TNSへのお別れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
TNSへのお別れ
Adieu au TNS
ストラスブール国立劇場
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
製作総指揮 ジャン=リュック・ゴダール[1]
出演者 ジャン=リュック・ゴダール
撮影 ジャン=リュック・ゴダール
編集 ジャン=リュック・ゴダール
上映時間 7分
製作国 スイスの旗 スイス
言語 フランス語
テンプレートを表示

TNSへのお別れ』(ティーエヌエスへのおわかれ、仏語 Adieu au TNS)は、1996年(平成8年)製作のジャン=リュック・ゴダール監督による短篇ビデオ映画である[1]。TNSとは、「Le Théâtre national de Strasbourg」の略称による通称で、ストラスブール国立劇場のことである。

概要[編集]

ストラスブール国立劇場は、1968年10月に演出家俳優のユベール・ジニューと、小説家で当時シャルル・ド・ゴール政権の文化大臣だったアンドレ・マルローが設立したものである。

1995年8月 - 12月にゴダールが撮影した『フォーエヴァー・モーツアルト』が翌1996年に完成、同作のワールド・プレミア上映が同年6月14日サラエヴォで行なわれた[1]が、その前にストラスブールで先行上映されている[2]。同作で「女優」役で出演したベランジェール・アローがTNSのカリキュラムに参加していたことで実現した先行上映だったが、アローとゴダールの関係が終焉したことが、本作を製作する動機となった[2]。ゴダール自身がビデオカメラを回した、非常にパーソナルな作品である。

2006年4月24日 - 8月14日、フランス・パリのポンピドゥー・センターで行なわれた140本にものぼるゴダールの大回顧上映では、本作は上映されなかった[3]

スタッフ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d Roberto Chiesi, Jean-Luc Godard, Roma : Gremese, ISBN 88-8440-259-X, p.114.
  2. ^ a b Glenn Kenny, Some Came Running, Jean-Luc Godard, Robert Brasillach, and Anti-Semitism: Some observations, June 24, 2008.
  3. ^ ポンピドゥー・センター公式サイト内の上映情報記事「Jean-Luc Godard」(2006年4月24日 - 8月14日)の記述を参照。
  • TNS - ストラスブール国立劇場公式サイト