Thank you, Love

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西野カナ > 西野カナの作品 > Thank you, Love
Thank you, Love
西野カナスタジオ・アルバム
リリース
録音 2011年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル SME Records
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(日本レコード協会
  • 西野カナ アルバム 年表
    to LOVE
    2010年
    Thank you, Love
    (2011年)
    Love Place
    2012年
    『Thank you, Love』収録のシングル
    1. if
      リリース: 2010年8月4日
    2. 君って
      リリース: 2010年11月3日
    3. Distance
      リリース: 2011年2月9日
    4. Esperanza
      リリース: 2011年5月18日
    5. Alright(デジタル・ダウンロード)」
      リリース: 2011年6月15日
    テンプレートを表示

    Thank you, Love』(サンキュー・ラブ)は、西野カナの3枚目のオリジナル・アルバム2011年6月22日SME Recordsから発売された。

    概要[編集]

    「あったかいアルバム」をコンセプトに制作され、ポジティブな要素を含んだ作品にしたいとの西野本人の思いが反映されている。また、前作2作『LOVE one.』『to LOVE』は恋愛を主題とした曲が中心になっていたが、本作はそれ以外も表現されているのが、特徴である[1]

    初回生産限定盤と通常盤の2形態でリリースされた。

    本作は、音楽批評家から肯定的評価を与えられた。また、大衆的にも成功を収めた。オリコンビルボードの両チャートで、前作『to LOVE』に続き、2作連続初登場首位を獲得した。収録曲の「if」「君って」「Distance」「Esperanza」は先にシングルとして発売され、「Alright」がアルバムのリード曲として配信された[2]。「Alright」を除く4曲は、オリコン・ビルボードの両シングルチャートで上位10位内に入ったほか、日本レコード協会による着うたフルのダウンロード数を集計したRIAJ有料音楽配信チャートで全て首位を獲得した。西野は、このアルバムを引っさげて自身初の全国ホール・ツアー「Kanayan Tour 2011〜Summer〜」に乗り出す。

    背景[編集]

    2枚目のアルバム『to LOVE』からちょうど1年での発売となった。前作以降に発売されたシングル曲5曲を含む全14曲が収録されている。前作『to LOVE』同様、「*Prologue*」から始まり、「*Epilogue*」で終わる構成である。アルバムを制作したのは、西野が大学を卒業し、落ち着いた2011年4月頃だった。西野が自分を振り返った時に、周りにいてくれる人への感謝や、音楽作品やブログ、ライブで顔を合わせることのできるファンとの「つながり」を感じた。そういった人たちがいるからこそ、自分が存在するという事を強く感じたことから、感謝の気持ちを込めて『Thank you, Love』という題名になった[1]

    批評[編集]

    専門評論家によるレビュー
    レビュー・スコア
    出典評価
    hotexpress肯定[3]
    WHAT's IN?肯定[4]
    エキサイトミュージック肯定[5]

    『hotexpress』の武川春奈は、今まで自分の感情を素直に表現し、多くの共感を集めてきた西野だが、今はもう一歩進んだ場所にいるのが、今作で証明されていると批評した。また、特記したい楽曲として「Alright」を挙げた[3]。『WHAT's IN?』のわたなべ文月は、「真に“Thank you”の思いが伝わってくる作品に仕上がっている」と批評し、「だからこそキュンと切ないラブ・ソングもバラードも、彼女の作詞と歌声を経てさらに、リスナーのポジティブ・マインドを引き出してくれる。」とコメントした[4]。『エキサイトミュージック』の吉田可奈は、「人を愛することの素晴らしさ、切なさ、悲しさ、人と関わることの大切さがぎっしりと詰め込まれている。」とコメントした[5]

    チャート成績[編集]

    2011年6月21日付けのオリコンデイリーランキングで、発売初日で5.0万枚を売り上げ、初登場1位[6]7月4日付けの週間ランキングで、初週売上17.8万枚で初登場1位。[7]。同日付けのBillboard JAPAN Top Albumsでも初登場1位を獲得[8]

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    1. *Prologue*〜Sunrise〜 (1:46)
      作詞:Kana Nishino / 作曲:DJ Mass (VIVID Neon*)、Kyoko Osako、Hiroshi Yoshida / 編曲:VIVID Neon*、Kyoko Osako
    2. Esperanza (5:23)
      作詞:Kana Nishino / 作曲:DJ Mass (VIVID Neon*)、Toshihiko Takita、Hiroshi Yoshida / 編曲:VIVID Neon*、Toshihiko Takita
    3. Clap Clap!! (3:32)
      作詞:Kana Nishino、DJ Mass (VIVID Neon*) / 作曲:DJ Mass (VIVID Neon*)、Kyoko Osako、Hiroshi Yoshida / 編曲:VIVID Neon*、Hiroshi Yoshida
    4. Together (5:14)
      作詞:Kana Nishino / 作曲:Shinquo Ogura / 編曲:VIVID Neon*、Kyoko Osako
    5. Distance (3:46)
      作詞:Kana Nishino / 作曲: MATS LIE SKARE、FAST LANE / 編曲: MATS LIE SKARE、FAST LANE、HIRO DOI(NICHION)
    6. I'll be there (3:43)
      作詞:Kana Nishino / 作曲:Jonathan Rotem、Lolene Evereu、Nasri Atwah / 編曲:J.R. Rotem for Beluga Heihts.
      • 11thシングルカップリング曲
    7. Flower (5:52)
      作詞:Kana Nishino、SAEKI youthK / 作曲:SAEKI youthK(rhythm zone) / 編曲:Kotaro Egami (SUPA LOVE)
    8. Every Boy Every Girl (4:16)
      作詞:Kana Nishino、DJ Mass (VIVID Neon*) 、hiro:n / 作曲:DJ Mass (VIVID Neon*)、Toshihiko Takita、hiro:n / 編曲:VIVID Neon*、Toshihiko Takita
    9. Where are you? (3:17)
      作詞:Kana Nishino / 作曲:SKY BEATZ、FAST LANE、LISA DESMOND / 編曲:SKY BEATZ、FAST LANE、LISA DESMOND、HIRO DOI(NICHION)
    10. if (4:40)
      作詞:Kana Nishino、GIORGIO 13 / 作曲:GIORGIO CANCEMI / 編曲:GIORGIO CANCEMI
    11. Alright (5:01)
      作詞:Kana Nishino / 作曲:Yuichi Hayashida / 編曲:Yuichi Hayashida
    12. 君って (5:27)
      作詞:Kana Nishino / 作曲:SAEKI youthK(rhythm zone) / 編曲:Kotaro Egami (SUPA LOVE)
    13. Wishing (4:40)
      作詞:Kana Nishino / 作曲:Yuichi Hayashida、Hiroshi Yoshida / 編曲:Yuichi Hayashida
    14. *Epilogue*〜Thank you, Love〜 (1:12)
      作詞:Kana Nishino / 作曲:DJ Mass (VIVID Neon*)、Kyoko Osako、Hiroshi Yoshida / 編曲:VIVID Neon*、Kyoko Osako

    初回生産限定盤DVD[編集]

    Video Clips Vol.3

    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲監督時間
    1.「if -Video Clip-」  末吉ノブ
    2.「if -Video Clip Making-」   
    3.「君って -Video Clip-」  末吉ノブ
    4.「君って -Video Clip Making-」   
    5.「Distance -Video Clip-」  末吉ノブ
    6.「Distance -Video Clip Making-」   
    7.「Esperanza -Video Clip-」   
    8.「Esperanza -Video Clip Making-」   
    合計時間:

    チャート[編集]

    チャート(2011年) 最高
    順位
    オリコン週間[9] 1
    オリコン年間[10] 15
    Billboard JAPAN Top Albums[8] 1

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b 西野カナ (2011年6月13日). 西野カナ「Thank you, Love」発売記念インタビュー ”西野カナと「カナやん」”(1). インタビュアー:有本和貴. BIGLOBE MUSIC.. 東京都. http://music.biglobe.ne.jp/special/nishinokana/index.html 2011年6月22日閲覧。 
    2. ^ “★アルバムリード曲「Alrigth」着うたフル配信開始★” (日本語). ソニーミュージック. 東京都. (2011年6月15日). http://www.sma.co.jp/news/detail/s/12316 2011年6月22日閲覧。 
    3. ^ a b 武川春奈 (2011年6月). “Thank you, Love” (日本語). レビュー. hotexpress. 2011年6月22日閲覧。
    4. ^ a b わたなべ文月 (2011年6月). “Thank you, Love” (日本語). WHAT's IN?. ソニー・マガジンズ. 2011年6月22日閲覧。
    5. ^ a b 吉田可奈 (2011年6月18日). “愛する情熱、あなたはどれだけ持ち続けられますか?” (日本語). レビュー. エキサイト. 2011年6月22日閲覧。
    6. ^ “西野カナのニューアルバムが初日初登場1位” (日本語). 東京都: オリコン. (2011年6月23日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/89152/full/ 2011年7月1日閲覧。 
    7. ^ “西野カナ、2作連続アルバム首位” (日本語). 東京都: オリコン. (2011年6月28日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/89279/full/ 2011年7月1日閲覧。 
    8. ^ a b “Billboard JAPAN Top Albums” (日本語). (2011年7月4日). オリジナルの2011年7月4日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-0701-1314-27/www.billboard-japan.com/system/jp_charts/top_albums/ 2011年7月1日閲覧。 
    9. ^ “2011年07月第1週の邦楽アルバムランキング情報” (日本語). 東京都: オリコン. (2011年7月4日). http://www.oricon.co.jp/search/result.php?kbn=ja&types=rnk&sw=+&search_type=album&year=2011&month=7&week=1&web.x=39&web.y=18 2011年7月1日閲覧。 
    10. ^ オリコン2011年年間CD&DVDランキング アルバムTOP50” (日本語). オリコン (2011年12月19日). 2011年12月20日閲覧。