tRNA-プソイドウリジンシンターゼI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
tRNA-プソイドウリジンシンターゼI
識別子
EC番号 5.4.99.12
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

tRNA-プソイドウリジンシンターゼI(tRNA-pseudouridine synthase I、EC 5.4.99.12)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

tRNAウリジン\rightleftharpoonstRNAプソイドウリジン

従って、この酵素の基質はtRNAウリジンのみ、生成物はtRNAプソイドウリジンのみである。

この酵素は異性化酵素、特にその他の基を移す分子内転位酵素に分類される。系統名は、tRNA-ウリジン ウラシルムターゼ(tRNA-uridine uracilmutase)である。他に、tRNA-uridine isomerase、tRNA pseudouridylate synthase I、transfer ribonucleate pseudouridine synthetase、pseudouridine synthase、transfer RNA pseudouridine synthetase等とも呼ばれる。

構造[編集]

2007年末時点で、4つの構造が解明されている。蛋白質構造データバンクのコードは、1VS32NQP2NR0及び2NREである。

出典[編集]