THE 博学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
THE 博学
ジャンル 特別番組クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 奥川晃弘
監督 木津優(CD)
プロデューサー 樋口圭介(GP)、菅原悠平
出演者 林修
八木亜希子
著名人・知識人
ナレーター 大塚芳忠
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1回
放送時間 木曜19:00 - 21:48(168分)
放送期間 2014年9月11日(1回)
第2回
放送時間 土曜18:30 - 20:54(144分)
放送期間 2015年1月3日(1回)
第3回
放送時間 木曜19:00 - 21:48(168分)
放送期間 2015年3月26日(1回)
第4回
放送時間 木曜19:00 - 21:48(168分)
放送期間 2015年6月25日(1回)
第5回
放送時間 木曜19:00 - 21:48(168分)
放送期間 2015年9月17日(1回)
テンプレートを表示

THE 博学』(ザ はくがく)はテレビ朝日により、ANN系列で放送されたクイズ番組。

概要[編集]

各界の著名人・知識人が「THE 博学」の称号をかけて、人気の著書から出題される問題に挑む。

番組では「博学」の意味を「知識量はもちろん、その知識が無くても自らの持つ『知の遺産』を駆使し答えを導き出す人」と定義されている。

放送日時[編集]

  • 第1回:2014年9月11日 19:00 - 21:48
  • 第2回:2015年1月 3日 18:30 - 20:54
  • 第3回:2015年3月26日 19:00 - 21:48
  • 第4回:2015年6月25日 19:00 - 21:48
  • 第5回:2015年9月17日 19:00 - 21:48

第2回のみ土曜放送[1]で、他の4回は全て木曜放送、それも20時ドラマ『木曜ミステリー[2]と21時ドラマ『木曜ドラマ』の双方の作品が終了後に行われる。

出演者[編集]

司会
出場者
※優勝者は、太字で表記。

第1回[編集]

第2回[編集]

第3回[編集]

第4回[編集]

  • 金田一秀穂
  • 小島慶子
  • 坂東眞理子
  • 堀江貴文
  • 舛添要一
  • 山口恵以子

第5回[編集]

  • 舛添要一
  • 山西惇

ルール[編集]

1stステージ プロフェッショナル試験[編集]

  • 有名な本や人気の本に書かれている内容から問題を出題。また、一部問題は司会の林や他の解答者の問題から出題される(解答の仕様上出題者に自分の問題が出されることはない)。
  • 解答者は自分の解答順の際、その答えを口頭で20秒以内に説明して解答する。
  • 正解すると10点獲得。不正解の場合は解答権が次の解答者に移る。1問につき誰かが正解するか3人連続で不正解になるまで行う。
  • また、途中には判じ絵の意味を当てる問題や3択問題らを出題。正解すれば10点獲得。
  • 全員が一定回数出題を受けた時点で終了。第1・4回では得点上位8人、第3回では得点上位7人が2ndステージに進出。第2回では得点上位6人が決勝進出。

2ndステージ 上級博識バトル[編集]

  • 第1Rの得点を持越し、第1Rと同様のルールにてさらに難易度の高い問題に挑む。1問正解につき30点獲得。また、1stステージ同様特殊な問題も出題される。
  • 全員が一定回数出題を受けた時点で終了。合計得点上位2人が決勝進出。

決勝 No.1博学への道[編集]

  • 両者に同じ問題を出題。両者筆記で解答後、その答えの詳細な説明を口頭で行う。5問行い、正解数の多い方が優勝。5問終えて正解数が同じ場合は第3回では問題のストックが無かったため両者同点優勝、第4回では決着が付くまで行うサドンデスとなる。
  • 優勝者には「THE博学」の称号と「知の旅(フランスイタリア世界遺産ツアー)」が送られる。

決勝 早押し上級博識バトル[編集]

  • 第2回での決勝戦方式。1stステージの得点を持越して行う。6人での挙手制による早押し問題を出題。正解で30点、誤答で-10点。5問出題し、全問終了時点での合計得点が多い人が優勝。
  • 他の回同様優勝者には「THE博学」の称号と「知の旅(フランス・イタリア世界遺産ツアー)」が送られる。

テーマ曲[編集]

デイヴィッド・ギャレットSmooth Criminal

スタッフ[編集]

第3回(2015年3月26日放送分)
  • ナレーション:大塚芳忠
  • 企画:奥川晃弘
  • 構成:鈴木おさむ樋口卓治
  • TM:大田憲治
  • TD/SW:平間隆啓
  • CAM:渡邊良平
  • 音声:猪俣晃
  • VE/VTR:竹内達史
  • 照明:越前充弘
  • 美術:小山晃弘
  • デザイン:鹿内遙
  • 美術進行:奥田裕美、森みどり
  • 大道具:小宮将太
  • 電飾・システム:町端航
  • モニター:大西勇史
  • ヘアメイク:川口カツラ店
  • 編集:五十嵐剛輝
  • MA:赤津英彰
  • 音効:波多野精二
  • TK:船木玉緒
  • 編成:吉川徹、林智乃
  • 宣伝:尾木美愛
  • コンテンツビジネス:里見諒
  • デスク:内藤恵子
  • 技術協力:テイクシステムズ
  • 美術協力:テレビ朝日クリエイト
  • 制作協力:ホリプロメディア・バスターズ東通企画ViViAコラボレーション
  • 制作スタッフ:駒奈穂子、小津優、吉田貴幸、前原知花、植田綾菜、佐々木一翔、落合由佳里、梅津美希、浅川勇人、遠藤清明、小嶋悠介
  • アシスタントプロデューサー:辰野玲、馬越脇弘章、土屋慶太、菊地裕衣子、阿部優香子
  • ディレクター:長崎玲史、大石展裕、森下和光、舟木商策、長谷川真也、中山康司、林慶遥、田村海、今泰之、近藤賢一
  • チーフディレクター:木津優
  • プロデューサー:菅原悠平
  • ゼネラルプロデューサー:樋口圭介
  • 制作著作:テレビ朝日

脚注[編集]

  1. ^ 木曜となる2日前の1月1日は、元日恒例特番『芸能人格付けチェック』(朝日放送制作)と『相棒元日スペシャル』のため編成は出来ない。
  2. ^ 第1回前は時代劇『信長のシェフ』(第2シリーズ)で、これは『木曜ミステリー』扱いはされない。