THE STAR IN HIBIYA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

THE STAR IN HIBIYA』(ザ・スター・イン・ヒビヤ)は矢沢永吉ライブ・アルバム、およびライブDVD

内容[編集]

1976年7月4日日比谷野外音楽堂にて行われた同名コンサートの模様を収録。前年には同会場でキャロルが解散コンサートを行っており、“ソロ”に転身して帰ってきた矢沢の凱旋コンサートとなった。

参加ミュージシャン[編集]

ライブ・アルバム[編集]

THE STAR IN HIBIYA
矢沢永吉ライブ・アルバム
リリース
録音 1976年1月8日
中野サンプラザ
1976年7月4日
日比谷野外音楽堂
ジャンル ロック
J-POP
レーベル CBSソニー
プロデュース 矢沢永吉
矢沢永吉 年表
A Day
(1976年)
THE STAR IN HIBIYA
(1976年)
ドアを開けろ
1977年
テンプレートを表示

同年11月21日に発売されたライブ・アルバムで、矢沢がソロとなってから初のライブ盤となる。

コンサートでの演奏曲のうち、キャロル時代の作品はすべてカットされており、かわりに同コンサートでは演奏されていない「安物の時計」「キザな野郎」「夏のフォトグラフ」「ライフ・イズ・ヴェイン」の4曲のライブ音源が収録されている(同年1月8日中野サンプラザ公演より収録[1])。

収録曲[編集]

全作曲:矢沢永吉

DISC 1[編集]

  1. 恋の列車はリバプール発
  2. セクシー・キャット
    • 作詞:相沢行夫
  3. トラベリン・バス
  4. キャロル
    • 作詞:相沢行夫
  5. 最後の約束
    • 作詞:相沢行夫
  6. 奴はデビル
    • 作詞:西岡恭蔵
  7. 気ままなロックン・ローラー
    • 作詞:西岡恭蔵
  8. サブウェイ特急
  9. 雨のハイウェイ
    • 作詞:相沢行夫
  10. アイ・ラヴ・ユー、OK
    • 作詞:相沢行夫

DISC 2[編集]

  1. 真夜中のロックン・ロール
    • 作詞:矢沢永吉
  2. ディスコティック
    • 作詞:相沢行夫
  3. ウィスキー・コーク
    • 作詞:相沢行夫
  4. 恋の列車はリバプール発
  5. A DAY
    • 作詞:西岡恭蔵
  6. 安物の時計
    • 作詞:松本隆
  7. キザな野郎
    • 作詞:相沢行夫
  8. 夏のフォトグラフ
    • 作詞:西岡恭蔵
  9. ライフ・イズ・ヴェイン
    • 作詞:西岡恭蔵

DVD[編集]

THE STAR IN HIBIYA
矢沢永吉DVD
リリース
録音 1976年7月4日
日比谷野外音楽堂
ジャンル ロック
J-POP
レーベル 東芝EMI
矢沢永吉 年表
THE FILMS
(2001年)
THE STAR IN HIBIYA
(2001年)
EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR Z 2001
2002年
テンプレートを表示

ライブから25年後に初の製品化[脚注 1]。アルバム未収録のキャロル楽曲が収録され、かわりにアルバム追加収録の中野サンプラザ公演での4曲はカットされている。

収録曲[編集]

  1. OPENING
  2. 恋の列車はリバプール発
  3. セクシー・キャット
  4. トラベリン・バス
  5. キャロル
  6. 最後の約束
  7. 奴はデビル
  8. 気ままなロックン・ローラー
  9. サブウェイ特急
  10. 雨のハイウェイ
  11. 夏の終り
    • 作詞:矢沢永吉
  12. アイ・ラヴ・ユー、OK
  13. 真夜中のロックン・ロール
  14. カモン・ベイビー
    • 作詞:矢沢永吉
  15. ズッコケ娘
    • 作詞:矢沢永吉
  16. ディスコティック
  17. ウィスキー・コーク
  18. ファンキー・モンキー・ベイビー
  19. ルイジアンナ
    • 作詞:大倉洋一
  20. 恋の列車はリバプール発
  21. A DAY
  22. CLOSING(ひき潮)

脚注・出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし「サブウェイ特急」「気ままなロックン・ローラー」「ディスコティック」「ファンキー・モンキー・ベイビー」「恋の列車はリバプール発」の5曲は、1984年9月25日発売のVHS『矢沢永吉ヒストリー』に収録されている。

出典[編集]

  1. ^ 『地球音楽ライブラリー 矢沢永吉』 TOKYO FM出版1997年、27頁。ISBN 4887450036。