TRUNK (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TRUNK
HYスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ミクスチャー・ロック
レーベル climax entertainment
プロデュース HY
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2004年度年間16位(オリコン)
HY アルバム 年表
Street Story
2003年
TRUNK
(2004年)
Confidence
2006年
テンプレートを表示

TRUNK』(トランク)は、HYのインディーズデビュー後3枚目のアルバム2004年7月14日にリリース。

概要[編集]

通算3枚目のオリジナルアルバム。内容は同一であるが、通常盤のGrow Versionが2004年7月14日に、外装違いの「Spring Version」が2006年3月16日に発売されている。

アルバムタイトルは「(樹の)幹」という意味。「てがみ」「そこにあるべきではないもの」は、PVが製作された。

前作から引き続き、オリコンアルバムチャートで1位を獲得。インディーズ(メジャーデビューしていない)アーティストとしては、史上初となる2作目の同チャート1位獲得となった。

エピソード[編集]

2ndアルバム『Street Story』リリースに伴う全国ツアー直後に本アルバムのリリースが決まり、新曲のストックが無い中1か月後にレコーディングという非常にタイトなスケジュールで制作された。

当時は精神的に余裕が無かったこともありメンバー同士の関係も良くなかったといい、名嘉は「多分あれ(本アルバム)が一番きつかった」「そのまま解散の流れになってたら…って思うくらい、あの時は大変でしたね」と、仲宗根は「一番きつくて、一番メンバーの仲が悪かった時期」と語っている[1]

名嘉は音楽ナタリーのインタビューにて「みんなが『はい、おーしまい』って言ってたら、HYはあのとき絶対に終わってたはず。でも僕らはそうは言わなかった。つらい状況ではあったけど、『また次を作ろう』『次を作りたい』って気持ちになれたから」と当時を振り返っている[2]

収録曲[編集]

  1. てがみ(作詞・作曲:TUN)
  2. ささくれ(作詞・作曲:TUN)
  3. そこにあるべきではないもの(作詞・作曲:TUN)
    島に溢れるゴミについての曲。作中では、「ゴミ」は『そこにあるべきではないもの』と歌われている。
  4. 僕がキミを(作詞・作曲:HIDEYUKI SHINZATO)
  5. 弱虫(作詞・作曲:HIDEYUKI SHINZATO)
  6. (作詞・作曲:TUN)
  7. DADA(作詞:YUHEI MIYAZATO、作曲:TUN)
  8. Hey Bo(作詞・作曲:HIDEYUKI SHINZATO)
  9. すてきなキッカケ(作詞・作曲:HIDEYUKI SHINZATO)
  10. 初雪(作詞・作曲:TUN)
  11. Song for・・・(作詞・作曲:IZUMI NAKASONE)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ HY- the Homeground 第34回 - | OKMusic”. okmusic.jp. 2020年3月8日閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha. “HY「RAINBOW」インタビュー|20周年イヤー 続けることで見えたカラフルな虹 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2020年3月8日閲覧。