TOMO (DA PUMP)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
TOMO
出生名 谷口 知広
生誕 (1981-02-02) 1981年2月2日(40歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県
ジャンル J-POP
職業 ダンサー振付師歌手俳優デザイナー
活動期間 2004年
レーベル エイベックス・グループ
SONIC GROOVE
事務所 ライジングプロダクション
公式サイト DA PUMP OFFICIAL WEBSITE

TOMO (トモ、 1981年2月2日 - )は、日本のダンサー、振付師、歌手で男性ダンス&ボーカルグループ・DA PUMPのメンバーである。本名、谷口 知広(たにぐち ともひろ)。愛知県尾張旭市出身。血液型はAB型[1]。主なダンスジャンルはクランプヒップホップカポエイラ[1]。所属事務所ライジングプロダクション。所属レコード会社はエイベックス・グループレーベルSONIC GROOVE)。名古屋観光文化交流特命大使[2][3]

人物[編集]

  • 尾張旭市立三郷小学校[4]愛知県立瀬戸西高等学校卒業[5]
  • ダンスユニット、WEIDER BOYZのメンバー。KAMIKAZE CLOWNZにはKIMIと共に所属[1]
  • 高校3年生でダンスに出会う。 2001年よりカポエイラの帯取得をきっかけにロサンゼルスに渡る。2004年に映画『RIZE』に出会いKRUMPにはまり、KRUMPを日本に持ち帰り広めようと活動している。帰国後、バックダンサー、PV、CM出演など活躍[1]。ロサンゼルスにはその後も毎年の様に訪れて現地のダンスに触れ、振り付けに活かしている。シュートダンスから「U.S.A.」のいいねダンスを生み出すことにも繋がった。
  • 2008年12月18日DA PUMPに新メンバーとして加入。
  • 芸術センスを持ち合わせ、DA PUMPのライブロゴや、衣装のデザインをすることもある[1]
  • 音源や動画の編集もこなしDA PUMPの活動を支えている[6]DAICHIの発案で「Do it!宙にジャンプ」(「」のカップリング曲)のMVを制作した際にはその技術を活かし構成・編集を行った[7]
  • 楽曲制作も行い[8] 自身がMCのラジオ番組「渋谷女子企画」のエンディングテーマ曲にも採用されている[9][10]。ライブではラップコーラスを担当することもある。
  • DA PUMP公式ブログをスタートから現在までコンスタントに更新し続けている。表立った活動が無い時期もブログやSNSを使って発信し続けてきた。2020年の緊急事態宣言中もSNSで回ってきたバトンを全て行い次の人に繋げるだけでなく、ダンス動画やインスタライブなど活発に活動していた。
  • Blue Printにも所属[11]。ダンサーが主要キャストを務める演劇ダンスの枠に捉われない舞台に、結成以降、毎年出演している。
  • DA PUMPでの担当カラーは黄色。好きな色はターコイズブルー
  • ドレッド髪型が特徴的だが短髪時代も様々なヘアスタイルを自分のものにしグループのビジュアルアクセントを担っていた。
  • 地元の愛知県をこよなく愛している[1]。喋ると名古屋弁が出る。
  • 身長175cm、体重60kg。靴のサイズは27[12]~28[13] cm
  • 大のダウンタウン好きでふたりの出身地尼崎の聖地巡りや楽曲の動画制作[14] を行い、レギュラー番組のDVD発売イベントにも参加している。「U.S.A.」がヒットし出演した「HEY!HEY!NEO!」で初共演し念願叶って目の前でのパフォーマンス披露と座りトークを果たした。収録の夜には感極まり、収録日の9月27日(放送は同年10月1日)をダウンタウン記念日とした[15][16]
  • お笑い好きでもあり、レギュラー番組の「OH!舞DA PUMP!!」できつねとコラボして音楽ネタを作りお笑いライブに飛び入り参加したことがある。
  • 高校時代からスノーボードを始め、数年前にスノボ熱が再燃、冬は頻繁に雪山に出かけている。複数のスノーボーダーと親交がありスノーボード選手の冨田せな・るき姉妹と共に滑りながら指導を受けることもある[17][18]
  • 「怒ったら負け」がモットー。事務所の後輩から“TOMOさんは仏”と言われる。
  • 食べ物の好き嫌いがなくコンビニのパンもA5ランクの肉も美味しさは一緒という味覚の持ち主。ポテトが好きで頼まれなくても後輩におごり食べさせるというポテハラをしてしまう。辛い物好き。
  • 2021年5月3日、以前より予告していた自身のYouTubeチャンネル[19] を開設、8日に初の生配信を行うことを告知した。通称を「アメちゃん」とし以後活発に動画をDROPしている。

振付[編集]

楽曲[編集]

その他[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ネット配信[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

全てBlue Printの公演[56]

  • Blue Print Vol.1「アグレソの石」(2012年6月14日 - 17日、新宿SPACE107、脚本:西条みつとし、脚色・演出:大関真
  • Blue Print Vol.2「死神パレード」(2012年12月12日 - 日、浅草橋アドリブ小劇場、脚本:福田昌平、脚色・演出:大関真)
  • Blue Print Vol.3「DORON!」(2013年6月6日 - 9日、新宿SPACE107、脚本:西条みつとし、脚色・演出:大関真)
  • Blue Print Vol.4「Monkey Magic」(2014年6月25日 - 6月29日、シアターグリーンBIG TREE THEATER、脚本:西条みつとし、脚色・演出:大関真)
  • Blue Print Vol.5「鬼ヶ島」2015年6月24日 - 6月28日、CBGKシブゲキ!!、脚本:西条みつとし、脚色・演出:大関真)
  • Blue Print Vol.6「RAT BOY」(2016年6月23日 - 6月27日、CBGKシブゲキ!!、脚本:大竹浩一DA PUMP DAICHIゲスト出演
  • Blue Print Vol.7「父親参観日」(2017年8月2日 - 8月6日、CBGKシブゲキ!!、脚本・演出:福島カツシゲ[57]
  • Blue Print Vol.8「BASHAAAAAAAN!!」(2018年5月9日 - 5月13日、俳優座劇場、脚本・演出:おおたけこういち[58]
  • Blue Print Vol.9「SHOWとコント」(2019年7月31日 - 8月4日、CBGKシブゲキ!!、脚本・演出:おおたけこういち)8月1日ゲスト出演[59]
  • Blue Print Vol.10「TORI STORY~ウィーキャンフラーイ~」(2020年7月31日 - 8月2日、CBGKシブゲキ!!、脚本・演出:おおたけこういち)[60]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f DA PUMP OFFICIAL WEBSITE” (日本語). DA PUMP OFFICIAL WEBSITE. 2019年7月10日閲覧。
  2. ^ 名古屋観光文化交流特命大使”. 名古屋市公式サイト. 2021年3月3日閲覧。
  3. ^ DA PUMP TOMO「名古屋観光文化交流特命大使」を就任!”. DA PUMP OFFICIAL WEBSITE (2020年12月2日). 2021年3月3日閲覧。
  4. ^ より, Mattie Dietrich. “DA PUMP TOMO!母校訪問” (日本語). 尾張旭市立三郷小学校. 2021年8月11日閲覧。
  5. ^ Tomohiro Taniguchi” (英語). www.facebook.com. 2021年8月11日閲覧。
  6. ^ D.A.M. #1 : TOMO - Theme Song of Dance And More”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  7. ^ Do it!宙にジャンプ Member's Edit Ver.”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  8. ^ 「In my head...」”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  9. ^ DA PUMP:TOMO作曲の「HOOD.」4/6ラジオ生放送中に公開!”. ライジングプロダクション公式サイト (2018年3月22日). 2021年3月3日閲覧。
  10. ^ 【渋谷女子企画】 2018.04.06放送分”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  11. ^ Blue Print公式サイトPROFILE”. Blue Print公式サイト. 2021年2月2日閲覧。
  12. ^ DA PUMP TOMO公式2016年07月19日”. Instagram. 2021年2月2日閲覧。
  13. ^ †コメント返し†”. DA PUMP Official Blog (2013年9月4日). 2021年2月2日閲覧。
  14. ^ 浜田ばみゅばみゅ なんでやねんねん踊ってみた!”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  15. ^ TOMO(DA PUMP)公式2018年9月27日”. Twitter. 2021年3月3日閲覧。
  16. ^ TOMO(DA PUMP)公式2020年5月1日”. Twitter. 2021年3月3日閲覧。
  17. ^ プロスノーボーダーと滑ってみた!【Ep.1】”. YouTube. 2021年5月27日閲覧。
  18. ^ 【ノーカット版】プロスノーボーダーと滑ってみた!【Ep.5】”. YouTube. 2021年5月27日閲覧。
  19. ^ DA PUMP TOMOのAmerican Channel”. YouTube. 2021年5月8日閲覧。
  20. ^ U.S.A.”. YouTube. 2021年2月2日閲覧。
  21. ^ DA PUMP "U.S.A." Dance Lecture”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  22. ^ P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜”. YouTube. 2021年2月2日閲覧。
  23. ^ 【バイーン】KENZO & TOMOの「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」振り付け講座”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  24. ^ 田中れいな / アクロBADガール【2018.9.7 新宿BLAZE】”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  25. ^ “田中れいなは猫、DA PUMP・KENZO&TOMO振り付けの新曲にゃー!!”. WEBザテレビジョン. (2018年11月3日). https://thetv.jp/news/detail/167732/p2/ 2021年3月3日閲覧。 
  26. ^ Vivace!”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  27. ^ 島谷ひとみ新曲「Vivace!」MV公開!DA PUMP TOMOが振付を担当!”. avex portal (2018年10月27日). 2021年3月3日閲覧。
  28. ^ ダンシング☆サムライ”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  29. ^ 太陽系デスコ -崎山つばさver.-”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  30. ^ 藤あや子 feat. m.c.A・T 秋田音頭‐AKITA・ONDO-”. SONY MUSIC otonano. 2021年2月2日閲覧。
  31. ^ 純烈のハッピーバースデー”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  32. ^ “純烈、DA PUMPダンスで“再出発”!TOMOらが振り付け制作”. サンスポ. (2019年4月19日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190419/geo19041905040011-n1.html 2021年2月2日閲覧。 
  33. ^ 君がそばにいるから”. YouTube. 2021年2月14日閲覧。
  34. ^ “DA PUMPのTOMO&U-YEAH考案“どっきゅんどっきゅんダンス”純烈が新曲『君がそばにいるから』で踊る”. 東京中日スポーツ. (2021年2月14日). https://www.chunichi.co.jp/article/202093/ 2021年2月2日閲覧。 
  35. ^ “純烈、DA PUMP TOMO&U-YEAHが振付した新曲MV公開”. BARKS. (2021年2月14日). https://www.barks.jp/news/?id=1000196811/ 2021年2月2日閲覧。 
  36. ^ MAX / JAPAN JAPAN JAPAN (2019 a-nation)”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  37. ^ ソーユートコあるよね?Dance Practice Movie”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  38. ^ “SKE48、須田亜香里初センターの最新シングルが通算&連続22作目の1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. (2020年1月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2153597/full/ 2021年2月2日閲覧。 
  39. ^ Tuxedo~タキシード~”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  40. ^ “Lead、TOMO(DA PUMP)振付による“ほうきダンス”が見所の「Tuxedo〜タキシード〜」MV公開”. BARKS. (2020年9月9日). https://www.barks.jp/news/?id=1000188735 2021年3月3日閲覧。 
  41. ^ “ジュニアも軽快にダンス、土屋敏男氏の新感覚エンタテインメント「NO BORDER」”. ナタリー. (2019年4月15日). https://natalie.mu/owarai/news/327969 2021年2月2日閲覧。 
  42. ^ “寛平「誰でもDA PUMP並に踊れる」と太鼓判!新感覚エンタメ「NO BORDER」7/7(日)開幕!”. ラフ&ピースマガジン. (2019年7月7日). https://laughmaga.yoshimoto.co.jp/archives/21966/ 2021年2月2日閲覧。 
  43. ^ “日テレ・土屋敏男Pが語るステージの未来「SNS時代は“自分が出る”を観るライブに」”. ORICON NEWS. (2019年7月15日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/53322/ 2021年2月2日閲覧。 
  44. ^ NO BORDER OSAKA(公式)2019年05月03日”. Twitter. 2021年3月3日閲覧。
  45. ^ DA PUMP TOMO氏提供 Nagoyaモーニングダンス”. 名古屋市公式サイト (2020年5月12日). 2021年2月2日閲覧。
  46. ^ “DAPUMP・TOMO 恩返しの「モーニング」ダンス”. 朝日新聞デジタル. (2020年5月14日). https://www.asahi.com/articles/ASN5F6F3KN5DOIPE00F.html 2021年2月2日閲覧。 
  47. ^ “いっぺん踊ってみやー!DA PUMPのTOMOが、地元・名古屋の名物をテーマにしたチャレンジダンス動画を公開”. 東海ウォーカー. (2020年5月22日). https://www.walkerplus.com/article/1002108/ 2021年2月2日閲覧。 
  48. ^ #ガンバレコーラスプロジェクト”. ガンバレコーラスプロジェクト公式サイト. 2021年2月2日閲覧。
  49. ^ がんばれコーラスプロジェクト振り付けお手本動画”. YouTube. 2021年3月3日閲覧。
  50. ^ ハンチョウ~神南署安積班シーズン4:7話みどころ・内容”. MBS公式サイト. 2021年3月3日閲覧。
  51. ^ ストロベリーナイト(連続ドラマ)第4回2012年1月31日(火)放送あらすじ”. フジテレビ公式サイト. 2021年3月3日閲覧。
  52. ^ KENZO、TOMO:映画「クローズEXPLODE」出演決定”. ライジングプロダクション公式サイト (2013年4月4日). 2021年2月2日閲覧。
  53. ^ “劇場版「ジオウ」にDA PUMP、「リュウソウジャー」に佐野史郎と北原里英が出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月22日). https://natalie.mu/eiga/news/332400 2021年2月2日閲覧。 
  54. ^ 『仮面ライダージオウ超全集小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、2019年12月25日。ISBN 978-4-09-105166-0。
  55. ^ TOMO「Shibuya Cross-FM」準レギュラー出演中!”. ライジングプロダクション公式サイト. 2021年3月3日閲覧。
  56. ^ PAST PRODUCTION 過去公演”. Blue Print公式サイト. 2021年3月3日閲覧。
  57. ^ “Blue Print「父親参観日」、微笑ましくも切ない父親たちの物語”. ステージナタリー. (2017年7月24日). https://natalie.mu/stage/news/241963 2021年3月3日閲覧。 
  58. ^ “エンタメ集団「Blue Print」が新作公演「BASHAAAAAAAN!!」を開催”. Dews. (2018年5月1日). https://dews365.com/archives/143168.html 2021年3月3日閲覧。 
  59. ^ “Blue Print新作公演「Showとコント」開催決定!!豪華ゲスト出演”. ダンプレ. (2019年7月30日). https://danpre.jp/topic/event/11802/ 2021年3月3日閲覧。 
  60. ^ “ウィーキャンフラーイ、Blue Print次回作「TORI STORY」にDA PUMPのTOMOら”. ステージナタリー. (2020年6月22日). https://natalie.mu/stage/news/384352 2021年3月3日閲覧。