THE FOOLS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
THE FOOLS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ブルースロック
ロックンロール
パンク・ロック
活動期間 1980年 - 1986年
1989年 - 1994年
2007年 -
公式サイト THE FOOLS
メンバー 福島誠二(ベース)
村上雅保(ドラムス)
關口博史(ギター)
若林一也(サックス)
旧メンバー 伊藤耕 (ヴォーカル)
青木真一(ギター)
川田良 (ギター)
中島一徳(ベース)
佐瀬浩平(ドラムス)
栗原正明(ギター)
植松孝夫(サックス)
EBBY(ギター)
木戸靖(パーカッション)
高安正文(ドラムス)
サブ(ビブラフォン)
秋山公康(ドラムス)
庄内健(ドラムス)
大島一威(ギター)

THE FOOLS(ザ・フールズ)は、1980年に結成された伊藤耕、川田良を中心とする日本のロックバンド

来歴[編集]

1978年、元ルアーズの伊藤耕(ヴォーカル)と元ワースト・ノイズの川田良(ギター)を中心に、THE FOOLSの前身バンドであるSEXを結成。

初期はストゥージズのカバーなども演奏していたが、次第にオリジナル曲が中心となり、1979年東京ロッカーズの第二世代として発売されたオムニバス・アルバム「東京ニュー・ウェイヴ'79」に2曲参加する。さらにSYZEへと形を変えるが、1年ほどで解散。その後、伊藤は、伊藤耕&ヘヴンとして、川田良は午前四時、ジャングルズなどに参加し、別々にライブ活動を行う。

1980年、伊藤、元村八分青木真一(ギター)、元8 1/2〜自殺〜SYZEの中島一徳(ベース)、元自殺の佐瀬浩平(ドラムス)の4人でTHE FOOLSを結成。

1981年、元ルアーズ〜自殺の栗原正明(ギター)が加入し、ツインギターの5人組になってからはサウンド的にファンキーな要素が増えて行った。

1982年、栗原に代わって川田が加入。

1983年、青木が脱退。日比谷野外音楽堂で行われた伝説的音楽イヴェント「天国注射の昼」に出演。植松孝夫(サックス)が加入。

1984年じゃがたらEBBY(ギター)、木戸靖(パーカッション)が加入。そして、じゃがたらのOTOをプロデューサーに迎え、1st.アルバム「Weed War」を発表。一部の音楽誌で絶賛された。

1985年、EBBYが脱退。元ルアーズ〜SEX〜SYZEの高安正文(ドラム)が佐瀬に代わって加入。さらにサブ(ビブラフォン)も加わり6人編成になる。

1986年、木戸とサブが脱退し、4人編成で活動を続けるが年末をもって活動を停止。

1989年、伊藤、川田、高安、福島誠二(ベース)の新体制となり、活動を再開。

1990年、2nd.アルバム「憎まれっ子世に憚る」、3rd.アルバム「Rhythm & Truth」と立て続けに発表。9月には「フールズ10周年ライブ」を法政大学学館大ホールで開催。山口冨士夫近田春夫篠田昌已菊地成孔など多数のゲストが出演した。

1991年に、湾岸戦争に反対した4th.アルバム(ミニ・アルバム)「NO MORE WAR-地球の上で-」を発表し、精力的な活動を繰り広げるも、1994年頃から活動休止状態となる。

2007年、長い沈黙を破り、伊藤、川田、中島、高安の4人で活動再開。2008年には、福島が中島に代わって復帰。なおTHE FOOLSの活動休止中、川田はJAZZY UPPER CUT、LOVE LETTERS、DEEP COUNT、THE PANTZなどのメンバーとして、伊藤はブルースビンボーズのメンバーとして活動。

その後もドラムのメンバーチェンジを繰り返しながら活動を続けていたが、2014年1月29日、川田が死去。さらに伊藤も麻薬取締法違反による拘留および裁判中で不在の中、福島を中心に活動を継続するが、川田の後任として加入した大島一威(ギター)が死去。

2015年、サポートメンバーであった奇形児の關口博史(ギター)、若林一也(サックス)が正式に加入。

2016年、伊藤が上告し、裁判を続けながら緊迫した状況の中でレコーディングされた25年ぶりの5th.アルバム「REBEL MUSIC」を発表した。[1]

2017年10月16日に伊藤が服役中に死去したことが、翌17日に公式サイトで発表された。月形刑務所出所を40日後に控えていたという。[2]

メンバー[編集]

  • 伊藤耕(ヴォーカル) (1980年 - 2017年)※(1955年10月2日 ~ 2017年10月16日)[3]。ルアーズ、SEX、SYZE、伊藤耕&ヘヴン、ブルースビンボーズにも在籍
  • 川田良(ギター) (1982年 - 2014年)※(1955年4月7日 ~ 2014年1月29日)[4]。ワースト・ノイズ、SEX、SYZE、SPEED、午前四時、ジャングルズ、JAZZY UPPER CUT、LOVE LETTERS、DEEP COUNT、THE PANTZなどにも在籍
  • 青木真一(ギター) (1980年 - 1983年) ※村八分、SPEED、タンブリングス、ウイスキーズ、ティアドロップスなどにも在籍。2014年に肺炎のため死去[5]
  • 中島一徳(ベース) (1980年 - 1986年、2007年-2008年)※8 1/2、自殺、SYZE、ティアドロップスにも在籍
  • 佐瀬浩平(ドラムス) (1980年 - 1985年)※自殺、ティアドロップスにも在籍、2014年に死去(病死)[6]
  • 栗原正明(ギター) (1981年 - 1982年)※ルアーズ、自殺にも在籍
  • 植松孝夫(サックス) (1983年 - 1984年)
  • EBBY(ギター) (1984年 - 1985年)※じゃがたらTOMATOSなどにも在籍
  • 木戸靖(パーカッション) (1984年 - 1986年)
  • 高安正文(ドラムス) (1985年 - 2008年)※ルアーズ、SEX、SYZEにも在籍
  • サブ(ビブラフォン) (1985年 - 1986年)
  • 福島誠二(ベース) (1989年 - 1994年、2008年 - )※グレイトリッチーズ、奇形児にも在籍
  • 秋山公康(ドラムス) (2008年 - 2009年)※ブルースビンボーズなどにも在籍
  • 庄内健(ドラムス) (2009年 - 2012年)
  • 村上雅保(ドラムス) (2012年 - )
  • 大島一威(ギター) (2014年)藻の月にも在籍、2014年に死去(病死)
  • 關口博史(ギター) (2015年 - )※奇形児筋肉少女帯ばちかぶりなどにも在籍
  • 若林一也(サックス) (2015年 - )※THE PANTZにも在籍

レコーディング・ライブに参加した主なミュージシャン[編集]

  • OTO(じゃがたら)(プロデュース)
  • 篠田昌已(じゃがたら)(サックス)
  • 吉田哲治(じゃがたら)(トランペット
  • 松竹谷清(トマトス)(ギター)
  • スティーブ衛藤PINK)(パーカッション)
  • ホッピー神山(PINK)(キーボード
  • 山口冨士夫(ギター)
  • 梅津和時(サックス)
  • Dr.Kyon(ボ・ガンボス)(キーボード)
  • ワタナベマモル(グレイトリッチーズ)(コーラス)
  • 小谷マサキ(ギター)
  • 宇賀秀樹(ザ・スカラベリーズ)(ギター)
  • YASU(奇形児)(コーラス)
  • 石井啓介(キーボード)

ディスコグラフィー[編集]

  • 「Weed War」LP/CD(1984) ※1st.スタジオ・アルバム。2007年に、1984年7月6日渋谷屋根裏での未発表ライブCD、石井聰亙撮影のDVD(約3分)、さらに豪華ブックレットを追加した「Weed War - LEGACY EDITION」として再発。さらに2012年に、リマスタリング&初回限定未発表ライブ音源を収録したボーナスディスク付きの2枚組として再発。
  • 「Silly Blues」ミニ・アルバムLP(1989)
  • 「憎まれっ子世に憚る」CD (1990) ※2nd.スタジオ・アルバム。2007年にライブDVD付で再発。
  • 「Rhythm & Truth」CD(1990) ※3rd.スタジオ・アルバム。2009年に「LIVE FREEDOM」とカップリング2枚組CDで再発。
  • 「WHAT YOU WANT?」CDシングル(1991)
  • 「NO MORE WAR-地球の上で-」CD(1991) ※4th.スタジオ・アルバム(ミニ・アルバム)。湾岸戦争に反対したメッセージソングを収録。2014年に、シングル「WHAT YOU WANT?」の3曲を追加して再発。
  • 「LIVE FREEDOM」LIVE CD(1994) ※2009年に「Rhythm & Truth」とカップリング2枚組CDで再発。
  • 「BABYLON BOMBERS」CD(2012) ※伊藤耕抜きのトリオ編成でのスタジオ録音(旧作のリメイク+新曲)+4人揃った2009年のライブを収録。
  • 「Weed War Party! 」CD+DVD(2013) ※1984年の横浜国立大学でのライブ音源と渋谷ライブインでの映像を収録。
  • 「On The Eve Of The Weed War」CD+DVD(2015) ※1st.アルバム「Weed War」発売以前の1981~1983年までのライブ音源と映像を中島一徳監修によりCD2枚+DVD1枚に収録。
  • 「REBEL MUSIC」CD (2016) ※5th.スタジオ・アルバム。

関連作品[編集]

  • 「東京ニュー・ウェイヴ’79」LP/CD(1979)※オムニバス・アルバム、伊藤耕、川田良、高安正文らが在籍した「SEX」、中島一徳、佐瀬浩平らが在籍した「自殺」のナンバーを各2曲ずつ収録
  • SYZE「UPPER NIGHT」ミニLP(1988)※伊藤耕、川田良、中嶋一徳、高安正文が在籍した「SYZE」の4曲入ミニアルバム
  • SYZE「UPPER NIGHT Revisited」LIVE CD(2009)※ミニLP「UPPER NIGHT」が完全版でCD化、1979年10月の渋谷屋根裏でのライブ、1979年9月に新宿ロフトで行われた東京ロッカーズのイベント「DRIVE TO 80’S」のライブを収録
  • 「天国注射の昼」VHSビデオ(1984)※1983年8月21日、9月17日に日比谷野外音楽堂で行われたイヴェントのオムニバス、THE FOOLSを1曲収録

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ THE FOOLS OFFICIAL HOMEPAGE BIOGRAPHY 来歴は公式サイト・バイオグラフィを参照。
  2. ^ 悲しいお知らせですんません。”. THE FOOLS info (2017年10月17日). 2017年11月21日閲覧。
  3. ^ 伝説のロックバンド「THE FOOLS」ボーカル・伊藤耕さん死去(2017年10月17日)、スポニチアネックス、2017年10月17日閲覧。
  4. ^ THE FOOLSの川田良が死去(2014年1月30日)、ナタリー、2014年1月30日閲覧。
  5. ^ 元村八分の青木真一が肺炎のため逝去(2014年12月18日)、ナタリー、2014年12月18日閲覧。
  6. ^ 2014年4月4日金曜日 サセへの言葉(耕のロックンロールダイアリー2014→)