THE MONSTER 〜Someday〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
THE MONSTER 〜Someday〜
EXILEシングル
初出アルバム『愛すべき未来へ
A面 Someday
B面
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル rhythm zone
作詞・作曲
  • ATSUSHI(作詞)
  • miwa furuse(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2009年4月度月間1位(オリコン)
  • 週間1位Billboard Japan Hot 100[6]
  • 週間1位(「Someday」、着うた(R)・レコチョク[7]
  • EXILE シングル 年表
    • THE MONSTER 〜Someday〜
    • (2009年)
    ミュージックビデオ
    「Someday」 - YouTube
    愛すべき未来へ 収録曲
    テンプレートを表示

    THE MONSTER 〜Someday〜』(ザ モンスター サムデイ)は、EXILEの30枚目のシングル。2009年4月15日にrhythm zoneから発売。

    概要[編集]

    前作『LAST CHRISTMAS』から5カ月ぶりのシングル。グループの第三章が開幕し新体制として第1弾となるシングル。「CD+DVD」「CDのみ」の2形態で発売。

    オリコン週間シングルランキングでは3作連続通算7作目の首位獲得となった[8]

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    1. Someday(Vocal:ATSUSHITAKAHIRO) [4:43]
      作詞:EXILE ATSUSHI / 作曲:miwa furuse / 編曲:h-wonder
      新生EXILE(第三章)のスタートを飾ったテーマ曲[10]
    2. THE NEXT DOOR(Vocal:ATSUSHI、TAKAHIRO) [3:42]
      作詞・作曲:lil' showy / 編曲:中野雄太
      本作でCD初収録。
    3. 愛すべき未来へ(Vocal:ATSUSHI、TAKAHIRO) [4:58]
      作詞:ATSUSHI / 作曲・編曲:宅見将典 / ストーリー:岸谷五朗
      岸谷が舞台用に書いたものから触発されたATSUSHIが作詞したバラード[10]
    4. GENERATION(Vocal:ATSUSHI、TAKAHIRO、NESMITHSHOKICHI) [4:18]
      作詞:Kenn Kato / 作曲:BACHLOGIC, ERIK LIDBOM / 編曲:BACHLOGIC
      原曲ボーカル(NESMITH、SHOKICHI)に、ATSUSHI、TAKAHIROを加えた4ボーカルバージョンになっている。
    5. Someday(Instrumental) [4:43]
    6. THE NEXT DOOR(Instrumental) [3:42]
    7. 愛すべき未来へ(Instrumental) [4:58]
    8. GENERATION(Instrumental) [4:12]

    DVD[編集]

    ※CD+DVDのみ

    1. The Beginning of EXILE GENERATION
    2. Someday(Video Clip)
    3. EXILE GENERATION ドキュメント映像
    4. Road to EXILE GENERATON
      • 2009/3/1記者会見用スペシャル映像
      初回限定盤のみ収録。

    楽曲の収録シングル・アルバム[編集]

    他シングル
    オリジナル・アルバム
    ベスト・アルバム

    カバー[編集]

    楽曲 アーティスト 収録アルバム
    Someday EXILE TAKAHIRO, EXILE NESMITH, EXILE SHOKICHI, 今市隆二, 登坂広臣, 片寄涼太, 数原龍友 アルバム『EXILE TRIBE REVOLUTION

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ 有料音楽配信認定 2014年1月”. 日本レコード協会. 2019年2月8日閲覧。
    2. ^ 有料音楽配信認定 2014年1月”. 日本レコード協会. 2019年2月8日閲覧。
    3. ^ 有料音楽配信認定 2009年8月”. 日本レコード協会. 2019年2月8日閲覧。
    4. ^ 有料音楽配信認定 2014年1月”. 日本レコード協会. 2019年2月8日閲覧。
    5. ^ ゴールド等認定作品一覧 2009年4月”. 日本レコード協会. 2019年2月8日閲覧。
    6. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN (2009年4月27日). 2020年10月29日閲覧。
    7. ^ “EXILE、着うた(R)1位獲得回数でレコチョク史上最多記録を更新!”. 株式会社レコチョク. (2012年8月2日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000298.000002747.html 2019年2月8日閲覧。 
    8. ^ 14人の新生EXILE、シングル1位で好スタート”. ORICON NEWS (2009年4月21日). 2020年9月19日閲覧。
    9. ^ a b c 12/2(水)発売、NEW ALBUM「愛すべき未来へ」 タイアップ情報更新!”. EXILE TRIBE OFFICIAL FAN CLUB (2009年12月8日). 2019年5月5日閲覧。
    10. ^ a b 愛すべき未来へ”. EXILE mobile. LDH (2009年). 2019年6月28日閲覧。