THE LAST LIVE〜最後の夜〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

THE LAST LIVE〜最後の夜〜(ザ・ラスト・ライブ さいごのよる)は、日本のロックバンドX JAPAN1997年12月31日東京ドームで行った解散コンサート。

解説[編集]

X JAPANは、1997年9月22日に解散を発表し、同年12月31日に本ライブを行った。

Forever Love」演奏時にYOSHIKIとTOSHIが抱き合うシーンがある。

通常、ライブ本編終了後(アンコール前)に行われる、YOSHIKIのドラムの破壊が、このライブでは4曲目の「DAHLIA」演奏後に行われる。この他、ライブの代表曲「X」で「飛べ飛べ飛べ飛べ……」の掛け声はHIDEが行うのだが、本ライブではYOSHIKIが行っている。

ライブの最後、新曲、また最後の曲として「THE LAST SONG」が披露された後、SEとして「Tears」が流れるメンバーが去った後のステージでは、これまでのXの歴史を振り返るフイルムが流された。またそのフィルムの最後では、これまで応援してくれたファンに対する、X JAPANメンバー一同のメッセージが表示された。「Tears」の最後にはドームに花火が上がり、正式にライブ終了となる。

このコンサートの後、X JAPANは『第48回NHK紅白歌合戦』のステージにおいて「Forever Love」を演奏した。前述の通り、YOSHIKIはこのコンサートも『紅白』も「最後ではない」とし、2000年に再結成をする計画を進めていたが(HIDEが死去した際に公表)、HIDEの急逝で計画は幻となった。X JAPANは解散ライブの後からの約10年間、コンサートを開催することはなく(HIDEの葬儀時を除く)、またYOSHIKIとTOSHIが面会することすらなかった。

しかし、2007年に事態は急転し、X JAPANは再結成を果たすこととなる(詳しくは「X JAPAN」、「攻撃再開 2008 I.V.〜破滅に向かって〜」の項を参照)。

現在は廃盤となっている『THE LAST LIVE VIDEO』(DVD、VHS)にはMCや20分以上に及ぶアンコールの映像まで収録されているが、「ENDLESS RAIN」以降の模様は収録されておらず、以降の模様は、TV放送物とTHE LAST SONGCD-EXTRAでしか視聴できない状態にあった(音声のみであれば、ライブCD「The Last Live」で聞くことができた)。

2011年6月11日、YOSHIKIの公式twitterにて、13年越しの編集作業が終了したと書き込みがあった。これほどの時間がかかった理由は、YOSHIKI曰く「辛くて最後まで見られなかったから」。

2011年8月27日にavexの夏フェス「a-nation'11」に出演した際に完全版DVDが10月26日に発売されることがアナウンスされ、10月26日に、通常版と当時のパンフレットの縮小復刻版などが付いたコレクターズBOXの2パッケージで「X JAPAN THE LAST LIVE 完全版」として発売された。

2013年9月25日に「X JAPAN THE LAST LIVE 完全版」の内容がアップコンバートされ、Blu-ray Disc形式で発売された。単体の通常版と、完全生産限定の1993年、1994年、1996年の東京ドームでのライブ(いずれも既にDVD化されていたのもの)とのBOX販売となる「X JAPAN Blu-ray BOX」の2パッケージで発売された。

参加メンバー[編集]

  • YOSHIKI (ドラムス&ピアノ)
  • TOSHI (ボーカル)
  • HIDE (ギター)
  • PATA (ギター)
  • HEATH (ベース)

演奏曲[編集]

セットリスト

アンコール1

アンコール2

アンコール3

閉演