TROPO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TROPO[読み疑問点]とは、米TROPO社が提供するPaaSである。クラウド上にあるプラットフォームで、提供されているAPIを使用し、電話の受発信、電話の音声の録音、音声データの電話による再生、文字を音声に変換する音声合成 (TTS)、音声自動応答 (IVR) 及び転送、SMS(ショートメッセージサービス)配信を標準的なウェブ言語(RubyPythonPHPGroovyJavaScript等)を用いてアプリケーションに組み込む開発をサポートする[1]

全世界でサービス利用開発者数は20万人[2]、サービス提供国は42カ国以上にのぼり、日本でもサービスが提供されておりアクロスウェイ株式会社がその代理店である。

歴史[編集]

アメリカ合衆国フロリダ州中央部のオーランドで、Webデベロッパーがテレフォニーアプリケーションを簡単に開発できることを目指して、1999年にジョナサン・タイラー(現Tropo, Inc. CEO)らによってTROPO社の前身であるVoxeo英語版社によって設立された。

2000年2001年に開発費用としてCrosspoint Venture Partners社やMayfield Fund英語版社等の投資ファンドから4000万ドルが出資された[3]2004年の9月にプライベートカンパニーを中心にM&Aを行ない、また、音声やSMS、インスタントメッセージTwitter向けのマルチクラウド型コミュニケーションプラットフォームTROPO事業が分離し、TROPO社となる。

2015年5月7日(米国時間)にシスコシステムズにより買収された[4]。この買収によりCisco Sparkというサービスに影響を及ぼすこととなる[5]

受賞[編集]

シンガポールで開催されたLTE Asia Conference 2014でTROPOは“イノベーションアクセラレータ賞”を受賞した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 末岡洋子 (2009年7月28日). “スクリプト言語で音声アプリが作成できるTropo.com OSDN Magazine”. OSDN. 2017年2月12日閲覧。
  2. ^ Larry Dignan (2015年5月8日). “シスコ、コミュニケーションプラットフォームのTropoを買収へ - ZDNet Japan”. ZDNet. 2017年2月12日閲覧。
  3. ^ Marcella Bernhard (2001年1月23日). “Voxeo Tries To Untangle Net Phone Mess”. Forbes. 2017年2月12日閲覧。
  4. ^ ヒルトン・ロマンスキー (2015年5月7日). “シスコ、Tropo社買収の意向を発表 - Cisco”. シスコシステムズ. 2017年2月12日閲覧。
  5. ^ Rachel King (2015年12月10日). “「Slack」と競合するコラボレーションサービス「Cisco Spark」に新展開 - ZDNet Japan”. ZDNet. 2017年2月12日閲覧。
  6. ^ Benny Har-Even. “Interview: APAC General Manager, Tropo: “While we are a small and agile organisation and can react fairly fast, that’s not enough. We need to have everyone along the delivery chain moving quickly.””. The LTE World Series Blog. 2017年2月12日閲覧。