TIME BREAK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TIME BREAK
スペクトラムスタジオ・アルバム
リリース
録音 1980年8月8日 - 10月1日[1]
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクター
プロデュース スペクトラム
スペクトラム アルバム 年表
スペクトラム2 OPTICAL SUNRISE
(1980年)
スペクトラム3 TIME BREAK
(1980年)
スペクトラム4 SECOND NAVIGATION
1981年
『TIME BREAK』収録のシングル
  1. 「夜明け(アルバ)」
    リリース: 1980年11月21日
テンプレートを表示

スペクトラム3 TIME BREAK』(スペクトラムスリー タイム・ブレイク)は、1980年11月21日に発売されたスペクトラムアルバム

概要[編集]

トランペットの兼崎順一構成による、約20分に及ぶ組曲を前半(アナログ盤のA面)に収録した、実験的要素の強いアルバム。前作の最後から繋がる構成はB面で踏襲された。全曲の作詞をスペクトラム自身が担当している。EW&Fもどき、との一部の批評に対する、スペクトラムからの回答とも言える異色作で、ブラスの入らない曲が存在し、各人のテクニックや個性が強調されている。

収録曲[編集]

A面 LYRISCHE SUITE "RESPITE OF A SOLDIER"(抒情組曲「戦士の休息」)
全作曲・編曲: スペクトラム
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「Vol.I REMINISCENCE(回想)」-スペクトラム
2.「Vol.II LOVE(愛)
(i)HIS NATIVE PLACE(故郷)」
-スペクトラム
3.「(ii)LONGING(思慕)」-スペクトラム
4.「(iii)CHILDREN(子供たち)」-スペクトラム
5.「(iv)GOD(神)」スペクトラムスペクトラム
6.「Vol.III AN ILLUSION(幻夢)〜SOUTH PACIFIC(南太平洋)」-スペクトラム
7.「Vol.IV AWAKENING(目覚め)」-スペクトラム
B面
全作曲・編曲: スペクトラム。
#タイトル作詞作曲・編曲
8.「夜明け(アルバ)」スペクトラムスペクトラム
9.「すべて懺悔だけ」スペクトラムスペクトラム
10.「四季」スペクトラムスペクトラム
11.「あがき」スペクトラムスペクトラム
12.「やすらぎ」-スペクトラム
ボーナストラック(タワーレコード限定盤)
全作曲・編曲: スペクトラム。
#タイトル作詞作曲・編曲
13.「夜明け(アルバ)」(Single Version)近田春夫、スペクトラムスペクトラム
14.「やすらぎ (Love for You)」(Single Version)スペクトラムスペクトラム

曲解説[編集]

  1. LYRISCHE SUITE "RESPITE OF A SOLDIER"(抒情組曲「戦士の休息」)
    Vol.I REMINISCENCE(回想)
    ファンファーレから始まる第1楽章。
  2. Vol.II LOVE(愛)
    (i)HIS NATIVE PLACE(故郷)
    第2楽章は、同一メロディのバリエーションが4トラックにまたがって展開される。第1部はホーンセクションがメロディを奏でる。
  3. (ii)LONGING(思慕)
    第2部はピアノソロ
  4. (iii)CHILDREN(子供たち)
    第3部はリコーダーがメロディを奏でる。
  5. (iv)GOD(神)
    第4部は歌詞付きのア・カペラ。本作ではここで初めてボーカル曲の登場となる。
  6. Vol.III AN ILLUSION(幻夢)〜SOUTH PACIFIC(南太平洋)
  7. Vol.IV AWAKENING(目覚め)
  8. 夜明け(アルバ)
    セイコー腕時計「ALBA」のCMソング。
  9. すべて懺悔だけ
  10. 四季
    ストリングスをフィーチャーしたバラード。新田一郎が初めてファルセット以外の地声で歌っている。
  11. あがき
    ブレッカー・ブラザーズの「Some Skunk Funk」にインスパイアされたであろう楽曲。
  12. やすらぎ
  13. 夜明け(アルバ) (Single Version)
    イントロや間奏がアルバムバージョンと異なる。また、シングルバージョンの歌詞は近田春夫との共作であり、アルバムバージョンとは内容の一部が異なるほか、シングルバージョンにはないパートがある。
  14. やすらぎ (Love for You) (Single Version)
    アルバムバージョンより長い。また、アルバムバージョンはインストゥルメンタルだが、シングルバージョンは歌入りである。

脚注[編集]

  1. ^ ジャケット裏面の表記より。