TR-1 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TR-1 テンプ
SS-12 スケールボード
9P120 Temp-s.jpg
テンプ-S。9P120発射機と9M76ロケットの組み合わせで構成されている。
種類 戦域弾道ミサイル
短距離弾道ミサイル
原開発国 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1969年 - 1989年
配備先 ソビエト連邦軍
開発史
開発者 ナディラゼ設計局
製造業者 ヴォトキンスク機械製造工場
諸元
重量 9,700 kg (21,000 lb)
全長 12.4 m (41 ft)
直径 1.01 m (3 ft 4 in)

精度 750 m (0.47 mi) CEP (SS-12)
370 m (0.23 mi) CEP (SS-22)[1]
弾頭 500 kt 単弾頭

エンジン 単段式液体燃料ロケット
誘導方式 慣性誘導
発射
プラットフォーム
輸送起立発射機
輸送機体 輸送起立発射機
テンプレートを表示

TR-1 テンプ (ロシア語: Темп-СTemp-S; 「スピード」の意) は、 冷戦中にソビエト連邦が開発・配備した移動式戦域弾道ミサイルシステムである。NATOコードネームは SS-12 スケールボード。工場名は9M76GRAUインデックスは9К76である。改良型は当初新型と考えられ、SS-22というNATOコードネームを与えられたが、後に元のSS-12に含められるようになった。1960年代半ばから配備された。

TR-1は戦域司令官に核攻撃能力を与えるための移動式兵器として設計された。R-17 スカッドと同じ輸送起立発射機 (MAZ-543) を使用していたが、発射準備完了後にのみ中央から観音開き式に開かれる保護カバーが追加されていた。1988年から1989年にかけてすべて退役した。

採用国[編集]

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
TR-1を配備したのはソビエト連邦軍のみである。チェコスロバキアフラニツェ・ナ・モラヴィエに39基、東ドイツにはケーニヒスブリュックに19基、ビショフスヴェルダに8基、ヴァーレンに22基、ヴォクールに5基など、ワルシャワ条約機構加盟国にも展開され[2]西ドイツ全域、スカンジナビア半島の一部の他、フランスオランダを射程に収めていた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b TR-1 / SS-12 SCALEBOARD. 米国科学者連盟.
  2. ^ Treaty between the United States of America and the Union of Soviet Socialist Republics on the Elimination of their Intermediate-Range and Shorter-Range Missiles - Memorandum of Understanding”. State Department web site. 2013年11月7日閲覧。
  • Hogg, Ian (2000). Twentieth-Century Artillery. Friedman/Fairfax Publishers. ISBN 1-58663-299-X