TBS掲示板捏造問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TBS掲示板捏造問題(TBSけいじばんねつぞうもんだい)とは、TBSテレビ(以下、TBS)が放送した格闘技番組『総合格闘技HERO'S2007開幕戦』(2007年3月12日放送)における“やらせ”問題である[1][2][3]

概要[編集]

番組中で問題となったのは、「2006年12月31日に行われた試合(K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!における秋山成勲vs桜庭和志戦)に関し、電子掲示板で桜庭が非難を浴びている」という放送内容である。一見すると「2ちゃんねるである」と誤認するような映像を映し出した上で、ナレーションは「ファンとともに築きあげてきた闘いの歴史に泥を塗られたのだ」とあたかも「そう考えている桜庭和志のファンが2ちゃんねるには多く存在する」かのように報道した。

問題は、放送された映像の4件の書き込みが全て「通販さん@賛成です」という名前で行われていたことが原因となって発覚した。2ちゃんねるの仕様では、名前欄を入力せずに書き込んだ場合、それぞれ板ごとに決まった「名無し」の名前が自動で入力される。ところが、2ちゃんねるのどの板でもTBSが放送した「通販さん@賛成です」という「名無し」での書き込みの仕様はなく、TBSの放送した映像は「2ちゃんねる」ではないことが確定した。また、2ちゃんねるのフォーマットと番組が報じた掲示板のフォーマットが違う点も論拠となった[4]。さらに、桜庭和志の試合について激しく議論されている時期が、試合から2週間後の1月13日である点も不自然であると指摘されていた。

謝罪[編集]

TBSは、映像の書き込みについて担当ディレクターが自ら作成したことを認め謝罪した。捏造疑惑については、試合当時インターネット上に書き込まれた意見をディレクターの記憶を基に作成したものだと弁明した。

報道[編集]

この問題について、NHKなど各社メディアも一斉に報じたが、TBSのみ報じなかった。

脚注[編集]

  1. ^ “2ちゃんねるそっくり”掲示板放映 TBS「担当者が作成」”. ITmedia. 2009年3月4日閲覧。
  2. ^ TBSまた不祥事 2ちゃん映像「捏造」”. J-CASTニュース. 2009年3月4日閲覧。
  3. ^ TBSまた不祥事 2ちゃん映像「捏造」”. livedoor ニュース. 2009年3月4日閲覧。
  4. ^ 番組が報じた掲示板では、2ちゃんねるの仕様よりも書き込み内容の前のスペースが多く右よりである。

関連項目[編集]