Thank You! (PUFFYのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Thank You!
PUFFYスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Ki/oon Records
チャート最高順位
PUFFY 年表
Bring it!
2009年
Thank You!
2011年
『Thank You!』収録のシングル
  1. R.G.W.
    リリース: 2010年11月17日
  2. ハッピーバースデイ
    リリース: 2011年2月9日
テンプレートを表示

Thank You!』(サンキュー)は、2011年3月9日に発売されたPUFFYの12枚目のアルバム。

概要[編集]

オリジナル・アルバムとしては2009年の『Bring it!』以来、約1年9ヶ月ぶりの新作。なお、前作のリリースから1ヶ月後にリリースされたシングル「誰かが」は収録されていない。

初回盤は、「はじまりのうた」から「ハッピーバースデイ」までのPVを収録したDVD付き。

全ての楽曲を固定のバンドメンバー(Gt:中重雄フジタユウスケ、Bass:木下裕晴、Dr:川西幸一、Key:渡辺シュンスケ)でレコーディングしたのはPUFFY初の試みであり、アルバム・クレジットには2人の名前の下にメンバー5人の名前が並んでいる。2009年からバンドメンバーは変わっていない。一人のプロデューサーで製作するのは『59』(2004年)以来であり、5曲がバンドメンバー、2曲が奥田民生による作曲、その他は事前に多くのデモテープから選曲したというのは、近年の作品(好きなアーティストに作品提供・プロデュースを依頼する形)とは大きく傾向が異なる。作詞は奥田の提供曲以外は大貫亜美吉村由美がほとんどを個人で手がけているという点も、それまでとは異なる。

収録曲[編集]

  1. マイカントリーロード
    作詞作曲奥田民生
  2. ジェットラブ
    作詞:吉村由美/作曲:中重雄
  3. R.G.W.
    作詞:奥田民生、PUFFY/作曲:奥田民生/編曲:マイケル河合
  4. ほしガール
    作詞:吉村由美/作曲:COZZi
  5. Wake up, Make up with ANI・Bose(スチャダラパー)
    作詞:大貫亜美、M.KOSHIMA、Y.MATSUMOTO/作曲:浅田将明
    • PUFFYの音源としては初めてラップを取り入れている。「ラップと云えば」ということで、スチャダラパーのMCである、BOSEとANIに依頼し、実現した。なお、2人は以前に『パパパパパフィー』にスチャダラパーとして出演したことがある。
  6. はるのうた
    作詞:大貫亜美/作曲:LINUS OF HOLLYWOOD、Roger Joseph Manning Jr.
  7. 恋のやまあらし
    作詞:大貫亜美/作曲:青木多果
  8. 愛のオデッセイ
    作詞:吉村由美/作曲:渡辺シュンスケ
    カートゥーン ネットワーク「CARTOON TUNES」。
  9. バンザーイ!
    作詞:吉村由美/作曲:フジタユウスケ
    • 「ハッピーバースデイ」のカップリング曲。
    • 森永乳業「エスキモーMOW」CMソング。
  10. フィッシュ・オン
    作詞:大貫亜美/作曲:木下裕晴
    • 映画『宇宙で1番ワガママな星』[1]主題歌。この映画の監督伊東寛晃はPUFFYの番組のディレクターをしていた繋がりで、歌詞中の「イトウ」とは、彼の名前でもある。
  11. NO!
    作詞:大貫亜美/作曲:小形誠
  12. 欲望
    作詞:大貫亜美/作曲:フジタユウスケ
  13. ハッピーバースデイ
    作詞:PUFFY/作曲:David Myhr/Peter Kvint/編曲:マイケル河合