THE HAPPY END

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
THE HAPPY END
はっぴいえんどライブ・アルバム
リリース
録音 1985年6月15日
国立競技場
ジャンル ロック
ポップス
レーベル CBS/SONY
LP:18AH-1993
CT:18KH-1755
avex io(CD-BOX)
プロデュース HAPPYEND CO.,LTD.
はっぴいえんど 年表
SINGLES
1974年
THE HAPPY END
(1985年)
GREATEST LIVE! ON STAGE
1986年
テンプレートを表示

THE HAPPY END』(ザ・ハッピイ・エンド)は、1985年9月5日に発売されたはっぴいえんど通算2作目のライブ・アルバム

解説[編集]

1985年6月15日国立競技場でのイベント『ALL TOGETHER NOW』にて、12年ぶりに行われたライブの模様を入場~チューニング、演奏~退場までの一部始終を収録したライヴ・アルバム[注 1]。A面収録の3曲はメドレー形式で大滝詠一細野晴臣鈴木茂の順にヴォーカルを担当、B面ではノン・スタンダード・レーベル所属(当時)のアーティストたちがコーラスで参加している。「さよならアメリカ さよならニッポン」での、大滝によるコーラスへの合図はレイ・チャールズ「愛さずにはいられない」(I Can't Stop Loving You)を軽い気持ちで真似たものだという[1]

LPは45回転盤でのリリース。購入者に先着順で『ライブ・アルバム・スペシャル・ブックレット』(非売品)が配布された[注 2]

LP、カセットとも廃盤となっていたが、2004年発売のBOXセット『はっぴいえんどBOX』[注 3]の1枚としてCD化された[注 4]

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. 12月の雨の日
    松本隆 / 大瀧詠一
  2. 風をあつめて
    松本隆 / 細野晴臣
  3. 花いちもんめ
    松本隆 / 鈴木茂

SIDE B[編集]

  1. さよならアメリカ さよならニッポン
    はっぴいえんど / はっぴいえんど、ヴァン・ダイク・パークス

クレジット[編集]

はっぴいえんど
大滝詠一  鈴木茂  細野晴臣  松本隆
Keyboards : Mari
Chorus :  Shi-Shonen (Non-Standard)
World Standard (Non-Standard)
Pizzicato V (Non-Standard)
越美晴 (Non-Standard)
Master of Ceremony :  吉田拓郎
(FOR LIFE RECORDS INC.)
1985.6.15 国立競技場 LIVE RECORDING
Recording Engineer : 田中信一
Remix Engineer :  田中信一
At ONKIO HAUS STUDIO・6st.
Management : 和田博己
Cover Design : 仲條正義
Artwork Coordination : 後藤繁雄
Photograph : 富永民生
Stylist : Miharu Koshi
Hair : 本多三記夫 (BIJIN)
Special thanks to CHIBUMAKER
HAPPYEND PROJECT
(株)キャニオンレコード  (株)CBS·ソニー  テイチク(株)
発売 = (株)CBS·ソニー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ MCは、当日の司会進行役だった吉田拓郎が担当。
  2. ^ アルバム発売に合わせ、はっぴいえんど再結成ラジオドラマ『オールナイト・ニッポンSPECIAL 〜俺たちがはっぴいえんどだ!』(1985年9月4日ニッポン放送、25:00-27:00)が放送された。
  3. ^ 『はっぴいえんどBOX』 2004年3月31日発売 avex io 8CD:IOCD-40051~8
  4. ^ 『はっぴいえんどBOX』のDISC 5『THE HAPPY END』にエクストラ・コンテンツで収録。

出典[編集]

  1. ^ 志田歩、真保みゆき、立川芳雄、能地祐子、萩原健太湯浅学和久井光司「はっぴいえんど全曲ガイド」、『はっぴいな日々』第19巻第10号、株式会社ミュージック・マガジン、2000年7月31日、 106-113頁。ASIN B001FADJZ2