TOKYOナンパストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
TOKYOナンパストリート
対応機種 PC-88FM-7X1MSX
発売元 エニックス
ジャンル ナンパ系ADV
発売日 1985年4月
レイティング なし(発売当時)
キャラクター名設定 進行により可
エンディング数 55
セーブファイル数 なし
画面サイズ 640x200、他
BGMフォーマット PC内蔵音源
キャラクターボイス なし
CGモード なし
音楽モード なし
回想モード なし
メッセージスキップ なし
オートモード なし

TOKYOナンパストリート』(トウキョウナンパストリート、TOKYO NAMPA STREET)は、1985年エニックス(後のスクウェア・エニックス)から発売されたコンピュータゲーム

概要[編集]

エニックスによる「第3回ゲーム・ホビープログラムコンテスト」優秀プログラム賞受賞作で、作者は漫画家の関野ひかる。恋愛シミュレーションゲームの元祖とされる[1]

内容[編集]

いわゆるナンパゲームで、女の子を口説いていくゲーム。

55人のナンパ相手が登録されており、ナンパ成功後は、テンキーによるコマンド入力で会話を進めていく。会話が進むとお色気シーンとなり、目的達成という趣向で、会話が上手く進まないと女の子が帰ってしまう。また、レイプ扱いになって刑務所に送られたり、ナンパした相手が補導員だったり、オカマだったりというバッドエンドも用意されている。

システム[編集]

X1への移植を担当した川俣晶によると、後発のX1版の方が不具合が少なく、また川俣自身が開発したMINI-DOSという簡易なDOSがPC88版とX1版の起動に際して用いられている[2]

逸話[編集]

友人であるさくまあきらによると、この作品が大当たりしたせいで、当時同じENIXで開発を行なっていた堀井雄二(関野と同じ早稲田漫研)が、当時急成長していたファミコンに移ったのに対し、関野はパソコン向けゲームの開発継続を余儀なくされたという[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 作者である関野が代表を務めるアートラクトのホームページで、『「元祖エロゲー」と呼ばれることにかなり抵抗があり「恋愛シミュレーションゲームの元祖」と呼んでほしい』とし、日経クリック臨時増刊号の特集記事「恋愛シミュレーション全カタログ」内で、育成シミュレーションや恋愛アドベンチャーが登場する前の「先駆者たち」の筆頭に挙げられたことを紹介している。
  2. ^ WikiPediaのTOKYOナンパストリートびっくり記述・X1にはDOSがあった! 【▲→川俣晶の縁側→ソフトウェア→技術雑記】
  3. ^ さくまあきらホームページ:仕事人裏日記

関連項目[編集]