TOKYO FM番組一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エフエム東京 > TOKYO FM番組一覧

TOKYO FM番組一覧(トウキョウエフエムばんぐみいちらん)は、エフエム東京(TOKYO FM)で放送されている、もしくは過去に放送された番組の一覧である。番組編成の歴史についてもこちらで記載する。

概要[編集]

  • TOKYO FMは「全国FM放送協議会(JFN)のキー局」として、全国ネット番組を多く抱えている(平日早朝、夜および土日の大部分)。そのため、ほぼ全編ローカルの競合他局と比べて編成や内容面の自由が効きにくい状況である(ただし、朝の番組は東京ローカルの時間帯もある)。
  • 一方、ほとんどの時間が自社制作となっているため、JFNネットワーク向けのジャパンエフエムネットワーク制作の番組は、数えるほどしか放送されていない。また、穴埋め程度での放送の場合もあり、最短1か月でラジオ番組を打ち切るケースもしばしばある。
  • かつては頻繁に成田国際空港(1978年(昭和53年)5月までは東京国際空港)の国際線フライトインフォメーションを行っていたが、現在では平日朝の『クロノス』内で、東京国際空港(羽田空港)国内線のフライトインフォメーションが放送されている。
  • ジングルにのせてサテライトスタジオ・「TOKYO FM Midtown Studio」の宣伝やラジオコマーシャルの広告主募集の案内(Try! 80[リンク切れ])を流していた。これは他の在京各局には見られない特徴であった。
  • 1989年忌野清志郎が率いた覆面バンド「ザ・タイマーズ」がフジテレビ系『ヒットスタジオR&N』(生放送)に出演した際、放送禁止用語を交えながらFM東京を痛烈に罵倒する内容の歌を歌った(「FM東京」事件)。だがその後、FM東京『キャッチ・ザ・ポップ』でRCサクセションの曲『雨上がりの夜空に』がかかっている。2018年までは、忌野やRCサクセションの曲に関しては一部流されたことがあるもののザ・タイマーズは流れることがなかったが、2019年1月16日の『SCHOOL OF LOCK!』内にてザ・タイマーズの『デイ・ドリーム・ビリーバー』が放送された。
  • 2000年、フジテレビの月9ドラマ天気予報の恋人』の中に出てきた『FM SOPHIA』でTOKYO FMと同じキャラクターが使われていた。
  • 2003年、『コスモアースコンシャスアクト・アースデー・コンサート』を生放送中、忌野が予定に無い『あこがれの北朝鮮』を歌ったため、1分間程度経過した直後に突如生放送を遮断し、リスナーやファンからのメッセージ紹介に差し替えた。TOKYO FMは「予定に無かった曲なので、放送を控えた」と述べている。
  • 2007年7月5日、見えるラジオの経済チャンネル『ビジネストレンド』内で毎週土曜日に放送していた番組「とれたてブーム」の内容中、2005年4月から2007年6月までの約2年間に放送された計115本中、106本がインターネットサイトからの盗用が判明し、6月16日に同番組の放送を打ち切ったと発表して謝罪した。番組は30代女性ライターが1人で制作を担当していた。
  • 2010年3月29日午前0時から40分間、放送用電源の障害が原因で無音状態となる放送事故が発生し、『渡辺貞夫ナイトリー・ユアーズ』『天才ピアニスト横山幸雄のピアノでめぐり逢い』の2番組がネット局やradikoiPhoneでのサイマル配信を含め聴取できない状態となった[1][リンク切れ]
  • 祝日は通常の番組編成ではなく、「ホリデースペシャル」と題して特別番組が編成される(土日に祝日が重なる場合は除く)。終了後には再び通常通りに戻る。

番組編成の歴史[編集]

開局 - 1980年代[編集]

1970年昭和45年)4月26日、エフエム東京の前身にあたるFM東海を引き継ぐ形でFM放送を開始した。開局から1980年代半ばまでは、時報CMのスポンサーであったトリオ(現・JVCケンウッド)をはじめ、FMステレオ放送を高音質で聴取するための音響機器メーカーの多くが番組スポンサーを務めており、『DIATONE ポップスベスト10』、『Lo-Dライブコンサート』[2]、『TDKオリジナルコンサート』などが、代表的な番組として親しまれた。また、4チャンネルステレオがブームであった1970年代前半には、山水電気がスポンサーとなり、同社のQS方式を使った4チャンネル音声での放送も実施されている。

FM東海で、1959年6月1日から1970年4月25日まで放送されていた放送していた東海大学付属望星高等学校の授業番組『望星高校講座』は、FM東京に引き継がれ、日曜・祝日を除く平日の早朝と夜間(朝5:00-6:30と夕方18:30-20:48)の枠を使って放送され、のちに『高校通信教育講座』の番組名となり、1988年(昭和63年)まで放送していた[3]

1985年(昭和60年)まで、関東地方の民放FM局はFM東京1局のみだった。同年10月に群馬県FM群馬、12月には神奈川県FM横浜が開局する。1988年(昭和63年)8月には、山梨県エフエム富士[4]、10月には東京都J-WAVE埼玉県エフエム埼玉が開局し、1989年平成元年)10月には、千葉県ベイエフエムが開局した。その中でもJ-WAVEは、東京都では2つ目の民放FM局として、FM東京の直接的なライバル局となった。

開局20周年の年となった1990年(平成2年)10月1日、これらの新しい局に対抗したイメージアップとして、愛称(ステーションネーム)を現在の「TOKYO FM (TFM)」に変更する。

1990年代[編集]

愛称が「FM東京」であった時期(1990年9月まで)は、ゴールデンタイムは前述の『高校通信教育講座』を除き1時間単位の番組が並び、またこれらの番組を含め、全日であらかじめ流れる楽曲が決まっている番組が多く、編成全般を通じて落ち着いた印象があった。しかし、1980年代後半からのライバル局の増加やネット局を抱える事情から、生放送を中心にした構成のものへと変化していく。また選曲についても、ポピュラー音楽やクラシック音楽を中心にしながら、邦楽(純邦楽)を扱う番組も放送されていたものの、1990年代に入ると、生放送のワイド番組を中心に、トークの合間に音楽を放送していく番組構成に変化し、音楽主体のJ-WAVEと激しい聴取率争いを展開した。

ワイド番組の多くは、出演者や番組内容・コンセプトの大幅な変更を実施した際でも新番組にはせず、番組タイトルはそのまま使用するケースが非常に多く見られた。その代表例が午前の『FMソフィア』、昼の『アフタヌーンブリーズ』、夕方の『エモーショナル・ビート』、夜の『ミリオンナイツ』等である。しかし番組タイトルだけを流用して、改編前と内容が大きく異なる番組を継続させる手法は、リスナーにとって番組内容を誤解させるものであり、それまで番組に愛着を持っていたリスナーを、エフエム東京の番組から徐々に離れさせる結果となり、2000年代の聴取率長期低下の引き金となる。

1990年代中盤までは、J-POPを『ジャパニーズ・ポップス・リフレイン』という表現を用いて放送していた[5]。1996年(平成8年)に、東京都区部に第3のFM局「InterFM」が開局した。

2000年代[編集]

1990年代後期からの聴取率の低下傾向に対し、2002年4月1日に平日のワイド番組を中心に大幅な番組改編を実施。また、これまでの手法とは一転し、改編期ごとの新番組が目立つようになる。しかしその後も聴取率の改善は見られず、J-WAVEに加え、徐々に埼玉県の(送信所を移転し、関東全域で聴けるようになった)FM局・NACK5の台頭が顕著となり、2004年4月の聴取率調査(首都圏)でFM全局中、NACK5がJ-WAVEと同率ではあるが初の首位を獲得する結果となり、その後もFM3局三つ巴の激しい聴取率首位争いではあるが、事実上は“J-WAVEとNACK5との首位争い”にTFMが一歩遅れて続く構図になる。

2006年4月3日から平日のワイド番組を中心に、4年ぶりの大幅な番組改編を再び実施。朝はこれまでJFN加盟局の地方局向けに放送されているJFNC制作の番組編成とは一線を画していたが、ラジオ業界全体が広告収入の減少等厳しい環境の中、番組制作の効率化の観点から、これまでTFMとJFNCから番組供給を受けていたJFN地方局で異なる平日朝のワイド番組を統合し、『Eyes on Japan』がTFM制作としてスタート。昼には、かつて平日夜に放送され人気を博した『ミリオンナイツ』の初代DJ赤坂泰彦を起用。平日21時からの日替わりの番組では録音番組である3番組をJFNCから供給を受けるという構成になった。2007年4月から1年間、長年TFM制作だった土曜朝ワイド番組枠でJFNC制作『SATURDAY ON THE WAY』を放送。また、2008年4月から平日昼『ONCE』が朝と同じくTFM制作・JFNC番組となり、2009年4月から平日夜にJFNC配給『A・O・R』を開始した。TFMからJFNCへの配信やJFNCからTFMへの配給が増加した事により、他局に比べてローカル色が薄くなっていた。

2008年10月1日にはCIを導入し、キャッチフレーズを現在の「80.Love TOKYO FM」とした。

2009年から、毎週月曜日を「Green Monday」と称して、グリーン電力を活用した放送を行っている。公式サイトのトップ画面も緑色をベースとしたものに変更される。

2010年度[編集]

2010年4月26日に開局40周年を迎えた。TOKYO FMは、それを見据えて4月1日から平日のワイド番組を中心に、再び4年ぶりの大幅な番組改編を実施した(改編率52%)。 (PDF)

まず、朝の放送基点時間を6時に変更(タイムテーブル上は5時起点だが、実際の番組構成上は6時であったため)。JFNCでは12年ぶりとなる。よって、『クロノス』は6時スタートとなる。昼から夜にかけては11時半から22時までの番組が総入れ替えとなり、昼と夜のTFM/JFN共同制作枠は消滅した。深夜は引き続きJFN B2プログラムとして『扉-TO VILLA-』と『音楽自由区。』が始まり、金曜は『やまだひさしのラジアンリミテッドF』(金 25:00 - 29:00)がスタート(一部番組は枠移動)。

2010年秋、夕方と深夜早朝の枠が変わることになった。夕方の『4ROOMS』は結果的にJ-WAVEの『GROOVE LINE Z』やNACK5の『NACK AFTER5』に惨敗し、半年で改編。10月からは堀内貴之を起用した『シンクロノシティ』(のち『シンクロシティ』)がスタート。それと同時に『JOGLIS+』は20分の内包番組として『シンクロノシティ』へ。また、『JOGLIS+』の内包コーナーであった『TIME LINE』は独立枠とした(結果として以前放送の『Bible』と似た形式)。また、『RADIO DRAGON』は枠拡大となった。深夜早朝はJFNC同時ネットの『音楽自由区。』を打ち切り、新たにクラシック音楽で構成する『SYMPHONIA』をスタートさせた。

2013年春には日中帯を中心にリニューアル。新番組2本、夕方の番組を昼間に移動、また早朝の『クロノス』も枠を拡大するなど、放送枠のみで見ると、2000年代前半と同じような編成となっている。
一方で、2008年より編成してきた土曜朝の生ワイドは再び撤廃し、JFNCの『COAST TO COAST』(ファイル配信番組)とFM OH!の『サタ☆スポ』(生放送番組。6時台のみ)という2つのネット番組へと変わった。その後、『World BPM - Best Pops Morning-』の放送開始で生放送を再開している。

2017年1月16日より昼ワイドである『LOVE CONNECTION』を東京と大阪の2局ネットとしたうえで、金曜は大阪から、ほかの曜日は東京から生放送する体制とした。ランチタイムの生放送を同局から他局へ向けて生放送するのは初めてである(かつての『ワールド・オブ・エレガンス』などはすべてあらかじめ収録してあったものである)。なお、この編成は2018年3月で取りやめられ、月〜木は東京ローカルに復し、金曜は東京のスタジオから東京と大阪へ向けてネットされている。

順調に築き上げてきた『クロノス』や『TIME LINE』が2016年以降迷走してくると平日早朝や平日宵の口はテコ入れ・補強を繰り返し番組を継続させようとするが、2017年10月改編で『TIME LINE』が19:00スタートに短縮されて以降裏番組[6]に食われて2018年10月改編を乗り切れず終了の告知が発表された。一方の『クロノス』も2018年3月までアシスタントを務めてきた同局の高橋万里恵アナ(テレビ局関西テレビ放送に在籍する同姓同名のアナウンサーとはまったくの別人)を卒業させて月曜日から水曜日はケリー・アン、木曜日・金曜日は綿谷エリナを2018年4月以降アシスタントに起用してから苦戦する。2018年10月改編でケリー・アンをアシスタント卒業させ、綿谷エリナを月金通しのアシスタントに配置直しさせるが、2019年3月で終了することになった。『TIME LINE』の後継は元々17:00-19:00で放送していた「Skyrocket Company」を再度19:52まで拡大させることで対応している。一方、『クロノス』の後継はジャパンエフエムネットワークと共同制作による新ワイド『ONE MORNING[7]を立ち上げる。その際放送終了時刻を再び9:00まで伸ばすなど編成の見直しを行なう。

その一方で金曜23時[8]や日曜午後など新たなる編成迷走番組も近年増えて、それらの解消・改善に向けた突然の玉突きによる移動番組も続出している。[9]一方でFMOH!(エフエム大阪)制作のネット番組とは距離を置く方向でいるため関係の修復が遅れている。[10] しかし、リスナーの中には『サントリー・サタデー・ウェイティング・バー』の復活を求む声や『キユーピー・ハートオブサンデー』の再開を求む声が未だに多いが大人の事情でどちらとも復活には至っていない実情である。

番組表[編集]

  • 午前 5:00起点で、24時間終日放送(日曜深夜 26:00 - 29:00(月曜未明)休止)
  • 但し、レイティング聴取率調査週間)期間中を中心に不定期で、上記休止時間に特別番組が編成される場合がある。
  • ▲印…東京・大阪2局ネット番組
  • 【M】・・・Midtown Studioから生放送していたことを表す


随時、TOKYO FM NEWSニューススポーツ)、TOKYO FM トラフィックレポート交通情報)・ドライバーズ・インフォを放送する。

現在[編集]

(2019年06月17日現在)

平日
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
5 00 ラ・ラ・トーキョー - ケリーアン
55 法人会「賢者の名言」 - 魚住りえ
6 00 ONE MORNING- 鈴村健一ハードキャッスル エリザベス(TOKYO FM、JFNC制作)
▽6:25 LOVE & HOPE 〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜(一部地域時差ネット)

6:30-6:44 JFNフルネット

▽6:30 TODAY'S AGRI NEWS
▽6:40 コスモアースコンシャスアクト 未来へのタカラモノ
▽6:55 MY OLYMPIC - 高橋尚子荒川静香(隔週出演)(JFNフルネット)
7

7:00-7:30 JFNフルネット

▽7:00 BEHIND HEADLINE
▽7:10 リポビタンD TREND NET
▽7:19 (月・水・金)ジブラルタ生命 Heart to Heart ありがとう、先生! - 純名里沙  (火 - 木) KUMON 笑顔100点満点♪ - 古賀涼子
▽7:20 ベスト3総研/(金)なるほど! 交通安全
▽7:40 ▲ Song Of Life
8

8:00 - 8:20 JFN全国ネット(一部地域を除く)

▽8:00 SUZUKI TODAY'S KEY NUMBER
▽8:10 Honda Smile Mission - SHEILA塚地武雅(隔週出演)、ルーシー☆インザスカイ、太田唯
9 00 Blue Ocean - 住吉美紀
10
11 00 ディア・フレンズ - 坂本美雨(JFNフルネット) 00 松任谷由実のYuming Chord
松任谷由実
(JFNフルネット)
30 LOVE CONNECTION - LOVE 30 ▲ LOVE CONNECTION
FRIDAY

LOVE
55 TOKYO FM NEWS
12 00 鈴木おさむと小森隼の相談フライデー
鈴木おさむ
小森隼
GENERATIONS
from EXILE TRIBE
13 00 高橋みなみの これから、何する? - 高橋みなみ
00 TOKYO SPORTS GOOD
中西哲生
小川麻希
55 TOKYO FM NEWS
14 00 TOKYO SOUNDS GOOD
KEN THE 390、砂糖シヲリ
▽14:55 MY OLYMPIC α - 荒川静香 or 高橋尚子(JFNフルネット、JFNC制作)
15 00 シンクロのシティ - 堀内貴之MiO
▽15:50 あぐりずむ - 川瀬良子(JFNフルネット)
16
▽14:55 MY OLYMPIC α - 荒川静香 or 高橋尚子
(JFNフルネット、JFNC制作)
16:50 賀来賢人 "KENTO'S CLUB" - 賀来賢人 (JFNフルネット) 55 ドライバーズ・インフォ
17 00 Skyrocket Company
マンボウやしろ浜崎美保
00 三井ホーム presents
キュレーターズ
~マイスタイル×ユアスタイル~
田中麗奈
25 ドライバーズ・インフォ
30 松任谷正隆の
…ちょっと変なこと聞いていいですか?
松任谷正隆
55 ドライバーズ・インフォ
18 00 OKAMOTO'S
SHOCK THE RADIO
powered by G-SHOCK - OKAMOTO'S
(JFN9局ネット)
24 感じて、漢字の世界(再)
30 Tokyo Midtown presents
The Lifestyle MUSEUM[11]
ピーター・バラカン中村亜裕美
55 ドライバーズ・インフォ
19 00 ▲oggi otto presents
chay Heart Station
chay
30 チケットぴあ presents 足立梨花のアニだちっ!
足立梨花
19:52 未来授業 59 TRAFFIC REPORT
20 00 ホメラニアン - (月・火)犬山紙子、(水・木)関口舞  00 超特急 FM STATION
30 FESTIVAL OUT
大抜卓人
▽20:55 TOKYO FM NEWS
▽20:55 TOKYO FM NEWS
21
21:30 ジュグラーの波〜澤と美音のまるっと経済学〜
- 向井地美音(AKB48) 澤昭人
21:30 リアル頑張ってる途中
- 私立恵比寿中学
21:30 TS ONE J-BREAK
- 黒江美咲
21:30 博多大吉 愛のスコールアワー
- 博多大吉
55 TOKYO FM NEWS 55 ドライバーズ・インフォ
22 00 SCHOOL OF LOCK! - とーやま校長あしざわ教頭(JFNフルネット)
▽22:15 Aqours LOCKS! (毎月1週目) - Aqours、LiSA LOCKS! (毎月2週目) - LiSA
▽22:15  GIRLS LOCKS!
 平手友梨奈欅坂46) (3週目)、高橋ひかる(4週目)
00 SCHOOL OF LOCK! FRIDAY
とーやま校長、あしざわ教頭
(JFNフルネット)
▽22:00 学校運営戦略会議①
▽22:15 SCHOOL OF LOCK! 応援部
▽22:30 セカオワ LOCKS!
SEKAI NO OWARI
▽22:45 学校運営戦略会議②
▽22:55 きみのこえがききたい。(一部地域は別番組、詳細はSCHOOL OF LOCK!#22時台5分枠のコーナーを参照) 55 ドライバーズ・インフォ
23 ▽23:00 BATTLE QUIZ SCHOOL 4ORCE
▽23:07 ARTIST LOCKS!
Perfume LOCKS! Perfume(月曜)
アレキサンドLOCKS!  [Alexandros](火曜)
ミセスLOCKS!Mrs. GREEN APPLE(水曜)
サカナ LOCKS! サカナクション(木曜)
00 SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY
マンボウやしろ教授
(JFNフルネット)
▽25 サカナ LOCKS!
- サカナクション
55 TOKYO FM NEWS
24 00 JET STREAM - 大沢たかお(JFNフルネット)
55 TOKYO FM NEWS(JFNニュースをネット)
1 00 水樹奈々のMの世界
水樹奈々
エフエム愛媛で遅れネット)
00 THE QUARTER
GRANRODEO
00 蒼井翔太 Hungry night 00 でんぱCh.
〜TOKYO DEMPA INTERNATIONAL〜

- 古川未鈴藤咲彩音でんぱ組.inc
00 やまだひさしの
ラジアンリミテッドF

やまだひさし(JFN37局ネット[12]
30 JACK IN THE RADIO
逹瑯ムック
30 林青空のアオゾラウタ
林青空
30 MURO presents
KING OF DIGGIN'
MURO、ACKA-CHIN
30 ヘアメイク河北裕介の
Be yourself

河北裕介
2 00 ON THE PLANET
(月)武田俊(火)玉川太福(水)綿谷エリナ
00 武部聡志のSESSIONS
武部聡志(JFNC制作)
3 00 大家志津香のウィズモ!-WIZ MOMENT-
(木)大家志津香
00 RADIO DRAGON -NEXT-
菅野結以
4 00 Memories & Discoveries 朝倉あき(JFNC制作) 00 SYMPHONIA 小山ジャネット愛子
週末
土曜日 日曜日
5 00 COAST TO COAST - 假野剛彦(JFNC制作)  00 サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン - 野島裕史 (JFNC制作)
30 いのちの森 voice of forest - 高橋万里恵(JFNフルネット、時差放送)
55 ドライバーズ・インフォ
6 00 Ready Saturday Go - 綿谷エリナ
7:00 丸山茂樹 MOVING SATURDAY - 丸山茂樹
00 日曜アートサロン 和錆 - SAKI、バロン山崎
30 ブルボン presents Shining Star - 森麻季(JFNC制作)
55 ドライバーズ・インフォ
7 00 Nestlé presents CHEER UP! MORNING - 平松愛理(FM OH!制作)
30 ▲ アース製薬 Dream Shot 〜輝け!ゴルファー - 松本あゆ美 30 NAGOMI Setouchi - 古賀涼子(東京発7局ネット[13]
7:55 Ready Saturday Go 55 ドライバーズ・インフォ
8 00 杉咲花のFlower TOKYO - 杉咲花
20 感じて、漢字の世界 - 山根基世 (JFNフルネット、時差放送)
30 ▲ Peace of Mind:土曜の朝のサラ・オレイン 30 セブンカフェ presents SOUND IN MY PREMIUM LIFE - 小西真奈美
55 防災 FRONTLINE 55 ドライバーズ・インフォ
9 00 ノエビア Color of Life - 唐橋ユミ 00 Artist File -THE VOICE-
30 あぐりずむ WEEKEND - 川瀬良子(JFNフルネット、時差放送) 30 太田胃散 presents DAIGOのOHAYO-WISH!! - DAIGO
(@FM・TOKYO FM・FM OH!の3局ネット)
50 暮らしのいきものずかん - 川瀬良子
55 ドライバーズ・インフォ
10 00 TOYOTA Athlete Beat - 藤木直人伊藤友里(JFNフルネット) 00 Panasonic Melodious Library - 小川洋子藤丸由華(JFNフルネット)
30 YKK AP presents 皆藤愛子の窓café~窓辺でcafé time~ - 皆藤愛子
(JFNフルネット)
50 WILKINSON Only One Music - 島村仁(JFNフルネット)
55 Weekend Navi from TOKYO TOWER 55 ドライバーズ・インフォ
11 00 秋元才加とJOYのWeekly Japan!! - 秋元才加JOY
(JFNフルネット、時差放送)
00 KOSÉ Your Songs Best10 - 眞鍋かをり(JFNフルネット)
25 F.C.TOKYO SPIRIT
30 MINTIA Refresh Music - 仲田雄一(東名企画ネット[14] 30 木村拓哉 Flow supported by GYAO! - 木村拓哉(JFNフルネット)
55 ドライバーズ・インフォ
12 00 Grand SEIKO THE NATURE OF TIME
石丸幹二
00 WELLNET presents 旅めし - 田中美保(JFNフルネット)
25 Yakult presents 小さな小さな物語(JFNフルネット)
30 COUNT ON JAPAN - ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ 30 DUNLOP presents LOVE UNITED - 今井美樹 (JFNフルネット)
55 ドライバーズ・インフォ
13 00 JA全農 COUNTDOWN JAPAN - ジョージ・ウィリアムズ安田レイ
(JFNフルネット)
00 ENEOSpresents DREAMS COME TRUE 中村正人のENERGY for ALL
中村正人(DREAMS COME TRUE)
(JFNフルネット、FMぐんまは時差放送、山梨放送和歌山放送にも時差ネット)
53 KUMON 全国の大学生 笑顔100点満点リレー(JFNフルネット)
55 DUNLOP presents みらい図鑑(JFNフルネット)- 吉田美穂 55 ▲ Renault Sunday voyage
14 00 福山雅治 福のラジオ - 福山雅治(JFNフルネット) 00 山下達郎のサンデー・ソングブック - 山下達郎(JFNフルネット)
55 TOKYO CLIPPER 55 ドライバーズ・インフォ
15 00 COSMO POPS STATION - 板谷由夏(JFNフルネット) 00 SUNDAY'S POST - 小山薫堂宇賀なつみ(JFNフルネット) 
30 東京海上日動 Challenge Stories 〜人生は、挑戦であふれている〜 - 恵俊彰
(JFNフルネット)
50 P.S.MUSIC - 宇賀なつみ(JFNフルネット)
55 ドライバーズ・インフォ
16 00 KIRIN BEER "Good Luck" LIVE - 小籔千豊(JFNフルネット) 00 ももいろクローバーZのSUZUKI ハッピー・クローバー!
ももいろクローバーZ
(週替わりで2名)、清野茂樹(JFNフルネット)
55 西武グループ presents スマイルオアシス 55 ソニー損保presentsハイウェイ★ソウルフード - 川瀬良子
17 00 ピートのふしぎなガレージ(JFN37局ネット・時差放送)
50 TIMELESS MUSIC
00 NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE - 安部礼司
(JFNフルネット)
55 ドライバーズ・インフォ
18 00 yes!〜明日への便り〜 presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ
長塚圭史(TOKYO FM・FM OH!・FM長野エフエム軽井沢ネット)
00 DIG GIG TOKYO! - ファーストサマーウイカ(スペシャル枠の場合あり)
30 Sparkle Life - 本仮屋ユイカ
55 ドライバーズ・インフォ
19 00 霧島リラックスタイム 焼酎ダイニング J-Fairy YASU - 安めぐみ
(JFN14局ネット)
25 ドライバーズ・インフォ
00 TOKYO FM サンデースペシャル
30 MAST presents 奥華子 Room No.875 - 奥華子
55 ドライバーズ・インフォ 55 毎日に夢中〜感動プロデューサー 小林章一
20 00 CITY GIRLS MUSIC - 安田レイ (JFNC制作) 00 ▲Pocky ラジアン サンデー - やまだひさし
30 東京プラネタリー☆カフェ - 篠原ともえ 30 ENGLISH JUKEBOX - 加藤友朗 武田玲奈
55 ドライバーズ・インフォ
21 00 ODAKYU SOUND EXPRESS - 角松敏生 00 SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記 - 草野マサムネスピッツ
(JFN37局ネット・時差放送)
30 JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE
一木広治Chigusa
55 ドライバーズ・インフォ
22 00 Dream HEART - 茂木健一郎(JFNフルネット) 00 ▲ Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り - 江原啓之
25 TOKYO FM ブランニューソング
30 MY OLYMPIC STORY - 池松壮亮(JFNフルネット、JFNC制作) 30 野沢の雅子さん - 野沢雅子
55 ドライバーズ・インフォ 55 TOKYO FM NEWS
23 00  桑田佳祐のやさしい夜遊び
桑田佳祐(JFNフルネット)
00 鈴木敏夫のジブリ汗まみれ - 鈴木敏夫(JFNフルネット)
30 木村カエラ cosmic☆radio - 木村カエラ(JFNフルネット)
55 TOKYO FM NEWS
24 00 柏木由紀のYUKIRIN TIME - 柏木由紀AKB48/NGT48)(JFN14局ネット) 00 澤本・権八の
すぐに終わりますから。
澤本嘉光権八成裕
30 マスメディアン 妄想の泉 - ハヤカワ五味 30 KOTOBAR - 小西利行
1 00 OTOBAKO〜いつも心に音楽を〜
宮島咲良/小堺翔太(JFNC制作)
00 空想メディア - 高須光聖
30 SHOWROOM主義 - 前田裕二 30 リミックスZ - 山田五郎中川翔子(JFNC制作)
2 00  アイドラ男子夜会 - I Don't Like Mondays. 2:00 - 5:00 放送休止
30 風とロック - 箭内道彦(JFNC制作)
3 00 715 - DJ KAORI
30 和楽器バンド鈴華ゆう子の 日本が好きになっちゃうラジオ - 鈴華ゆう子和楽器バンド)(JFNC制作)
4 00 椎名へきる みたいラジオ - 椎名へきる
30 トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ - 田中美登里

過去[編集]