入り江 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

入り江
The Cove
監督 ルイ・シホヨス(en:Louie_Psihoyos
製作 フィッシャー・スティーヴンス
ポーラ・デュプレ・ペスマン
脚本 マーク・モンロー
出演者 ヘイデン・パネッティーア
リチャード・オバリー
en:Ric O'Barry
音楽 J.Ralph(en:J. Ralph
編集 ジェフリー・リックマン
配給 ライオンズゲート
公開 2009年7月31日 アメリカ合衆国の旗
2009年8月22日 オーストラリアの旗
2010年日本の旗[1]
上映時間 91分
製作国 Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $900,247[2]
allcinema
allmovie
IMDb
  

入り江』(いりえ、原題:: The Cove)は、2009年に公開されたルイ・シホヨス監督によるイルカ漁の残忍さを描いたアメリカドキュメンタリー映画

目次

ストーリー

「イルカ救済のスペシャリスト」として有名で1960年代のドラマ『わんぱくフリッパー』でも出演したリチャード・オバリーが案内役として主演。過去にオバリーが自ら調教し愛したイルカが様々な病気に弱り果てたり、ビジネスに利用されたりといった経験から自戒を込めてイルカ漁の問題を徹底的に暴いていく。

製作・エピソード

「捕鯨発祥の地」とされる和歌山県太地町の漁港で撮影が行われた。太地町では毎年9月にイルカ漁が行われる。

2009年サンダンス映画祭で観客賞を受賞。2009年度の第82回アカデミー賞ドキュメンタリー映画賞にもノミネートされている。

撮影するために立ち入り禁止区域に入ったりリモコン飛行機で隠し撮りしたりとして地元からは反発を受けている。[3]太地町と姉妹都市関係のオーストラリアブルーム町は一時提携解消になる騒ぎとなった。

受賞歴

脚注

今日は何の日(1月28日

もっと見る

「The_Cove」のQ&A