TOKYO BOWL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東西大学対抗戦 「TOKYO BOWL」(とうざいだいがくたいこうせん トウキョウ・ボウル)は、2014年に設立された大学アメリカンフットボールの東西親善試合である。

これまで、東西の強豪校同士の対戦は、春季に行われる新チームでの調整・練習試合を目的とした交流戦や定期戦だけであり、秋季の場合は、それぞれの地域におけるリーグ戦だけが行われ、東西の強豪校が直接対決をするのは全日本大学選手権大会決勝を兼ねた「甲子園ボウル」のみであった。

そこで、「甲子園ボウル」とは別に、秋季シーズンでも東西の強豪校が対戦する舞台を提供することを念頭に置き、2014年から甲子園ボウルの前週に、甲子園ボウル出場校以外の旬のチーム同士による東西対抗の招待親善試合を企画し、学生アメフトの話題性をより一層高めることを目指している。なおこの大会は後日スカイ・A sports+にて録画中継される。

大会名「TOKYO BOWL」は大会主催者が登録商標を申請しており、2020年東京オリンピック・パラリンピック[1]の開催機運を盛り上げ、また東京が国際都市としてさらに飛躍するイメージをアメフトに重ね合わせたいとして命名された。トーナメント勝ち上がりの公式戦の大会を除いた招待制ボウルゲームとしては、秋季レギュラーシーズン中唯一のものである[2]

スポンサー[編集]

過去の試合[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アメフトは現在正式種目に指定されておらず、公開競技としても開催されていない
  2. ^ 2015年大会概要より