TEARS AND REASONS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TEARS AND REASONS
松任谷由実スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • 松任谷由実 年表
    YUMING COLLECTION
    (1992年)
    TEARS AND REASONS
    (1992年)
    U-miz
    1993年
    テンプレートを表示

    TEARS AND REASONS』(ティアーズ・アンド・リーズンズ)は、松任谷由実(ユーミン)の24枚目のオリジナルアルバム。1992年11月27日東芝EMIからリリースされた(CD:TOCT-6800 、CT:TOTT-6800 )。1992年12月21日~1993年6月26日、『TEARS AND REASONS』コンサートツアーが行われた。

    解説[編集]

    • この作品は世界初の「ヴァーチャルオーディオシステム」を使用してレコーディングされた。
    • この年の11月9日、石井竜也とのコラボレートシングル『愛のWAVE』(フジテレビ・愛のWAVEミュージックキャンペーンソング)が発売されたが、アルバム収録にはならなかった。
    • CDCT共に初回プレスはジャケットが3-Dカードになっている。

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    全作詞・作曲: 松任谷由実。
    #タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
    1.無限の中の一度 -Once In an Eternity-[1]松任谷由実松任谷由実松任谷正隆、Jerry Hey
    2.サファイアの9月の夕方 -Sapphire Blue September Evening Sky-松任谷由実松任谷由実松任谷正隆
    3.瞳はどしゃ降り -Teardrops In the Rain-松任谷由実松任谷由実松任谷正隆
    4.ミラクル -Miracle-松任谷由実松任谷由実松任谷正隆
    5.Misty China Town松任谷由実松任谷由実松任谷正隆
    6.私らしく -As I Am-松任谷由実松任谷由実松任谷正隆
    7.冬の終り -End of the Winter-松任谷由実松任谷由実松任谷正隆
    8.So high松任谷由実松任谷由実松任谷正隆
    9.恋の一時間は孤独の千年 -One Hour of Love, Thousand Years of Loneliness-松任谷由実松任谷由実松任谷正隆
    10.Carry on松任谷由実松任谷由実松任谷正隆

    楽曲解説[編集]

    1. 無限の中の一度
      1992年キリンラガービールCMソング(出演、彫刻家・藤木:堤真一、カメラマンの卵・川野:高橋リナ)。
    2. サファイアの9月の夕方
      イメージはロサンゼルス市立公園・グリフィス・パーク(Griffith Park)。天文台から見た9月の景色(サファイア色で抜けるような紺と夕焼けとのグラデーション、それと夜景がまるでUFOが飛び交う絨毯のように高台から見える様子)にインスピレーションを得て作った楽曲。
    3. 瞳はどしゃ降り
      1992年にA.S.A.P.に提供した「Teardrops In The Rain」が原曲。
    4. ミラクル
      惑星直列であるグランド・クロスがモチーフになっている。1992年苗場プリンスホテルCMソング。
    5. Misty China Town
      1992年宝塚歌劇団への提供曲「ミッドサマー・イブ」(宝塚歌劇団月組公演『PUCK』主題歌)の歌詞違い。
    6. 私らしく
    7. 冬の終り
      1992年フジテレビ系ドラマボクたちのドラマシリーズその時、ハートは盗まれた』エンディングテーマ。
    8. So high
      同じくドラマ『その時、ハートは盗まれた』劇中歌。
    9. 恋の一時間は孤独の千年
      1984年に麗美に提供した曲。
    10. Carry on
      1992年NHKスポーツニュース番組エンディングテーマ。公式サイトでプロモーション・ビデオが見られる。2003年にポーリン・ウィルソン(ex シーウィンド)がカバーした(『OVER THE SKY: Yuming International Cover Album』収録)。

    参加ミュージシャン[編集]

    • キーボード&プログラミング : 松任谷正隆
    • ドラム・プログラミング : 江口信夫(#1,#4)
    • ドラム : 江口信夫(#2)、Mike Baird(#2,#3,#7,#10)、John Robinson(#6,#8)
    • ハイハット&シンバル : 江口信夫(#5)
    • ベース : Leland Sklar(#2,#3,#5,#7,#10)、Abraham Laboriel(#4,#6,#8)
    • エレクトリック・ギター : 松原正樹(#1,#4~#9)、Tim Pierce(#2)、Michael Landau(#3,#6,#10)
    • アコースティック・ギター : 吉川忠英(#5,#7,#9)
    • パーカッション : Micheal Fisher
    • サキソフォン : Larry Williams(#1,#3,#4,#6)、Dan Higgins(#1,#6,#8,#9)
    • フルート : Dan Higgins(#8,#10)
    • ピッコロ : Dan Higgins(#10)
    • トランペット : Jerry Hey(#1,#3,#4,#6,#8,#9)、Gary Grant(#1,#3,#4,#6,#8,#9)
    • トロンボーン : Bill Reichenbach(#1,#3,#4,#6,#8,#9)、西山健治(#5)
    • コーラス : 松任谷由実(#1~#6,#8~#10)、木戸泰弘(#6,#8)、比山貴詠史(#6,#8)、広谷順子(#6,#8)、The Waters-Maxine(#9)、Julia(#9)、Luther(#9)、Oren(#9)
    • シンセサイザー・プログラミング : 山中雅文

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 配信を機に本人監修のもと全曲英語表記が公式に発表された。 https://itunes.apple.com/us/album/tears-and-reasons/1436009978