リンク www.tbssparkle.co.jp ウィキデータを編集
特記事項:2018年11月15日に現社名へ商号変更。
テンプレートを表示

株式会社TBSスパークル(ティービーエス スパークル、: TBS SPARKLE, Inc.)は、放送番組およびコンテンツ制作、タレントフリーアナウンサーのマネジメントを行う総合プロダクション。TBSテレビと同じくTBSホールディングス(以下「TBSHD」)の連結子会社で、TBSグループの中核会社[3]

概要[編集]

2020年4月から併用されるTBSグループ共通の新ロゴ。TBSスパークルの場合はこのロゴの右に同じ意匠の「SPARKLE」がつく。

TBSグループは、「グループ中期経営計画2020」において、「ブランド力アップによるリクルーティング競争力の向上」「規模拡大及び人事体系一本化によるキャリアパスや人材流動性の向上」「既存領域に囚われず新たな挑戦をするための体制作り」などを掲げている[4]

TBSHDは2018年5月10日に、グループ再編の一環としてテレビ番組制作やコンテンツ制作等を手がける新会社として、株式会社TBSコンテンツ・プロダクトを設立することを発表[4][5]。同年6月29日に株式会社TBSコンテンツ・プロダクトを設立した[1]

2018年11月15日に商号を株式会社TBSコンテンツ・プロダクトから株式会社TBSスパークルへ変更。同時に、株式会社TBSビジョン、株式会社ドリマックス・テレビジョン、株式会社キャスト・プラスなど11社を2019年1月1日付で吸収合併することを発表[1]。グループ各社に分散していた番組制作およびコンテンツ制作機能、タレント・フリーアナウンサーのマネジメント機能をTBSスパークルに集約させることにした[6]

社名の「スパークル」は、漢字の「」に由来する。ブランドシンボルはその「閃」の筆書き文字の下に「TBS SPARKLE」の欧文社名を組み合わせたものだが、TBS系列以外で放送される番組では「TBS」を省いたスパークルの名称と「閃 SPARKLE」としたロゴが使われることがある。

合併対象になっている旧称・TBSビジョンは『3時にあいましょう』のTBSビデオ問題(オウム真理教・坂本堤弁護士殺人事件)に大きく関わっている。『あさチャン!』『ラヴィット!」など現在も多くの報道・情報番組を制作している。

沿革[編集]

  • 2018年
    • 6月29日- 株式会社TBSコンテンツ・プロダクトとして設立。
    • 11月15日- 商号を株式会社TBSスパークルに変更。
  • 2019年1月1日- TBSスパークルを存続会社として、株式会社TBSビジョン・株式会社ドリマックス・テレビジョン・株式会社エフエフ東放・株式会社キャスト・プラス・株式会社ビューキャスト・株式会社ジャスク・株式会社ジャパンエディターズユニオン・株式会社ジョブエックス・株式会社チャンネルプラス・株式会社東放スタックス・株式会社ビジョンプラスの11社を吸収合併。
  • 2020年令和2年)4月1日 - 開局70周年を控え、TBSのグループ会社で用いるコーポレートロゴを一新[7]。それに伴い、企業ロゴが新ロゴをベースとする青色の「TBS SPARKLE」ロゴに変更。「K」の右上部先端が尖っているのは先代ロゴと同じ。

役員[編集]

2021年6月21日付
  • 代表取締役社長
高橋啓志(前専務取締役)
  • 常務取締役(全般統括)
富田茂(元ビジョンプラス代表取締役→TBSスパークル取締役)
  • 取締役
荒井光明(エンタテインメント本部付)
岡野保(ニュース情報本部長)
近藤誠(コミュニケーションビジネス本部長)
三島圭太(エンタテインメント本部長・企画開発室担当、前:TBSテレビ編成局編成部企画総括)
鈴木一正(マネジメント本部長、元エフエフ東放取締役→TBSスパークル執行役員)
野澤玲二(コーポレート本部長・コンプライアンス室担当)
鴨下潔(ニュース情報本部副部長、前執行役員)
内野浩志(スポーツアスリート本部長)
竹下達郎(非常勤)
  • 監査役
神田和則
市川哲也(非常勤)
  • 執行役員
菅谷敬(コミュニケーションビジネス本部副本部長)
山田誠(コーポレート本部副本部長)
加藤章一(エンタテインメント本部ドラマ映画部長)
田澤保之(コンプライアンス室長兼1on1戦略室)
深澤彩(コーポレート本部人事部長)
熊谷春彦(コーポレート本部人事部付)

元役員[編集]

  • 取締役会長
武田信二
  • 代表取締役社長
阿部龍二郎( - 2020年6月30日、現:TBSテレビ取締役)
  • 専務取締役
神谷哲史(元エフエフ東放代表取締役社長)
  • 常務取締役
竹井美智子(元エフエフ東放常務取締役)
  • 取締役
佐藤夏実(現:TBS HD法務・コンプライアンス統括室長)
安田淳(現:TBSテレビコンテンツ制作局長)
守屋慎司(現:TBSサンワーク取締役執行役員)
那須田淳(現:TBSテレビコンテンツ制作局エキスパート職 役員待遇)
徳井邦夫(TBS HDグループ事業戦略担当、前常務取締役)
  • 執行役員
渡辺香
西崎裕文
船木俊輔(元エフエフ東放取締役)
若泉光弘(コンプライアンス室担当、前:執行役員兼ニュース情報本部副本部長、元エフエフ東放取締役)
岩原貞雄
酒井聖博

ニュース情報本部[編集]

TBSテレビ系列およびJNN(地上波)とBS-TBS(BS放送)とTBS NEWS(CS放送)の報道・ニュース・情報・天気番組など制作・撮影・編集を用いて事業を行っている。

NHKの技術会社NHKテクノロジーズに撮影・音声を派遣している。

凡例
太字:現在放映されている番組
合併前の制作会社
T:TBSビジョン
F:エフエフ東放
V:ビューキャスト
X:ジョブエックス
特に記述がない場合はTBSテレビで放送。


テレビ番組[編集]

ニュース・情報ワイド[編集]

レギュラー番組
スペシャル番組
  • Nスタスペシャル震災8年〜生死を分ける72時間 巨大地震にあなたは?(2019年3月11日)
  • 平成ニュース総決算!(2019年3月28日)
  • テレビ史を揺るがせた100の重大ニュース 新元号発表前夜〜緊急生放送!(2019年3月31日)
  • 報道特別番組 平成最後の日〜天皇陛下退位へ(2019年4月30日)
  • 報道特別番組 Nスタスペシャル平成最後の日〜天皇陛下退位へ(2019年4月30日)
  • 生放送!平成最後の日(2019年4月30日)
  • JNN報道特別番組 新天皇が即位〜きょう元号「令和」スタート(2019年5月1日)
  • Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル(2019年7月21日)
  • 上田晋也のニュースな国民会議(2019年9月8日-)
  • 一億総カメラマン!時代変えたスクープ動画(2019年12月8日)
  • 報道の日(2011年12月-)[注 8] T/F
  • テレビ史を揺るがせた100の重大ニュース 平成・令和の記者会見 今夜舞台ウラ一挙公開!(2020年3月29日)
  • 太田光が問う!選挙SP(2021年3月30日)
  • テレビ史を揺るがせた100の重大ニュース 平成・令和の未解決事件 春の大追跡SP(2021年4月11日)

情報系[編集]

レギュラー番組
スペシャル番組
  • これで見納め!森田さんの平成ニッポンの初日の出(2019年1月1日)
  • ビジネスクリック新春特番〜2019経済動向とフィンテックの未来〜(2019年1月4日)

ドキュメンタリー・教養[編集]

レギュラー番組
スペシャル番組

WEBコンテンツ[編集]

ニュース配信[編集]

レギュラー番組

エンタテインメント本部[編集]

TBS系列(地上波)・BS-TBS(BS放送)とNHK・民放他各局のバラエティ番組・テレビドラマ・ドキュメンタリーや映画・アニメなどの制作を用いて事業を行っている。

凡例

 太字:現在放映されている番組

  • 合併前の制作会社
T:TBSビジョン
D:ドリマックス
F:エフエフ東放
V:ビューキャスト
X:ジョブエックス

●:スタッフ協力の番組

特に記述がない場合はTBSテレビで放送。

テレビ番組[編集]

報道・情報[編集]

レギュラー番組

クイズ・バラエティ・音楽・トーク[編集]

レギュラー番組
スペシャル番組

ドキュメンタリー・教養・紀行・ミニ[編集]

レギュラー番組
スペシャル番組

テレビドラマ[編集]

連続ドラマ
スペシャルドラマ

映画[編集]

アニメ[編集]

連続アニメ

インターネット動画配信[編集]

ドラマ[編集]

連続ドラマ

国際コンテンツ[編集]

イベント[編集]

音楽・コンサート・ライブ
舞台・ミュージカル
  • 下北沢アクトレスシアター 新時代幕開け!公演『女生徒〜さよなら、モラトリアム〜』(2019年1月21日公演)
  • 荻窪のガールズ『その場忍びの茨城スッパーズ』(2019年7月9日- 15日公演)
  • TBS SPARKLE×AGN『Three Rage』(2019年8月15日- 18日公演)

スポーツアスリート本部[編集]

TBS系列(地上波)とBS-TBS(BS放送)とTBSチャンネル(CS放送)のスポーツ番組全般など制作を用いて事業を行っている。

凡例
太字:現在放映されている番組
合併前の制作会社
D:ドリマックス
V:ビューキャスト

特に記述がない場合はTBSテレビで放送。

テレビ番組[編集]

スポーツニュース[編集]

レギュラー番組
  • Nスタ スポーツコーナー
  • あさチャン! スポーツコーナー
  • 報道特集 スポーツコーナー
  • S☆1
  • サンデーモーニング スポーツコーナー・週刊御意見番(1999年4月-)V
  • NEWS23 スポーツコーナー(2013年4月-)V


スポーツ情報[編集]

レギュラー番組
スペシャル番組


スポーツ中継[編集]

野球
陸上関連(マラソン・駅伝)
サッカー
ゴルフ
ボクシング
  • ガッツファイティング V
    • IBF世界フライ級タイトルマッチ モルティ・ムザラネ×坂本真広(2019年1月21日)
    • WBO世界ミニマム級タイトルマッチ ビック・サルタール×谷口将隆(2019年2月28日)
    • WBO世界フライ級タイトルマッチ 田中恒成×田口良一(2019年3月16日)
    • WBO世界スーパーフライ級王座決定戦 井岡一翔×アストン・パリクテ(2019年6月19日)
    • WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 京口紘人×タナワット・ワコーン(2019年6月19日)
    • OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ 三代大訓×竹中良(2019年7月29日)
    • WBOアジアパシフィックミニマム級王座決定戦 重岡銀次朗×クライデ・アザルコン(2019年7月29日)
    • WBO世界フライ級タイトルマッチ 田中恒成×ジョナサン・ゴンザレス(2019年8月24日)
    • OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ 三代大訓×木村吉光(2019年12月11日)
    • ボクシング大晦日トリプル世界戦(2019年12月31日)
      • WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ 井岡一翔×J.シントロン
      • WBO世界フライ級タイトルマッチ 田中恒成×ウラン・トロハツ

コミュニケーションビジネス本部[編集]

キャスター室[編集]

テレビ番組[編集]

スペシャルドラマ
  • 捨て猫に拾われた男(NHK BSプレミアム 2019年2月23日)

WEBコンテンツ[編集]

ドラマ配信[編集]

連続ドラマ
  • MAGI-天正遣欧少年使節-(2019年1月- 、※合併前のTBSビジョンとして制作名義)

マネジメント本部[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2019年1月1日以降の会社合併後に業務開始。
  2. ^ 2019年1月2日以降の会社合併後に業務開始。
  3. ^ a b c d e f g 2019年1月4日以降の会社合併後に業務開始。
  4. ^ a b c 2019年1月6日以降の会社合併後に業務開始。
  5. ^ a b c d 2019年1月7日以降の会社合併後に業務開始。
  6. ^ 2019年1月9日以降の会社合併後に業務開始。
  7. ^ 2019年1月12日以降の会社合併後に業務開始。
  8. ^ 2019年12月30日以降の会社合併後に業務開始。
  9. ^ a b c 2019年1月5日以降の会社合併後に業務開始。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 子会社の商号変更および子会社間の合併に関するお知らせ東京放送ホールディングス 2018年11月15日
  2. ^ a b c 株式会社TBSスパークル 第3期決算公告
  3. ^ TBSホールディングス、TBSテレビ、TBSラジオ、TBSスパークル、TBSグロウディアBS-TBSの6社。
  4. ^ a b 子会社再編による新会社設立に関するお知らせ東京放送ホールディングス 2018年5月10日
  5. ^ 番組制作と映像権利・イベント事業の新会社2社設立、TBSホールディングスが事業再編アニメーションビジネス・ジャーナル 2018年5月11日
  6. ^ TBS制作子会社を再編 新会社が11社吸収合併へ 日本経済新聞 2018年11月16日
  7. ^ TBSグループ、企業理念及びブランドプロミスを制定 ブランドロゴを刷新東京放送ホールディングス 2020年1月6日