Tech Saturn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TECH SATURN』(テックサターン)は、かつてアスキーから発行されていたセガサターン専門のゲーム雑誌。ゲーム体験版や雑誌独自のデジタルコンテンツを収録したセガサターン用CD-ROM付きで、価格は1280円であることが多かった。

略称は「てっさ」。雑誌マスコットもそれに合わせてフグの「てっさ君」である。これはフグの刺身を“てっさ”と呼ぶことに由来している。

1995年6月に『TECH サターン通信』として創刊したものを1996年10月に改題、1997年9月にアスキーのリストラによる突然の休刊(事実上の廃刊)を迎えた。季刊、隔月刊、月刊と変遷した。

最終号では、誌面(及び付属CD-ROM)が急遽決定した廃刊に対処しきれず、大半のコーナーが翌月号以降への布石を打ったままの状態で掲載された。巻末の編集後記+次号予告的なコラム「事情通が語る“てっさ”の本音」では、廃刊に際しての編集部の困惑と未練、開催予定だったイベント・読者投稿募集の中止告知などが記されている。その隣には、「11月号ではコレをやる予定だったんですけど……」として、翌「11月号」に収録されるはずであったコンテンツも併せて載っていた。

なお、後年創刊した『ファミ通DC』との巻次・編集体勢の継承は無い。

誌面[編集]

土星通信
Various Essay
サターン友の会

出処不明の奇妙なイラストがページの各所に散りばめられており、本誌のコーナーの中でも異彩を放っていた。

CD-ROM[編集]

32偶像(アイドル)サタンちゃん
さるやまハゲの助アワー
  • 1ch:『いたち草』
  • 2ch:カラーバー(試験電波放送中 - コンテンツなし)
  • 4ch:『ドキュメント カルトゲーム』
  • 6ch:『つくだばんぱくん』
  • 8ch:『宇宙軍艦にっぽり』・・ - 宇宙戦艦ヤマトのパロディ短編アニメ。TechWinに収録されていた『暴虐大帝えのしま』のスピンオフとも言える作品。本編はオープニングテーマやエンディングテーマよりも短く、その時間は僅か30~40秒前後であることが多かった。
増刊AM2研通信
デジタル土星通信
ポリゴン伯爵

関連項目[編集]