TOKYOベストヒット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
伊藤政則のTOKYOベストヒット
ジャンル 音楽バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 1984年2月10日〜1986年10月3日
放送時間 金曜日22:00〜25:00
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 伊藤政則
出演 コント赤信号水島かおりおニャン子クラブ
テンプレートを表示
関根勤のTOKYOベストヒット
ジャンル 音楽バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 1986年10月10日〜1990年3月30日
放送時間 金曜日22:00〜25:00
(1989年4月14日からは22:30〜25:00)
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 関根勤
出演 おニャン子クラブ、うしろ髪ひかれ隊仲村知夏田中律子ほか
テンプレートを表示

TOKYOベストヒット(とうきょう - )は、1984年2月10日から1990年3月30日まで、ニッポン放送金曜日の夜の時間帯で放送されていたラジオ番組である。メインパーソナリティは開始から1986年10月3日まで伊藤政則、1986年10月10日から最終回まで関根勤がそれぞれ担当した。

放送時間は1989年4月7日まで22:00〜25:00、1989年4月14日からは22:30〜25:00(「GENJI GENKI爆発」が22:00〜22:30に放送されていたため)。

概要[編集]

ヤングパラダイス」のパーソナリティがアラジン高原兄から三宅裕司に交替したのと同時期の1984年2月10日に放送開始。初代パーソナリティの伊藤政則の当時は、ニッポン放送の番組表に「ヤングパラダイスフライデースペシャル」のタイトルが入っていた[1]おニャン子クラブがレギュラーに入っていた時は「withおニャン子クラブ」、うしろ髪ひかれ隊がレギュラーの時も同様に「withうしろ髪ひかれ隊」が本番組のタイトルの後ろに付いていた。

初代メインパーソナリティの伊藤政則は、1975年オールナイトニッポンの木曜2部→水曜2部において「カッコマン」という名前で出演していたが、本番組ではその当時同様のノリのトークを展開させていた。1985年2月22日には、マラソンの距離と時間を同じくした「42.195時間マラソンDJ」に挑戦、銀河スタジオ特設ブースから463曲をかけ、摂ったのは栄養剤だけながらも無事に完走している[2]

当初からアイドルがゲストに入ることが多かったが、初期の頃は音楽評論家・伊藤らしく、「LPベスト10」などの音楽コーナーや、コンサート・ライヴレポートのコーナーも存在した。2代目メインパーソナリティ・関根勤に替わってからはほぼバラエティ一色になっている。その一方で1989年3月31日放送(4月1日をまたぐ放送)では消費税導入の瞬間をリポートする[3]など、時折社会派な企画も行ったことがあった。

なお、「ヤングパラダイス」には4〜5本の内包番組が存在していたのに対し、本番組には内包番組は無かった(ヤングパラダイス内の内包番組をネットしている各局には、金曜日放送分をいわゆる裏送りという形でネットしていた)。

番組終了は1990年3月30日。「ヤングパラダイス」が終了したのと同時期であった。

パーソナリティ[編集]

メインパーソナリティ[編集]

共演者[編集]

主なコーナー[編集]

伊藤政則時代[編集]

  • ヤングヒットベスト40[4]
  • LPベスト10
  • 速報スクープちまたの珍相
  • コント赤信号のアイドルCIA[4]
  • ダサイTV(ダサイCM)
  • 面白ベスト3
  • 裏ベスト10
  • 聖徳太子クイズ
  • 爆笑がっちり買いましょう
  • おニャン子の悩み相談室
  • クイズ家族でいいの
  • クイズ2人でドピュ
  • 官能歌謡小説

関根勤時代[編集]

  • ワールドクイズ ザッツ芸能界[5]
  • 大激論!テレフォンジャーナル[5]
  • オールヤング日本一大賞[5]
  • 人間おろし金[5]
  • 我は発明王なり![5]
  • アイドルまな板ショー[5]
  • うしろ髪ネットワーク[5]
  • アキコ・チカ・リツコのわがままネットワーク[5]
  • 受験ドラマ『月星ゆずる明日こそ』[5]
  • 今週のベストヒットアーティスト[5]
  • トップアイドルの有楽町ベストヒット[6]
  • アイドル毒々モンスター[7]
  • シェフ関根10の質問[7]
  • ソクラテス関根の100段論法[7]
  • 危ないフセ字[7]
  • 濡れる声帯[7]
  • 人の好みもそれぞれ[6]
  • 夢の関根企画[6]
  • 組織でドン[6]
  • 久保田利伸私設応援団[6]
  • 大人が泣いた[8]
  • 2人の私・午前と午後[8]
  • 大笑いオープニングコント[9]
  • TOKYOテレフォンクラブ[9]
  • カズー伝言 俺なら当てる![9]
  • 今週の宿題[6]
  • 今週の笑った怒った[9]
  • おニャン子通信

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ラジオ新番組速報版 1986年春号 ニッポン放送のページより。
  2. ^ 月刊ラジオパラダイス 1989年8月号 特集「ニッポン放送35周年グラフィティ」p.38
  3. ^ 1989年3月31日 各新聞ラジオ欄より。
  4. ^ a b BOMB学研)1984年3月号 p.156 - 157
  5. ^ a b c d e f g h i j ラジオ新番組速報版三才ブックス)1988年春号 ニッポン放送のページ(84頁)
  6. ^ a b c d e f ラジオ新番組速報版 1989年春号 ニッポン放送のページ(113頁)
  7. ^ a b c d e ラジオ新番組速報版 1988年秋号 ニッポン放送のページ(100頁)
  8. ^ a b 月刊ラジオパラダイス三才ブックス)1990年6月号 60頁「R・P NEWSパレット アイドルプログラム・ニュース」
  9. ^ a b c d ラジオ新番組速報版 1989年秋号 ニッポン放送のページ(107頁)
ニッポン放送 金曜22:00(22:30)~25:00
前番組 番組名 次番組
恋する電リク・ザ・マイクストロベリーショー
TOKYOベストヒット