Tehu

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Tehu(てふ、1995年8月16日 - )は、兵庫県神戸市出身の大学生。国籍は中華人民共和国。

経歴[編集]

2009年10月iPhoneアプリ「健康計算機」をリリースしたことが各種メディアに取り上げられ、iTunes App Storeの日本の無料APP総合ランキングで最高3位にランクインした[1]

2014年、東京都知事選挙における細川護熙候補の告示前Webサイトをディレクションする[2]

2014年、灘高等学校を卒業。同年4月、慶應義塾大学SFC環境情報学部に進学する(AO入試[3]。2015年春より同学を休学中[4]

2015年3月、講談社が運営するWebメディア「現代ビジネス」のCTO(最高技術責任者)に就任し、同サイトのUI/UXの改善を行うと宣言した[5]

株式会社NO BORDER アドバイザーを務めていた[6]

小4を騙った自民の解散を批判するサイト[編集]

第47回衆議院議員総選挙に関して、「どうして解散するんですか?」と問うサイトを青木大和のコンセプトを基に作成した[7]。このサイトは当初小学4年生が作成したものとされていたが、後にTehuと青木によるものと判明。このサイトには「このサイトに賛同しています」とする人の数を示すカウンターが設置されていたが、実際の数字ではなく、ランダムでカウントが増えていくようになっていた。サイト自体は小学4年生が作れるようなものでないことは明白だったが、子供を騙ったこととカウンターを偽装するなどの手法が強い批判を受けた[8]。また、ボタンを押すと政治家のtwitter宛てにスパムが送信される仕組みになっていた[9]。Tehuは「過剰な演出により、衆院解散への問題提起という本来の意図を超えて、多くの方々に大きな誤解を与えてしまう結果となった」として謝罪した[10]


著書[編集]

  • スーパーIT高校生"Tehu"と考える 創造力のつくり方(2013年、角川書店、Google元副社長である村上憲郎との共著)

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

雑誌[編集]

Web[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 古田雄介 (2010年3月22日). “中学生iPhoneアプリ開発者・Tehu氏の夢” (日本語). ASCII.jp. KADOKAWA. 2017年1月2日閲覧。
  2. ^ 細川護熙 Website” (日本語). Tehu. 2017年1月2日閲覧。
  3. ^ 「2020年、何やってたら楽しそう!?」落合陽一氏と語る未来のクリエイティブ(Tehuのトップクリエイター七番勝負)” (日本語). エンジニアtype. キャリアデザインセンター (2014年9月30日). 2017年1月2日閲覧。
  4. ^ Tehu (2016年6月20日). “Tehuの話 第2回「勉強が大好き」” (日本語). note. ピースオブケイク. 2017年1月2日閲覧。
  5. ^ 「プロとアマのクリエイターの違いは、『伝えること』を考え抜いているかどうか」-Tehu×瀬尾傑対談” (日本語). 現代ビジネス. 講談社 (2015年3月13日). 2017年1月2日閲覧。
  6. ^ ファウンダー&パートナー〜多様な自由空間。NO BORDER” (日本語). NO BORDER. 2016年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月2日閲覧。
  7. ^ 「#どうして解散するんですか?」について - 2014年11月22日
  8. ^ あまりに卑劣な「小学四年生なりすまし」事件に思う - WirelessWire News 2014年11月23日
  9. ^ ネットでの偽装やねつ造は絶対にバレる! 「小4なりすましサイト」騒動に見る、最新ステマ事情 - 日刊サイゾー 2014年11月26日
  10. ^ 「#どうして解散するんですか?」について - 2014年11月22日