TOKYO FM 夜のワイド番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

TOKYO FM 夜のワイド番組とは、エフエム東京(TOKYO FM)キーステーション全国FM放送協議会(JAPAN FM NETWORK、JFN)全国ネットで月曜 - 金曜の22時から24時にかけて放送されるワイド番組の放送枠の総称である。

遍歴[編集]

1982年4月1日にスタートした『サントリー・サウンドマーケット』(22:00 - 22:55)に端を発する。当時は23時台は10 - 15分の番組が連なる編成であった。エフエム群馬三重エフエム放送エフエム富士では未ネット、エフエム大阪では放送時間が異なった。『サウンド・マーケット』は『阪急アワー スクリーン・グラフィティ』を動かすことができず、21時台に放送していた。大阪でも同時ネットとなったのは1989年のことである。

1990年、エフエム東京が愛称をTOKYO FMに制定すると、金曜日のみ分割し、"IMAGICAL EARTH STATION"というゾーン編成が誕生する。これ以降約25年近くにわたっては月 - 木と金曜で番組構成や成り立ちが異なるようになる。

月 - 木[編集]

1992年4月1日、『サウンド・マーケット』と『JT Yeah! Yeah!』(23:00 - 23:25)の枠が統合して新たに『EARステーション〜耳の穴』がスタートし、ワイド番組としての礎が誕生する。また、番組構成はこれまでを引き継ぐように【22時台】【22:55の5分枠(差し替え可能枠)】【23時台】となり、この構成は、2020年現在も引き継がれている。

1993年4月、『赤坂泰彦のミリオンナイツ』が誕生。これまでの「音楽主体」のコンセプトから、「トーク主体の深夜放送」のコンセプトへ変わっていき、10代を中心に高い人気を得た[1]

1997年10月、内藤忠山中崇志が『ミリオンナイツ』を引き継ぐと、10代向けの最新ヒットソングが多く選曲されていくようになる。22時台には帯番組も登場した。しかし、番組タイトルだけを流用し、改編前と内容を大きく変更させたことで、多くのリスナーが離れてしまった。

1999年4月、『やまだひさしのラジアンリミテッド』が放送を開始。放送内容やリスナーのターゲット層は『ミリオンナイツ』とほぼ変わっていないが、若年層への定着と吸い上げをおさめる。当初は月 - 木の22:00 - 23:25枠での放送だったが、2000年10月より、水曜のみ23:55までの放送[2]に、2001年4月から、月 - 火も放送時間が23:55までに拡大[3]、2001年10月より、月 - 木通して22:00 - 23:55までの放送となった[4]

2002年10月、『ラジアンリミテッド』が深夜帯へ移動するにあたり、『MOTHER MUSIC - 37FM -』が開始。『ミリオンナイツ』以前の「音楽主体」へコンセプトを転換し、メインターゲット層も10代後半 - 20代とやや高めに設定された[5]

2004年4月、『MOTHER MUSIC』から『MOTHER MUSIC RECORDS』へと変わり、『EARステーション〜耳の穴』のような日替わりパーソナリティが登場する構成がとられた。

2005年10月、『SCHOOL OF LOCK!』が誕生。『ミリオンナイツ』や『ラジアンリミテッド』のような「トーク主体」の構成となり、メインターゲット層も10代に据えた番組が再び編成された。

[編集]

前述の"IMAGICAL EARTH STATION"編成によって22時台には『踊るマチュピチュ』、23時台には『MBJ SOUND TRIP』という番組が誕生した。しかし、1993年にはこれらが統合され『HEAVYMETAL BOMBER』(22:00 - 23:25、和田誠)が誕生。金曜日もワイド番組化され、1996年には『スーパーフライデー オールジャパンベスト20』(22:00 - 23:55)となる。98年に『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』が22:00 - 22:30に移動してきた後も2000年までワイド枠を務めた。

2000年からは放送枠が分割され、22時台は『 - What's UP SMAP!』と『広末涼子のRHラブ・アンリミテッド』の2本立て、23時台は『山崎まさよしのフライデー・パワー・セッション』へと変わる。

2001年秋、22時台は『優香@net』の放送で55分枠となり、23時台に『 - What's UP SMAP!』が移動した。この時間構成は2018年8月まで続く。

2005年10月、22:00 - 22:55に『SCHOOL OF LOCK! FRIDAY』が放送開始。『SCHOOL OF LOCK!』は事実上月 - 金の帯番組となった。また『 - FRIDAY』は2007年4月 - 2010年9月、2016年7月 - 9月は『 - What's UP SMAP!』を挟んで2部構成で放送されていた。

2018年8月、23:00 - 23:55に『コエチャン! -VOICE CHAMPION GRANDPRIX-』が放送開始。以降、23時台は55分番組の構成が続いている[6]

2019年4月、23時台に『SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY』(『SCHOOL OF LOCK!』の派生番組)が放送開始。

2020年1月、『SCHOOL OF LOCK! FRIDAY』が23:55まで放送拡大。23時台はARTIST LOCKS!が2本放送されていた(23時台前半は「セカオワLOCKS![7]→「LiSA LOCKS!」、後半は「サカナLOCKS!」)。

2021年4月、23時台に『SCHOOL OF LOCK! 教育委員会』(『SCHOOL OF LOCK!』の派生番組)が放送開始。『SCHOOL OF LOCK! FRIDAY』は22:55までに再び短縮された。

脚注[編集]

  1. ^ それまで赤坂がJFN向けに放送していた『FMナイトストリート PAJAMA PRESS』と同様のコンセプト。
  2. ^ 事実上、2000年3月改編から23:50まで放送されていた。
  3. ^ 2001年3月に『それゆけ!ナイトバスターズ』(23:25 - 23:55)が終了したことによる
  4. ^ 木曜日は金曜から移動してきた『MUSIC QUEST〜Mt.GROOVE 2000』→『ジョン・レノン・カレイドスコープ』の終了による。
  5. ^ 2003年4月、JFNの番組ネットを開始したKiss-FM KOBEは、fm osakaとの番組や編成調整のためか2004年秋まで当該枠はネットしていない。
  6. ^ 『コエチャン! - 』は2018年12月で終了、2019年1月から3月は『mysta presents 松本王国-きんぐだむ-』を放送。
  7. ^ 2020年3月まで

関連記事[編集]