TREE (東方神起のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東方神起 > ディスコグラフィ > TREE (東方神起のアルバム)
TREE
東方神起スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル
時間
レーベル avex trax
プロデュース 井上慎二郎
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • プラチナ日本レコード協会[7]
  • 第29回日本ゴールドディスク大賞アルバム・オブ・ザ・イヤー[8]
  • 東方神起 日本の旗 日本 アルバム 年表
    • TREE
    • (2014年)
    『TIME』収録のシングル
    1. OCEAN
      リリース: 2013年6月12日
    2. SCREAM
      リリース: 2013年9月4日
    3. Very Merry Xmas
      リリース: 2013年11月27日
    4. Hide & Seek / Something
      リリース: 2014年2月5日
    ミュージックビデオ
    テンプレートを表示

    TREE』(ツリー)は、東方神起日本での7枚目のオリジナル・アルバム。2014年3月5日にavex traxから発売された。

    概要[編集]

    前作『TIME』以来約1年ぶりのリリース[9]。アルバムタイトルには、「グループが時に寄り添い、時に支えてくれる大切な存在である大きな立派な「木」に成長し、多くの人々に恵みを与えられるような存在でありたい。」というメッセージが込められている[10]

    「CD+DVD A」「CD+DVD B」「CD」「Bigeast盤」の4形態で発売(詳細は後述を参照)。前作に続きアルバム購入者限定イベントを実施。

    本作のレコーディングは、韓国で発売された第7集『TENSE』と同時に制作が行なわれた。制作の途中でユンホが風邪を引いており、一部の楽曲ではそれを逆手に取った新しいハスキーボイスに挑戦している[11]

    オリコンデイリーアルバムランキングで1位を獲得し[12]、発売1週間で約22万5000枚を売り上げて2014年3月17日付のオリコン週間アルバムランキングでも1位を獲得した[13][1]。また、3月17日付のBillboard JAPAN週間アルバムランキング“Top Album”においても、実売り10万枚を突破して1位を獲得した[3]

    4月22日より横浜アリーナを皮切りに全国アリーナ&ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2014 〜TREE〜」が開催された[14]

    発売形態[編集]

    CD

    • 規格品番:AVCK-79193
    • ボーナス・トラックとして「I love you -Full Version-」と「Very Merry Xmas」を追加収録。
    • 初回限定特典:ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダムで封入)、購入者限定イベント応募券封入

    CD+DVD A

    • 規格品番:AVCK-79191/B
    • DVDにミュージック・ビデオ9作品とライブ映像3曲を収録。
    • 初回限定特典:ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダムで封入)、購入者限定イベント応募券封入

    CD+DVD B

    • 規格品番:AVCK-79192/B
    • DVDにオフショット映像とツアードキュメント映像を収録。
    • 初回限定特典:ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダムで封入)、購入者限定イベント応募券封入

    Bigeast盤

    • 規格品番:AVC1-79194
    • CD-EXTRAとして「TREE OF LIFE (Lip Version)」のミュージック・ビデオを収録。
    • 封入特典:ジャケットサイズカード封入(6種から1枚ランダムで封入)、購入者限定イベント応募券封入

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「I love you -Introduction-」山本加津彦山本加津彦山本加津彦
    2.「Champion」H.U.B.
    • Sean Alexander
    • Jeremy Thurber
    • Sean Alexander
    • Jeremy Thurber
    3.「Breeding Poison」H.U.B.
    • Lasse Lindorff
    • Daniel Rothmann
    • Harry Wilkins
    • Lasse Lindorff
    • Daniel Rothmann
    • Harry Wilkins
    4.「愛をもっと」山本加津彦山本加津彦
    • 山本加津彦
    • 門脇大輔(ストリングス編曲)
    5.「Cheering」井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    6.Something
    • Yoo Han Jin
    • Yoo Young Jin
      • Yoo Han Jin
      • Yoo Young Jin
    • Kim Dong Ha(ブラス編曲)
    7.「Good Days」井上慎二郎井上慎二郎井上慎二郎
    8.Hide & SeekH.U.B.近藤薫井上慎二郎
    9.「信じるまま」H.U.B.
    • Steven Lee
    • Drew Ryan Scott
    • Steven Lee
    • Drew Ryan Scott
    10.SCREAMH.U.B.HitchhikerHitchhiker
    11.「Crazy Crazy Crazy」H.U.B.
    • Steven Lee
    • Andreas Stone Johansson
    • Fredrik Hult
    • Andreas Oberg
    • Steven Lee
    • Andreas Stone Johansson
    12.OCEANH.U.B.井上慎二郎井上慎二郎
    13.「TREE OF LIFE」井上慎二郎
    • Anders Grahn
    • Carlos Okabe
    井上慎二郎
    14.「Good-bye for Now」井上慎二郎
    • Katerina Bramley
    • Obi Mhondera
    • Tim Hawes
     
    15.「I love you -Full Version-」(Bonus Track)山本加津彦山本加津彦
    • 山本加津彦
    • 華原大輔(ストリングス編曲)
    16.Very Merry Xmas(Bonus Track)Shinjiroh Inoue
    • Chris Buseck
    • Tom Hugo Hemansen
    十川ともじ
    合計時間:

    CD+DVD A[編集]

    CD+DVD B[編集]

    [Bigeast盤][編集]

    曲の解説[編集]

    シングル収録曲の詳細は、各項目を参照。

    1. I love you -Introduction-
      本作のオープニング曲となるラブソング。チャンミンは「ファンに対する僕たちの純粋な気持ちが素直に込められている」とコメントしている[11]
    2. Champion
      男性らしさを強く打ち出したダンスナンバー[15]で、ユンホによると「テーマはプライド」[16]
    3. Breeding Poison
    4. 愛をもっと
      江崎グリコアイス『牧場しぼり』CMソング。
    5. Cheering
      ロックEDMの要素を融合させた楽曲[15]
      2020年4月27日に日本デビュー15周年を記念し、過去の映像を繋げた本作のミュージック・ビデオが制作された[17][18]
    6. Something
      40thシングル『Hide & Seek / Something』の2曲目。
    7. Good Days
      TBS系『ひるおび!』3月度エンディングテーマ。
      「多くの人々の明日の幸せを願う」という内容の楽曲[16]
    8. Hide & Seek
      40thシングル『Hide & Seek / Something』の1曲目。
    9. 信じるまま
      本作と「Champion」のラップパートのアレンジは、ユンホが手がけた[16]
    10. SCREAM
      38thシングル。
    11. Crazy Crazy Crazy
    12. OCEAN
      37thシングル。
    13. TREE OF LIFE
      TBS系『東野幸治のナイモノネダリ』テーマソング。
      アルバムのタイトル曲で、クラシック音楽ゴスペルの要素が取り入れられている。曲のテーマは、サビの歌詞にもなっている「僕たちはこの木の下に出会い生を育む」[15]
      チャンミンは「歌詞に難しい言葉が多く入っていて、レコーディングはなんとかできたけど、MV撮影の時に歌詞がなかなか頭に入ってこなくて、リップシーンは難しかった。」とコメントしている[16][15]
      ミュージック・ビデオにはファッションモデル中条あやみが出演している[19]
    14. Good-bye for Now
    15. I love you -Full Version-
      [CD]のみに収録のボーナス・トラック
      BS日テレオリジナルドラマ 松本清張『球形の荒野』主題歌、BS日テレオリジナルドラマ 松本清張『わるいやつら』主題歌。
      1曲目の別バージョン。
      本作を使用した『東方神起 LIVE TOUR 2014 〜TREE〜』のツアードキュメント映像が制作されており、次作『WITH』(CD+DVD B)のDVDに収録されている。
    16. Very Merry Xmas
      [CD]のみに収録のボーナス・トラックで、39thシングル。

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ a b “東方神起、オリコン1位の日本盤アルバム「TREE」韓国でリリース”. Kstyle (LINE). (2014年4月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1992102 2019年7月27日閲覧。 
    2. ^ TREE|東方神起”. ORICON STYLE. オリコン. 2015年3月25日閲覧。
    3. ^ a b “東方神起 ニューアルバム『TREE』が実売10万枚超えで週間1位を獲得”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). (2014年3月10日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/18595/2 2019年7月27日閲覧。 
    4. ^ 上半期ランキング特集『AKB48が1位独占!アナ雪ほか新たなヒット作も!上半期の音楽シーンを振り返る』”. ORICON STYLE ミュージック. オリコン (2014年6月18日). 2014年6月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年1月14日閲覧。
    5. ^ 2014年 年間音楽&映像ランキング発表”. ORICON NEWS. オリコン. p. 4 (2014年12月20日). 2021年1月14日閲覧。
    6. ^ Billboard Japan Top Albums Sales Year End|Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2014年). 2019年7月27日閲覧。
    7. ^ GOLD DISC 2014年3月度」『The Record』第654巻、日本レコード協会、2014年5月10日、 14頁。
    8. ^ 第29回日本ゴールドディスク大賞”. 日本レコード協会. 2015年3月25日閲覧。
    9. ^ “東方神起、日本ニュー・アルバム『TREE』3月リリース決定”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2014年1月10日). https://tower.jp/article/news/2014/01/10/n08 2019年7月27日閲覧。 
    10. ^ “東方神起、待望のNEW ALBUM 『TREE』 3月5日リリース!”. HMV&BOOKS online (ローソンエンタテインメント). (2014年3月6日). http://japanese.kpopstarz.com/articles/13303/20140306/tvxq-tree-oricon-yunho-changmin.htm 2019年7月27日閲覧。 
    11. ^ a b 初公開!東方神起『TREE』インタビュー&「Sweat」グッとポイントをご紹介♪. (インタビュー). レーベルゲート. (2014年6月11日). moraトピックス.. https://mora.jp/topics/interview/tohoshinki-sweat-interview/ 2019年7月27日閲覧。 
    12. ^ “東方神起、魅力たっぷりの新アルバム『TREE』初日オリコン1位でスタート!”. KpopStarz 日本語版 (KpopStarz). (2014年3月6日). http://japanese.kpopstarz.com/articles/13303/20140306/tvxq-tree-oricon-yunho-changmin.htm 2019年7月27日閲覧。 
    13. ^ オリコン週間 アルバムランキング 2014年03月03日〜2014年03月09日 ”. ORICON NEWS. オリコン (2014年3月17日). 2019年7月27日閲覧。
    14. ^ 東方神起 LIVE TOUR 2014 ~TREE~”. フジテレビワンツーネクスト. 2019年7月27日閲覧。
    15. ^ a b c d 猪又 孝. 東方神起 インタビュー. (インタビュー). ぴあ. チケットぴあ.. http://t.pia.jp/interview/music/thsk2014_1.jsp 2020年4月27日閲覧。 
    16. ^ a b c d 東方神起『TREE』インタビュー後半を公開!!. (インタビュー). レーベルゲート. (2014年6月13日). moraトピックス.. https://mora.jp/topics/interview/tohoshinki-sweat-interview2/ 2019年7月27日閲覧。 
    17. ^ “東方神起、日本デビュー15周年でメッセージ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年4月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200427/geo20042700000001-n1.html 2020年4月27日閲覧。 
    18. ^ “東方神起、日本デビュー15周年でメッセージ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年4月27日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200427/geo20042700000001-n1.html 2020年4月27日閲覧。 
    19. ^ 中条あやみ - TEN CARAT . 2019年7月24日閲覧