TOKYO DRIFT IN ODAIBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TOKYO DRIFT IN ODAIBA
東京ドリフト in お台場
イベントの種類 モータースポーツ
通称・略称 D1GP TOKYO DRIFT
正式名称 D1 GRAND PRIX SERIES TOKYO DRIFT IN ODAIBA
開催時期 春季
初回開催 2008年6月7日-8日(土・日曜日)
会場 東京お台場特設会場(東京都江東区青海
主催 D1GP TOKYO DRIFT 製作委員会
企画制作 vg555
お台場NOP地区
東京臨海副都心・青海地区)への交通アクセス
公式サイト

TOKYO DRIFT IN ODAIBA東京ドリフト in お台場(とうきょうどりふと いん おだいば)は、東京都江東区お台場青海)で開催されるD1GPのシリーズレース。及び、エキシビションイベント。

概要[編集]

2008年より、ドリフトマシンによるD1GPシリーズ・エキシビジョンイベントが2日間に渡り開催される。毎年イベントの度にコース・会場が設営される。

大会要項[編集]

ない

イベント[編集]

2008年[編集]

2008 D1GP EXHIBITION TOKYO DRIFT IN ODAIBA
2008年6月7日-8日(土・日曜日)
  • 単走決定戦
  • 追走トーナメント
  • m.o.v.eによる、頭文字Dをモチーフにしたドリフト車(以下の3台)と音楽のコラボ企画を実施。
    • TRUENO・AE86(白/黒)』『RX-7・FC3S(白)』『RX-7・FD3S(黄)』
6月7日(土)エキシビジョンマッチ(1日目)
コースコンディション:ドライ/観衆:22,800人(2日間合計)
単走決定戦 追走トーナメント
順位 NO. ドライバー 得点 速度km/h 順位 NO. ドライバー マシン 型式
1 8 手塚強 100.00 126 優勝 1 熊久保信重 LANCER Evolution IX CT9A
2 3 野村謙 100.00 126 2 4 末永正雄 RX-7 FD3S
3 2 今村陽一 99.95 124 3 2 今村陽一 SILVIA S15
4 15 古口美範 99.90 130 4 6 川畑真人 180SX RPS13
5 4 末永正雄 99.90 130 5 15 古口美範 180SX RPS13
6 14 斉藤太吾 99.90 129 6 14 斉藤太吾 MARK II JZX100
7 1 熊久保信重 99.90 122 7 3 野村謙 SKYLINE ER34
8 6 川畑真人 99.85 116 8 17 内海彰乃 180SX RPS13
9 25 ドリフト侍 99.80 131 9 24 岡村和義 SILVIA S15
10 5 谷口信輝 99.80 128 10 30 藤尾勉 RX-7 FD3S
11 12 佐久間達也 99.80 119 11 5 谷口信輝 IS220 IS220-Z
12 19 春山隆 99.70 124 12 19 春山隆 LAUREL C35
13 24 岡村和義 99.60 127 13 8 手塚強 SKYLINE BNR32
14 30 藤尾勉 99.50 126 14 11 平岡英郎 IMPREZA GDB
15 11 平岡英郎 99.50 123 15 25 ドリフト侍 RX-7 FD3S
16 17 内海彰乃 99.50 122 16 12 佐久間達也 SILVIA S15
上位16名→追走トーナメント戦へ
6月8日(日)エキシビジョンマッチ(2日目)
コースコンディション:ドライ/観衆:22,800人(2日間合計)
単走決定戦 追走トーナメント
順位 NO. ドライバー 得点 速度km/h 順位 NO. ドライバー マシン 型式
1 25 ドリフト侍 100.00 134 優勝 2 今村陽一 SILVIA S15
2 5 谷口信輝 100.00 131 2 6 川畑真人 180SX RPS13
3 6 川畑真人 100.00 127 3 4 末永正雄 RX-7 FD3S
4 4 末永正雄 100.00 127 4 8 手塚強 SKYLINE BNR32
5 21 猪瀬徹 100.00 126 5 13 日比野哲也 LEVIN AE86
6 28 廣田友和 100.00 125 6 5 谷口信輝 IS220 IS220-Z
7 8 手塚強 100.00 125 7 25 ドリフト侍 RX-7 FC3S
8 3 野村謙 100.00 123 8 15 古口美範 180SX RPS13
9 2 今村陽一 100.00 119 9 3 野村謙 SKYLINE ER34
10 14 斉藤太吾 100.00 118 10 12 佐久間達也 SILVIA S15
11 15 古口美範 99.95 131 11 16 黒井敦史 180SX RPS13
12 13 日比野哲也 99.95 131 12 21 猪瀬徹 SILVIA S15
13 16 黒井敦史 99.95 126 13 17 内海彰乃 180SX RPS13
14 12 佐久間達也 99.95 125 14 14 斉藤太吾 MARK II JZX100
15 11 平岡英郎 99.95 123 15 28 廣田友和 Verossa JZX110
16 17 内海彰乃 99.90 127 16 11 平岡英郎 IMPREZA GDB
上位16名→追走トーナメント戦へ

2009年[編集]

2009 D1GP EXHIBITION TOKYO DRIFT IN ODAIBA
2009年5月23日-24日(土・日曜日)
  • 単走決定戦
  • 追走トーナメント
  • TEAM ORANGEによる、ドリフト車とダンスチームのコラボ企画を実施。
5月23日(土)エキシビジョンマッチ(1日目)
コースコンディション:ドライ/観衆:23,549人(2日間合計)
単走決定戦 追走トーナメント
順位 NO. ドライバー 得点 順位 NO. ドライバー マシン 型式
1 5 川畑真人 100.00 優勝 14 古口美範
DUNLOP with KOGUCHI POWER
180SX RPS13
2 25 高山健司 99.65 2 21 時田雅義
GOODYEAR Racing ZERO CROWN
CROWN GRS180
3 10 日比野哲也 99.47 3 7 田中一弘
YUKE'S Team ORANGE
IMPREZA GDB
4 3 野村謙 99.45 4 25 高山健司
R Magic D1 Racing
RX-7 FD3S
5 7 田中一弘 99.32 5 5 川畑真人
Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS
180SX RPS13
6 16 内海彰乃 99.30 6 27 織戸学
Team BANDOH with NATS
ARISTO JZS161
7 24 水畑力 99.15 7 3 野村謙
BLITZ
SKYLINE ER34
8 13 黒井敦史 99.12 8 9 斎藤太吾
週刊コミックバンチ DRIFTプロジェクト
MARK II JZX100
9 14 古口美範 99.02 9 10 日比野哲也
Droo-P
TRUENO AE86
10 27 織戸学 99.00 10 13 黒井敦史
Team TOYO TIRES DRIFT with リバーサイド
SILVIA PS13
11 9 斎藤太吾 98.97 11 1 今村陽一
Team BOSS with POTENZA D-1 Project
SILVIA S15
12 8 上野高広 98.75 12 16 内海彰乃
フリーク・インサイド
SILVIA PS13
13 6 手塚強 98.70 13 11 佐久間達也
Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS
SILVIA S15
14 21 時田雅義 98.70 14 6 手塚強
GOODYEAR Racing B324R with Bee☆R
SKYLINE BNR32
15 11 佐久間達也 98.65 15 24 水畑力
チーム HPI レーシング
SILVIA S15
16 1 今村陽一 98.62 16 8 上野高広
TP Checker with T&E
SOARER JZZ30
上位16名→追走トーナメント戦へ
5月24日(日)エキシビジョンマッチ(2日目)
コースコンディション:ウェット→ドライ/観衆:23,549人(2日間合計)
単走決定戦 追走トーナメント
順位 NO. ドライバー 得点 順位 NO. ドライバー マシン 型式
1 10 日比野哲也 99.62 優勝 6 手塚強
GOODYEAR Racing B324R with Bee☆R
SKYLINE BNR32
2 1 今村陽一 99.50 2 3 野村謙
BLITZ
SKYLINE ER34
3 19 高橋邦明 99.17 3 1 今村陽一
Team BOSS with POTENZA D-1 Project
SILVIA S15
4 8 上野高広 99.12 4 10 日比野哲也
Droo-P
TRUENO AE86
5 27 織戸学 99.07 5 25 高山健司
R Magic D1 Racing
RX-7 FD3S
6 25 高山健司 98.92 6 27 織戸学
Team BANDOH with NATS
ARISTO JZS161
7 5 川畑真人 98.82 7 21 時田雅義
GOODYEAR Racing ZERO CROWN
CROWN GRS180
8 21 時田雅義 98.82 8 28 末永直登
YUKE'S Team ORANGE
LANCER Evolution IX CT9A
9 24 水畑力 98.75 9 11 佐久間達也
Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS
SILVIA S15
10 28 末永直登 98.47 10 13 黒井敦史
Team TOYO TIRES DRIFT with リバーサイド
SILVIA PS13
11 11 佐久間達也 98.45 11 8 上野高広
TP Checker with T&E
SOARER JZZ30
12 13 黒井敦史 98.45 12 30 フェデリコ・シェリフォ
Lo Sceriffo Team Orange with ADVAN
IMPREZA GDB
13 6 手塚強 98.30 13 19 高橋邦明
GOODYEAR Racing with Do-Luck
CHASER JZX100
14 3 野村謙 98.25 14 20 今村隆弘
Team SAMURAI Project AJITO with Area g
RX-7 FC3S
15 20 今村隆弘 98.25 15 5 川畑真人
Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS
180SX RPS13
16 30 フェデリコ・シェリフォ 98.12 16 24 水畑力
チーム HPI レーシング
SILVIA S15
上位16名→追走トーナメント戦へ

2010年[編集]

2010 D1GP SERIES ROUND 1
2010年3月27日(土曜日)
  • D1GPシリーズ開幕戦
    • 単走決定戦
    • 追走トーナメント
2010 D1GP EXHIBITION「D1GP ALL STAR SHOW」
2010年3月28日(日曜日)
  • TEAM ORANGEによる、ドリフト車とダンスチームのコラボ企画を実施。
  • 単走世界一決定戦 - 世界一を決めるドリフトバトル。1台で走行し、点数を競うトーナメント戦。
  • ドリフト車庫入れ対決 - ドリフト状態からの車庫入れ。2台で走行し、点数を競うトーナメント戦。
  • ドリームマッチ追走バトル - 人気投票による選抜メンバーの夢の対決。2台で走行し、点数を競うトーナメント戦。
3月27日(土)D1GP SERIES ROUND 1
コースコンディション:ドライ/観衆:21,955人(2日間合計)
単走決定戦 追走トーナメント
順位 NO. ドライバー 得点 順位 NO. ドライバー/チーム マシン 型式 シリーズ
ポイント
1 6 川畑真人 99.93 優勝 1 今村陽一
M7 BOSS SGC with DUNLOP
SILVIA S15 25
2 5 日比野哲也 99.80 2 5 日比野哲也
Team UP GARAGE with DRoo-P
TRUENO AE86 21
3 4 末永正雄 99.70 3 6 川畑真人
Team TOYO TIRES DRIFT with GP SPORTS
180SX RPS13 18
4 15 織戸学 99.70 4 4 末永正雄
M7 RE雨宮 SGC with TOYO TIRES
RX-7 FD3S 16
5 1 今村陽一 99.60 5 12 高山健司
R Magic D1 Racing
RX-7 FD3S 13
6 43 サム・ヒュビネット 99.56 6 14 古口美範
KOGUCHI POWER
180SX RPS13 12
7 14 古口美範 99.53 7 3 野村謙
BLITZ
SKYLINE ER34 11
8 26 内海彰乃 99.53 8 15 織戸学
MAX with NATS D1 Project
ARISTO JZA80 10
9 3 野村謙 99.50 9 7 熊久保信重
YUKE'S CUSCO Team Orange with ADVAN
LANCER
Evolution X
CZ4A 8
10 32 田所義文 99.50 10 43 サム・ヒュビネット
Team VERTEX
SOARER JZZ30 7
11 12 高山健司 99.46 11 10 時田雅義
GOODYEAR Racing ZERO CROWN with Bee☆R
CROWN GRS180
12 13 高橋邦明 99.43 12 2 手塚強
GOODYEAR Racing B324R with Bee☆R
SKYLINE BNR32
13 30 松川和也 99.30 13 26 内海彰乃
RC926 with inside D1 Project team
SILVIA S13
14 2 手塚強 99.26 14 32 田所義文
Quarter Mile with USED AUTO PARTS TADOKORO
TRUENO AE86
15 7 熊久保信重 99.23 15 13 高橋邦明
GOODYEAR Racing with Do-Luck
CHASER JZX100
16 10 時田雅義 99.23 16 30 松川和也
DROOP
SC430 UZZ40
上位16名→追走トーナメント戦へ
3月28日(日)D1GP EXHIBITION(単走世界一決定戦)
コースコンディション:ドライ/観衆:21,955人(2日間合計)
単走決定戦(1回戦) 単走決定戦(2回戦) 単走決定戦(決勝)
順位 NO. ドライバー マシン 型式 点数 順位 NO. ドライバー 点数 順位 NO. ドライバー 点数
1 1 野村謙 SKYLINE ER34 99.86 1 2 織戸学 99.96 優勝 6 川畑真人 100.00
2 3 今村陽一 SILVIA S15 99.80 2 6 川畑真人 99.90 2 1 野村謙 100.00
3 22 中村直樹 SILVIA S15 99.76 3 1 野村謙 99.83 3 3 今村陽一 99.90
4 15 上野高広 M3 E92 99.70 4 8 手塚強 99.83 4 2 織戸学 99.30
5 2 織戸学 ARISTO JZA80 99.63 5 3 今村陽一 99.80 5 8 手塚強 98.80
6 12 時田雅義 CROWN GRS180 99.63 上位5名→決勝戦へ 決勝戦
7 6 川畑真人 180SX RPS13 99.60
8 9 松井有紀夫 180SX RPS13 99.60
9 20 内海彰乃 SILVIA S13 99.60
10 8 手塚強 SKYLINE BNR32 99.46
上位10名→2回戦へ
D1GP EXHIBITION(ドリームマッチ追走バトル)
3月28日(日)コースコンディション:ドライ
順位 NO. ドライバー マシン 型式 備考
優勝 3 今村陽一 SILVIA S15
BEST4 5 日比野哲也 SC430 UZZ40 ※AE86が故障の為、松川和也のSC430を借用。
BEST4 6 川畑真人 180SX RPS13
BEST4 25 末永直登 LANCER Evolution IX CT9A
BEST8 2 織戸学 ARISTO JZA80
BEST8 7 熊久保信重 LANCER Evolution X CZ4A
BEST8 8 手塚強 SKYLINE BNR32
BEST8 24 フェデリコ・シェリフォ IMPREZA GDB
BEST16 1 野村謙 SKYLINE ER34
BEST16 4 末永正雄 RX-7 FD3S
BEST16 11 斎藤太吾 CHASER JZX100
BEST16 14 ドリフト侍 RX-7 FC3S
BEST16 45 マイク・ポラッド 180SX RPS13

ダンスイベント[編集]

2009年より、熊久保信重末永直登らによるドリフトパフォーマンスチーム『Team ORANGE(チームオレンジ)』[1]とダンスチームを融合したイベント限定の特別ユニット『Team ORANGE』を結成。同じ舞台でドリフトマシンとダンスが行われる。

大会関係者[編集]

審査員
大会出場者
ダンスイベント
  • TEAM ORANGE
ゲスト

メディア[編集]

TV[編集]

2008年
  • 『D1 グランプリ EX TOKYO DRIFT in お台場』 - (テレビ東京、2008年7月21日 12:00 - 13:00)
2010年
  • 『D1 グランプリ EX TOKYO DRIFT in お台場』 - (テレビ東京、2009年6月7日 16:00 - 17:00)
2010年
  • 『D-1 グランプリ TOKYO DRIFT in お台場』 - (テレビ東京、2010年4月24日 16:00 - 17:15)
  • 『D1 KING!2010 Rd1「TOKYO DRIFT in DAIBA」』 - (BSフジ、2010年4月26日 2:30 - 3:00)

DVD[編集]

V-OPTより発売。

2008年
  • V-OPT vol.179「TOKYO DRIFT IN ODAIBA on SUNDAY」(2009年1月26日)
    • 日曜日の模様を収録。
  • 「2008 TOKYO DRIFT IN ODAIBA」(2008年7月12日発売)
    • 土曜日の模様を収録。
2009年
  • V-OPT vol.184「TOKYO DRIFT IN ODAIBA on SUNDAY」(2009年6月26日発売)
    • 日曜日の模様を収録。
  • 「2009 TOKYO DRIFT IN ODAIBA on SATURDAY」(2009年7月7日発売)
    • 土曜日の模様を収録。
2010年
  • V-OPT vol.194「TOKYO DRIFT IN ODAIBA on Saturday」(2010年4月26日発売)
    • 土曜日の模様を収録。
  • 2010 TOKYO DRIFT ALL STAR「TOKYO DRIFT IN ODAIBA on Sunday」(2010年4月24日発売)
    • 日曜日の模様を収録。ローソンの予約特典に特製A2判ポスター。
  • 「TOKYO DRIFT in ODAIBA PERFECT SET」(2010年5月18日発売)
    • 土曜日、日曜日の模様+特典映像DVDの3本セット。
    • ローソン限定販売のセット、予約特典に特製A2判ポスター。

脚注[編集]