THE King ALL STARS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
THE King ALL STARS
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ブルースロック
ロカビリー
活動期間 2014年 -
レーベル TOWER RECORDS(2014年)
ドリーミュージック(2015年)
公式サイト THE King ALL STARS(キングオールスターズ)OFFICIAL WEB
メンバー 加山雄三ギターボーカル
キヨサク(ボーカル)
佐藤タイジ(ギター、ボーカル)
名越由貴夫(ギター)
古市コータロー(ギター)
ウエノコウジベース
武藤昭平ドラムス
タブゾンビトランペット
高野勲キーボード
山本健太(キーボード)
スチャダラパーパフォーマー

THE King ALL STARS(ザ・キング・オール・スターズ)は日本の歌手・シンガーソングライター加山雄三を中心に2014年に結成された10人編成のロック・バンドである[1]

概要・来歴[編集]

THE King ALL STARSは、2013年に開催された仙台の野外フェスARABAKI ROCK FEST.13」をきっかけに結成されたスーパーバンド[2][3][4]。「東北を元気に!」を掲げて歌う若大将こと加山雄三のもとにロックフェス常連のメンバーが集結[2][3][4]。加山は高野勲(Key)、山本健太(Key)、佐藤タイジ(G)、名越由貴夫(G)、ウエノコウジ(B)、武藤昭平(Dr)からなる「加山雄三 & ARABAKI YOUNG KING BAND」のリードボーカル&リードギターとして出演[5][6]。20代から70代までという幅広い年齢のミュージシャンたちによる圧倒的なロック・サウンドは話題を集め、翌2014年にそのバンドを発展させる形で結成された[1][4]

バンド名は、加山が尊敬するエルヴィス・プレスリーが「THE KING」と呼ばれていたこと、加山(=K)が喜寿にして現在進行形で進化し続ける現役(=ing)であること、そしてスターミュージシャン13名(=KING)が集まったことにちなんで命名[2][6]。そして「THE King & ALL STARS」ではなく「THE King ALL STARS」なのは、加山だけでなくメンバー全員がキングということを意味する[6]

2014年4月にデビューシングル「未来の水平線」をタワーレコード限定でリリースし、7月には1stアルバム『ROCK FEST.』を発表。また同年、『ARABAKI ROCK FEST.14』、『GREENROOM FESTIVAL '14』、『FUJI ROCK FESTIVAL '14』などのロックフェスに出演する。

2015年7月、ミニアルバム『I Simple Say』でドリーミュージックからメジャー・デビューを果たす。

メンバー[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2014年4月16日 未来の地平線 TRJC-1029

アルバム[編集]

スタジオアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2014年7月9日 ROCK FEST. TRJC-1035

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2015年7月22日 I Simple Say MUCD-1324

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]