TGI D-RISE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TGI D-RISE
ティー・ジー・アイ・ディー・ライズ
呼称/略称 TGI Dライズ
愛称 D-RISE
所属リーグ 日本の旗 NBDL
創設年 2009年
解散年 2013年
本拠地 栃木県
チームカラー ネイビーブルー、黄色
企業 リンクスポーツエンターテインメント
代表者 藤本光正
ヘッドコーチ 金澤篤志
公式サイト http://www.tgidrise.com/
ユニフォーム
Kit body thinyellowsides.png
ホームのジャージ
Kit shorts yellowsides.png
チームカラー
ホーム
Kit body thinyellowsides.png
アウェイのジャージ
Kit shorts yellowsides.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

TGI D-RISE(ティー・ジー・アイ・ディー・ライズ)は、かつて存在した日本のバスケットボールチーム。リンク栃木ブレックスの下部組織に位置していたチームで、ナショナル・バスケットボール・デベロップメント・リーグ(NBDL)に所属していた。現在、B.LEAGUEに所属するパスラボ山形ワイヴァンズの前身となったチームである。

概要[編集]

栃木県小山市を本拠地とする。

プロアマ混合チームとして組織されている。それまでデベロップメント・プレイヤーと称した練習生を入団させたことはあったが、このD-TEAMはいわゆる二軍と位置づけ、中長期的育成などを目的としたものである。このような下部組織はbjリーグ球団の一部で採用している他、JBLでもレラカムイ北海道で検討されていた。

選手はB・C契約(有給契約)とD契約(無給契約)で構成される。有給契約はスクールインストラクター業務を週2回稼動することが条件となる。D契約はアウェー遠征には帯同しない。活躍次第ではトップチームへの昇格の可能性もあるが、逆にトップチーム(A契約)の選手が降格となる可能性もある。選手枠は16名でうち有給契約は12名まで。

所属選手は28歳以下で契約更新は最大3シーズン(JBL所属歴のある場合はこの限りでない)。

チーム名の由来[編集]

「TGI」は活動エリアである「Tochigi(栃木)」「Gunma(群馬)」「Ibaraki(茨城)」の頭文字から、「Development(育成)」「Dream(夢)」「Dynamic(活性化)」より、「RISE」はトップ選手への上昇を意味する。

歴史[編集]

2009年、育成チーム(デベロップメント・チーム、通称D-TEAM)の結成を発表した。

トップチームに所属した選手を中心とする有給契約選手(プロフェッショナル)にトライアウトで獲得した無給契約選手(アマチュア)を加えて結成し、クラブ連盟に登録。当初のチーム名はブレックス・バスケットボールクラブ。これは元々仮称であり、2009年内に正式なチーム愛称を発表する予定だったが、諸事情により延期。

2010-2011シーズンより日本バスケットボールリーグ2部機構(JBL2)に参入。JBL所属チームの下部組織としては史上初のJBL2参入となる。また、このシーズンよりJBLの移籍に関するルール改正が施され、シーズン中の登録変更が2回まで可能になったため、シーズン中の昇格・降格が行われる場合もある。

2010年6月1日、新たなチーム名が「TGI D-RISE(ティージーアイ・ディー・ライズ)」に決定。旧ブレックスクラブ選手にトライアウト獲得選手を加えてJBL2に参戦する。

JBL2開幕直前にリンク栃木からショーン・ヒンクリー、開幕後に並里成が加わった(いずれも後にトップチーム復帰)。

2013年8月、2014-15シーズンから運営権を「パスラボ山形ワイヴァンズ」に譲渡し、フランチャイズを山形県に移すことを発表した。大塚商会アルファーズがトップチームであるブレックスにリーグの会員権を譲渡しただけで別途存続している状況とは違い、新チーム(パスラボ山形ワイヴァンズ)の前身になるという形で5年間の歴史に幕を閉じることとなった。なお、リンク栃木とは提携関係を持続していく方針となった[1]

成績[編集]

JBL2[編集]

年度 リーグ レギュラーシーズン セミファイナル ファイナル 最終結果
順位
2010-11 JBL2 4 12 10 3位 震災のためプレイオフ実施せず
2011-12 5 17 10 5位 --- 5位
2012-13 6 23 9 1位 --- 4位

獲得タイトル[編集]

  • 2009-10
    • 小山市総合競技選手権大会:優勝
    • 栃木県総合選手権大会兼関東総合選手権大会栃木県予選会:優勝
    • 栃木県クラブ選手権大会兼全国クラブ選手権大会関東予選会:優勝

スタッフと選手[編集]

スタッフ[編集]

  • ヘッドコーチ: 金澤篤志
  • アドバイザリーコーチ:不明

選手[編集]

No. P 名前 生年 身長、体重 出身 前所属
2 G/F 石川裕一 1990 185㎝、80kg 福岡県 白鴎大学
3 G 粂川岳勤 1990 165㎝、63kg 栃木県 江戸川大学
4 G 細谷将司 1989 173㎝、72kg 神奈川県 関東学院大学
6 F マイケル・ナナリー 1986 203㎝、107kg アメリカ パシフィック大学
11 G 堤啓士朗 1986 180㎝、78kg 福岡県 群馬クレインサンダーズ
17 F 上松大輝 1990 187㎝、72kg 栃木県 群馬クレインサンダーズ
21 F/C 中川真雄 1989 195㎝、89kg 滋賀県 青山学院大学
26 F 上杉翔 1990 190㎝、90kg 福島県 拓殖大学
30 G 鳴海亮 1987 170㎝、67kg 長野県 新潟アルビレックスBB
41 G 輪島射矢 1985 175㎝、75kg 北海道 千葉エクスドリームス
65 G 石川優希 1987 173㎝、69kg 島根県 鹿屋体育大学
99 F 柳沢伸典 1982 194㎝、90kg 埼玉県 つくばロボッツ

過去の選手[編集]

A契約を経験した選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “TGI・Dライズ フランチャイズ移転のご報告” (プレスリリース), 株式会社リンクスポーツエンターテインメント, (2013年8月9日), http://www.linktochigibrex.com/news/2013/08/1469.html 

関連項目[編集]