THIS TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
THIS TIME
崎谷健次郎シングル
初出アルバム『Realism
B面 THE RIGHT BEAT
リリース
規格 12inchシングルレコード
CDシングル
録音 1988年
ジャンル J-POP
時間
レーベル PONY CANYON SEE-SAW
12inchシングルレコード:
C12A-0652
CDシングル:S10A-0149
作詞・作曲 崎谷健次郎、Bandit
プロデュース 崎谷健次郎、M.I.D
崎谷健次郎 シングル 年表
もう一度夜を止めて
(1987年)
THIS TIME
(1988年)
風を抱きしめて
(1988年)
テンプレートを表示

THIS TIME」(ディス・タイム)は1988年7月21日に発売された崎谷健次郎の通算4枚目のシングル[1]。「THE RIGHT BEAT」(ザ・ライト・ビート)をカップリング曲に収録している。

解説[編集]

  • 崎谷が渡米して感銘を受けて取り入れ、制作されたJ-POPでも最初期のハウスミュージックの作品[2][3]
  • キャッチフレーズは、「これが崎谷のハウスミュージックだ。新しいアレンジとミックスダウンによって、よりダンサブルになったTHIS TIME / REALISM収録の英語バージョン。(B面には新曲を収録)[4]
  • CDジャケットはサングラスを着用した崎谷の顔面ズームアップ写真が採用されている[5]。アート・ディレクションは坂川栄治。フォトグラフは依田恭司郎・坂川栄治。ヘア&メイクはタルモトユミである。
  1. THIS TIME(EXTENDED SCRATCH MIX)
    • 12inchシングルで、EXTENDED SCRATCH MIXとして収録された。
    • オリジナルアルバム未収録曲。
    • 2nd.アルバム『Realism』には、日本語詞バージョンが異なる編曲で収録されている。
    • 1st.ベストアルバム『SAKIYA REMIXED WORKS vol.1 夏』では、日本語詞remixバージョンが収録されている。
    • 4th.ベストアルバム『崎谷健次郎 GOLDEN☆BEST』では、シングルバージョンが収録されている。
    • プロデュース:崎谷健次郎&M.I.D
    • ミックス:井上剛[要曖昧さ回避]
  2. THE RIGHT BEAT
    • オリジナルアルバム未収録曲。
    • プロデュース:崎谷健次郎
    • ミックス:井上剛

収録曲[編集]

  1. THIS TIME(EXTENDED SCRATCH MIX)
    作詞 / 作曲 / 編曲:崎谷健次郎 英語詞:Bandit
  2. THE RIGHT BEAT
    作詞:Bandit 作曲 / 編曲:崎谷健次郎

脚注[編集]

  1. ^ 崎谷健次郎公式ウェブサイト『kenjirosakiya.com』「Discography THIS TIME」
  2. ^ 『たけひろゴールドDIARY~熱血ヒップホップ宣言!~』「THIS TIME」(2011年1月15日付)
  3. ^ 『たけひろゴールドDIARY~熱血ヒップホップ宣言!~』「「THIS TIME」・・・再び」(2011年1月30日付)
  4. ^ 12inchシングル盤附属帯紹介文。
  5. ^ 当該レコードおよびCDジャケット参照。