TMG I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TMG I
TMGスタジオ・アルバム
リリース
録音 2004年1月5月
ジャンル ハードロック
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
『TMG I』収録のシングル
  1. OH JAPAN 〜OUR TIME IS NOW〜
    リリース: 2004年3月31日
テンプレートを表示

TMG I』(ティー・エム・ジー・ワン)は、日本音楽ユニットB'z松本孝弘を中心に結成されたロックバンドTMG初のオリジナルアルバムである。

概要[編集]

初回限定盤は、シングル曲「OH JAPAN 〜OUR TIME IS NOW〜」のミュージック・ビデオや、ドキュメント映像、メンバープロフィールを収録したDVDが付属。

2004年7月5日付のオリコン週間アルバムランキングで、週間推定売上枚数9万281枚を記録して初登場1位を獲得[1]

収録曲[編集]

  1. OH JAPAN 〜OUR TIME IS NOW〜 (4:09)
    1stシングル曲。
    松本は曲順の際、「1発目にふさわしい曲」と語っていたが、「TMG LIVE "Dodge The Bullet" Tour」ではアンコールラストナンバーで演奏された。
  2. Everything Passes Away (4:40)
    子供のセリフが入った約1分のイントロで始まり、変拍子(7拍子)が多用されている。
    ベースのジャック・ブレイズが作詞を手がけた。また、松本はこの曲の詞が気に入っており、シンプルでいて大人な感じがするという。
    間奏のジャックのセリフは、聖書のヨハネによる福音書第3章第16文からの引用である。
    松本曰く「ある意味TMGを象徴するような曲」。
    ライブではオープニングに演奏された。
  3. KINGS FOR A DAY (3:47)
    松本はリフだけを考えメンバーに渡したようで、歌入り後はMr. Bigみたいだと思ったらしい。
  4. I Know You by Heart (3:33)
    曲の大半が5拍子である。「OH JAPAN 〜OUR TIME IS NOW〜」や「TRAPPED」と共に初期に制作された。
    ドラムブライアン・ティッシーお気に入りの楽曲。
  5. I wish you were here (4:19)
    松本曰く「B'zでは挑戦したことがないタイプの曲」。
  6. THE GREATEST SHOW ON EARTH (3:03)
    2004年8月13日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で披露された[2]
    イントロの三味線のようなギターのアイデアは以前からあり、元々は松本がインスト用に作っていた楽曲だったが、エリック・マーティンが歌えば面白いと思い、取り上げられることになった。そのため、仮タイトルは「三味線ソング」。
  7. Signs of Life (3:50)
    松本はレッド・ツェッペリンを強く意識したと語っており、ジャックもエリックもこのリフがとても好きだという。
  8. RED, WHITE AND BULLET BLUES (4:53)
    イントロは指弾き。元々メロディはなく、メンバーにリフだけの状態で渡し、ジャム・セッションで完成させた。
  9. TRAPPED (3:38)
    1stシングル「OH JAPAN 〜OUR TIME IS NOW〜」のカップリング
    若干ミックスが変わっており、ハードになっている。
  10. My Alibi (3:08)
    本作で唯一ライブで披露されていない楽曲で、リハーサルの時点ではセットリストにあったが、松本曰く「忘れていた」とのこと。
  11. WONDERLAND (4:16)
    松本はアイディアだけを出し、メロディはエリックが書いた。
    当初は「STILL IN WONDERLAND」というタイトルだった。B'zの稲葉浩志同時期に発表したソロ曲とタイトルが重なったのは偶然である。
  12. TRAIN, TRAIN (4:18)
    サビのメロディ以外はエリックが書いた。
  13. Two of a Kind (5:42)
    本作唯一のバラードナンバー。ハモンド・オルガンがアクセントを加えている。
    松本曰く「コード進行が出来たら歌うラインがほとんど決まっちゃう曲」。
    最初はバラードをやらないつもりでいたが、Mr. Bigで数多くのバラードを歌っているエリックがボーカルということで、松本曰く「1曲は書いておこうと思った」と言うことで制作された。
    作詞したジャックは、エアロスミスの「ミス・ア・シング」を意識したという。
  14. NEVER GOOD-BYE (5:02)
    「お別れソング」をという松本の注文を受け、ジャックが歌詞を書いたハードロックナンバー。
    本作で最後に制作され、松本によるとこのアルバムの核となる楽曲らしい。
    2004年12月18日公開の映画『ULTRAMAN』の主題歌に起用され、サウンドトラック集『ULTRAMAN ORIGINAL SOUNDTRACK』に収録された。

タイアップ[編集]

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Oricon Style Ranking Weekly Ranking 2004年7月5日付 アルバム BEST30”. オリコン (2004年7月5日). 2004年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月8日閲覧。
  2. ^ 出演者ラインナップ|ミュージックステーション”. テレビ朝日 (2004年8月13日). 2019年12月8日閲覧。

関連項目[編集]