TJパーキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TJパーキンス
T.J. Perkins
TJパーキンス T.J. Perkinsの画像
プロフィール
リングネーム TJP
TJパーキンス
ピノイボーイ
コブラII
ピューマ
マニック
スーサイド
本名 セオドア・ジェームズ・パーキンス
ニックネーム ヤングパンクロック
身長 178cm
体重 78kg
誕生日 (1984-09-03) 1984年9月3日(34歳)
出身地 アメリカカリフォルニア州
デビュー 1998年
テンプレートを表示

TJパーキンス(T.J. Perkins、1984年9月3日 - )は、米国プロレスラー新日本プロレスLA道場出身。新日本プロレスやTNAで活動。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

地元カリフォルニア州ロサンゼルスで13歳の時にルチャリブレスクールで学び、1999年1月に14歳でプロデビュー。当初の名前はピノイ・ボーイ。年齢を考慮し、マスクで素顔を隠して参戦した。週末に遠征に出かけていたので、金曜日に学校を休むことが多かった。最初の2年間は地元カリフォルニア、ネバダ州アリゾナ州メキシコで活動していた。

新日本プロレス (2001–2011)[編集]

16歳になるとWWEと育成契約を結んでいたUPWに入る。同じクラスにジョン・シナビクトリアがいた。UPWとWWEとの育成契約が終了すると協力関係にあったZERO1に所属、その後新日本プロレスLA道場でトレーニングを開始。リッキー・レジェス、ロッキー・ロメロブライアン・ダニエルソンプリンス・デヴィットらと研鑽をつむ。サモア・ジョーが練習相手だった。"ピノイ・ボーイ"TJパーキンスとして後楽園ホールに外国人レスラーとしては最年少18歳と3週間でデビュー。後年、この時代を最もグローイング・アップした場所と語っている[1]。3度ツアーに参加し、タイガーマスクを模したピューマのマスクを被り、タイガーマスク (4代目)とチームも組んだ。この時のキャラクターが初代タイガーマスクから影響があったこともあり、自らをアメリカ版タイガーマスクにしたいという思いを抱いた。

2004年にヤングライオン杯出場[2]。2011年にTJPとしてベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに初出場した。

CMLL(2003)[編集]

2003年にロッキー・ロメロらと共にCMLLに1年間参戦した。

プロレスリング・ゲリラ(2003–2016)[編集]

"ピノイ・ボーイ"TJパーキンスとしてPWGに参戦。リングネームをピューマに変え、サモア・ジョーとPWG世界タッグ王座トーナメントに挑む敗退。その後シングル路線でリッキー・レジェス、ブラッド・ブラッドリーらと戦った。2005年7月にリングネームをTJパーキンスに改めデイビー・リチャーズゾディアックと抗争した。その後、アレックス・シェリーとタッグも組んだ。2009年の頭にオースチン・エリーズ、Bボーイに負けたのを機に参戦を一時期止める。2011年9月に18ヶ月ぶりに参戦し、エディ・エドワーズに敗れた。2012年にBattle of Los Angeles、2012大会においてジョーイ・ライアンを破るもサミ・キャラハンに負ける。

Ring of Honor(2003-2012)[編集]

2003年12月にROHに参戦。ホミサイドジェイミー・ギブソンと抗争。2005年にはジミー・レイブとタッグを組み、リッキー・レジェスと戦っている。2007年には本名で参戦し、ナイジェル・マッギネスと戦うも敗戦。彼のROHでの初勝利はカイル・オライリーからであった。2011年3月にはクリス・ヒーローエル・ジェネリコと対戦するも敗戦。6月に正式契約。ジェイ・ブリスコジェイ・リーサルマイケル・ベネットと対戦するも敗戦が続いた。マイケル・エルガンとFinal Battle 2011で対戦するも敗戦。2012年にリリース。

Total Nonstop Action Wrestling(2004-2013)[編集]

散発的な参戦[編集]

2004年に初参戦。TNA・エクスプロージョンにジョバーとして出ていた。いくつかのPPVに出場するもバトルロワイヤル形式でほとんど活躍出来なかった。2011年にダークマッチに出場。2012年にTNA・インパクトレスリングにてシャノン・ムーア、ジェネリコに敗退。2013年のインパクトレスリングのダークマッチにてマイケル・パリスと戦った。この年にOne Night Only: X-Travaganzaにてクリスチャン・ヨークと対戦。

マニック(2013–2016)[編集]

マスクマンのスーサイドとして(実際のスーサイドの代わり)インパクトレスリングに出場。その後同じくマスクマンのマニックとして以後出場。クリス・セイビンの返上したTNA Xディヴィジョン王座グレッグ・マラシウロと争い獲得。Lockdown (2014)にてティグレ・ウノとケージマッチで対戦し敗れる。マスクを脱いだ後も2016年の頭まで所属した。

インディー(2004–2016)[編集]

2010年にDRAGON GATE USAエボルブに出場。エボルブでは澤宗紀と対戦し、敗れている。ウエストサイド・エクストリーム・レスリングではザック・セイバー・ジュニアと対戦した。

WWE(2016–2019)[編集]

2009年にFCWを目指すもうまくいかず、一時期ホームレスになったこともあった。2016年、WWEクルーザー級クラシックに参加を発表[3]

2016年9月14日 WWEクルーザー級クラシックトーナメントに優勝し、復活したWWE・クルーザー級王座のチャンピオンに認定される[4]

2017年4月にリングネームをTJPに変更。

2019年2月22日、WWEとの契約解除が発表される。[5]

Impact Wrestling(2019– )[編集]

2019年7月7日、インパクト・レスリングのPPV「Slammiversary XVII」に出場。

新日本プロレス(2019– )[編集]

2019年8月にアメリカで開催された新日本プロレス主催の「SUPER J-CUP 2019」に出場。1回戦ではクラーク・コナーズを破るも、2回戦でエル・ファンタズモに敗れる。

入場曲[編集]

  • Playing With Power - WWE参戦以降の入場曲
  • Devastate

その他[編集]

得意技[編集]

ニー・バー
デトネーション・キック
相手をファイヤーマンズキャリーの体勢で抱え上げ、目の前に落とすと同時に、オーバーヘッドキックで側頭部を蹴り上げる。
チキンウィング・ダブルニー・ガットバスター
相手の背後に回りタイガー・スープレックスの要領で固め、仰け反るように上に持ち上げて一旦静止してから腕のフックを外してうつ伏せに落下した状態から両膝を腹部に当てる、変形ガットバスター。

獲得タイトル[編集]

All Pro Wrestling
  • APW Worldwide Internet Championship :1回
Alternative Wrestling Show
  • AWS Light Heavyweight Championship :2回
Empire Wrestling Federation
  • EWF Tag Team Championship :1回 with Liger Rivera
Mach One Wrestling
  • NWA Heritage Championship :1回
TNA(Total Nonstop Action Wrestling)
United Independent Wrestling Alliance
  • UIWA Lightweight Championship :1回
UWA Hardcore Wrestling
  • UWA Canadian Championship :1回
WWE

脚注[編集]

  1. ^ いよいよ本日開幕!! 初出場の“ヤング・パンクロック”TJPとは何者か?”. 新日本プロレスリング (2011年5月26日). 2015年7月31日閲覧。
  2. ^ これが『SUPER Jr.』参戦、ウワサのTJPだ!今週の“平成金曜夜8時”は、04年ヤングライオン杯! ”. 新日本プロレスリング (2011年4月22日). 2015年7月31日閲覧。
  3. ^ http://battle-news.com/?p=21878
  4. ^ http://aozora-pwresult.com/archives/3703
  5. ^ WWE.com TJP released