TCM (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TCM株式会社
TCM CORPORATION
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6374
2009年12月17日上場廃止
大証1部(廃止) 6374
2009年12月17日上場廃止
略称 TCM
本社所在地 日本の旗 日本
140-0013
東京都品川区南大井6-22-7
設立 1949年昭和24年)2月17日
業種 機械
事業内容 産業車両などの製造、リースレンタル
代表者 代表取締役社長 濱田秀樹
資本金 97億5,962万円
売上高 連結537億41百万円
(2011年3月期)
営業利益 9億15百万円(2011年3月期)
純利益 6億31百万円(2011年3月期)
純資産 150億26百万円(2011年3月期)
総資産 単独628億17百万円
連結853億70百万円
(2009年3月)
従業員数 単独1,826名
連結2,371名
(2011年3月)
決算期 3月31日
主要株主 ユニキャリア株式会社 100%
主要子会社 グローバルコンポーネントテクノロジー株式会社
日立造船ハンドリングシステム株式会社
テンプレートを表示

TCM株式会社(ティーシーエム)は、かつて存在した輸送機器などのメーカーである。2012年平成24年)8月に、産業革新機構を中心として設立されたユニキャリアグループの傘下となり、2013年平成25年)4月1日、日産フォークリフト株式会社を吸収合併し、ユニキャリア株式会社となったが[1]、2017年にニチユ三菱フォークリフトとの経営統合によって製造はニチユ三菱フォークリフトから商号変更された三菱ロジスネクスト株式会社へ一本化され、ユニキャリア株式会社はロジスネクストユニキャリア株式会社に商号変更した上で、三菱ロジスネクスト製品の販売会社となった。。

主な製品[編集]

下記2品目については、日立建機に事業を譲渡した[2]

左:米メルロー社のライセンス生産によるスキッドステアローダー、TCM ボブキャット右:米クラーク社との技術提携による 75B ホイールローダー 左:米メルロー社のライセンス生産によるスキッドステアローダー、TCM ボブキャット右:米クラーク社との技術提携による 75B ホイールローダー
左:米メルロー社ライセンス生産によるスキッドステアローダー、TCM ボブキャット
右:米クラーク社との技術提携による 75B ホイールローダー


沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年)2月 - 東洋運搬機製造株式会社設立[1]
  • 1954年(昭和29年)9月 - 東運工業株式会社を合併。
  • 1954年(昭和29年)11月 - 東洋運搬機株式会社に商号変更[1]
  • 1961年(昭和36年)9月 - 大阪証券取引所に上場。
  • 1961年(昭和36年)10月 - 東京証券取引所名古屋証券取引所に上場。全上場市場で1部銘柄に指定。
  • 1969年(昭和44年)12月 - 滋賀東洋運搬機株式会社を合併。
  • 1997年(平成9年)10月 - 竜ヶ崎工場、滋賀工場でISO 9001認証取得。
  • 1999年(平成11年)1月 - 竜ヶ崎工場、滋賀工場でISO 14001認証取得。
  • 1999年(平成11年)7月 - TCMに商号変更[1]
  • 1999年(平成11年)10月 - 日立建機株式会社と業務・資本提携。
  • 2005年(平成17年)6月 - 委員会設置会社へ移行。
  • 2005年(平成17年)9月 - 名証上場廃止。
  • 2006年(平成18年)10月 - 株式会社日立建機アルバを吸収合併
  • 2007年(平成19年)8月 - 本社を大阪市西区より東京都港区西新橋1-15-5へ移転。
  • 2009年(平成21年)10月 - 国内販売会社10社を統合し、TCM販売株式会社を設立(存続会社は近畿TCM)。壬生工場を閉鎖。
  • 2009年(平成21年)12月 - 日立建機の完全子会社となり、大証・東証上場廃止となる[3]
  • 2010年(平成22年)4月 - ホイールローダ事業および除雪車両事業(竜ケ崎工場)を会社分割により日立建機に統合。委員会設置会社から監査役設置会社へ移行。
  • 2010年(平成22年)5月 - 本社を大阪市西区京町堀1-15-10へ再移転。
  • 2010年(平成22年)10月 - 国内販売子会社であるTCM販売株式会社を吸収合併。
  • 2011年(平成23年)11月 - 日産フォークリフトとの事業統合を目的とした新会社「ユニキャリア」の傘下に入ることを発表[4]。新会社には産業革新機構が53.3%を出資[5]
  • 2012年(平成24年)8月 - ユニキャリアの100%子会社となる。同時に本社を東京都品川区へ移転。
  • 2013年(平成25年)4月 - 日産フォークリフトを吸収合併し、ユニキャリア株式会社に商号変更。親会社である従前のユニキャリア株式会社はユニキャリアホールディングス株式会社に商号変更[1]

ブランド名の由来[編集]

TCMの名称は、Toyo Carriar Manufacturingの頭文字を取った略称であるとされる。

事業所所在地[編集]

  • 工場・部品センターなど
    • 滋賀工場・研修所 - 滋賀県近江八幡市長光寺町578
    • 滋賀部品センター、CS事業部 - 滋賀県近江八幡市長光寺町松田603-1

関連企業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 企業情報 沿革”. ユニキャリア株式会社. 2015年11月26日閲覧。
  2. ^ 会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ (PDF)”. ユニキャリア株式会社 (2010年1月27日). 2015年11月26日閲覧。
  3. ^ 日立建機株式会社によるTCM 株式会社の株式交換による完全子会社化に関するお知らせ (PDF)”. 日立建機株式会社 (2009年8月31日). 2015年11月26日閲覧。
  4. ^ フォークリフト事業統合に関する統合基本覚書の締結について (PDF)”. 株式会社産業革新機構 (2011年11月29日). 2015年11月26日閲覧。
  5. ^ フォークリフト事業統合に関する正式契約の締結について (PDF)”. 株式会社産業革新機構 (2012年4月20日). 2015年11月26日閲覧。

関連項目[編集]

  • 三菱ロジスネクスト - ニチユブランドで知られた「日本輸送機株式会社」が、三菱重工のフォークリフト事業部を譲受し、2013年にニチユ三菱フォークリフトへ商号変更したもの。2016年にユニキャリアを傘下に収め、2017年にユニキャリアと経営統合を行い、ニチユ三菱フォークリフトから再度商号変更。
  • トヨタL&F