The Mirraz

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Mirraz
Themirraz-countdownjapan-dec29-2011.jpg
2011年12月
基本情報
別名 ミイラズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
ポストパンク・リバイバル
活動期間 2006年 -
レーベル mini muff records(2007年 - 2010年)
KINOI RECORDS(2011年 - 2012年)
EMIミュージック・ジャパン2012年 - 2014年)
DEATH PYRAMID RECORDS(2015年 - 2017年)
Kinoi,inc.(2017年 - )
公式サイト the-mirraz.com
メンバー 畠山承平(ボーカル・ギター)
佐藤真彦(ギター)
中島ケイゾー(ベース)
旧メンバー 吉岡卓(ギター)
吉田素子(ドラムス)
和田遼太郎(ベース)
関口塁(ドラムス)
新谷元輝(ドラムス)

The Mirraz(ザ・ミイラズ)は、2006年に結成された日本ロックバンド

概要[編集]

メンバーは畠山承平、佐藤真彦、中島ケイゾーの3人。

イギリスのロックバンド・Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)の影響を受けており、一部からは「アークティック・モンキーズのパクリバンド」と批判の声もある。アークティック・モンキーズに限らず最新の洋楽を取り入れていく傾向が強く、畠山も自らそれを公言している。

バンド名は畠山が命名。イギリスのロックバンド・The Zombies(ザ・ゾンビーズ)のような「ザ・○○ズ」というかたちでモンスターっぽい名前をつけたいと考え、生み出した造語であり、実際は「mirra(ミイラ)」はポルトガル語であるため「ミイラズ」という言い回しは存在しない(ミイラは英語で「mummy」)。

メンバー[編集]

  • 畠山 承平(はたけやま しょうへい、1981年11月20日 - )(ボーカルギター) 全楽曲の作詞・作曲・アレンジを手掛け、MV等も自作する。作詞作曲クレジットは「Showhey Hatakeyama」「Shohei Hatakeyama」「畠山承平」。
  • 中島 ケイゾー(なかじま けいぞう、1983年7月13日 - )(ベース) 2011年1月加入。
  • 佐藤 真彦(さとう まさひこ、1982年2月19日 - )(ギター) 2011年1月加入。

旧メンバー[編集]

  • 吉岡 卓(よしおか すぐる)(ギター) ※オリジナルメンバー。2008年に脱退。
  • 吉田 素子(よしだ もとこ)(ドラムス) 2008年に脱退。
  • 和田 遼太郎(わだ りょうたろう)(ベース) ※オリジナルメンバー。2009年に脱退。
  • 関口 塁(せきぐち るい、1988年10月14日 - )(ドラム)2013年6月24日に脱退。現在はフレンズで活動中。
  • 新谷 元輝(しんや げんき、1984年10月14日 - )(ドラム) 2016年6月に脱退。

来歴[編集]

  • 2006年09月 - 畠山と和田を中心に結成。
  • 2006年10月 - 自主制作盤1stシングル『巻きしめたい』を発売。
  • 2006年12月 - 自主制作盤『be buried alive』(通称0thアルバム)を発売。
  • 2007年12月 - インディーレーベル「mini muff records」からVeni Vidi ViciousとのスプリットEP『NEW ROCK E.P』を限定リリース。

幾度かのメンバー・チェンジを経て関口が正式加入。サポート・ギタリストにKを迎えた4人編成となる。

  • 2008年12月 - 1stアルバム『OUI! OUI! OUI!』をリリース。
  • 2009年10月 - 2ndアルバム『NECESSARY EVIL』をリリース。
  • 2009年11月 - 和田の脱退を発表。急遽サポートメンバーとして、QUATTROの中島慶三・佐藤真彦が加入。
  • 2010年04月 - 『be buried alive』の自主製作盤の販売を終了し、全国流通盤をリリース。

QUATTROの2人に替わり、Czecho No Republicの武井優心・吉田アディムがサポートとして加入。

Czecho No Republicの2人に替わり、QUATTROを脱退した中島・佐藤が再びサポートとして加入。

  • 2010年09月 - 3rdアルバム『TOP OF THE FUCK'N WORLD』をリリース。併せてタワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE?」ポスターに初登場。
  • 2010年10-11月 - 「Top of the fuck'n world tour 2010 ~世界には行きません~」を敢行。全公演のチケットをソールドアウトさせる。
  • 2011年01月 - 自主レーベル「KINOI RECORDS」を立ち上げ、ミニアルバム『We Are The Fuck'n World』をリリース。併せてサポートとして活動していた中島・佐藤が正式に加入。4人編成となる。
  • 2012年01月 - 4thアルバム『言いたいことはなくなった』をリリース。
  • 2012年07月 - ワンマンライブにてEMIミュージック・ジャパンへのメジャー移籍を発表。同年10月3日にメジャー1stシングルとして『僕らは/気持ち悪りぃ』(両A面)を発売することも併せて発表された。
  • 2013年02月 - メジャー1stアルバム『選ばれてここに来たんじゃなく、選んでここに来たんだ』をリリース。
  • 2013年6月24日- ドラムの関口塁が脱退。
  • 2013年10月31日- 関口の脱退後、サポートとしてドラムを担当していた新谷元輝が正式に加入し、再び4人編成に。
  • 2015年 - ユニバーサルミュージックと契約終了。自主レーベル「DEATH PYRAMID RECORDS」設立
  • 2016年6月9日 - 原宿アストロホールの「Thanks GENKI!! 新谷元輝ラストライブ&ミイラズ生ドラムとしてのラストライブ!!」をもって、新谷が脱退。脱退後は3名体制で活動[1]
  • 2019年7月28日 - マンガアプリ「GANMA!」連載漫画『氷流星☆アイスターズ』とのコラボレーション楽曲を6週に渡って配信リリース。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2011年6月22日 観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは KINOI-1002 オリコン初登場32位
2nd 2011年9月7日 ラストナンバー KINOI-1003 オリコン初登場56位
3rd 2012年10月3日 僕らは/気持ち悪りぃ TOCT-22318 オリコン初登場17位、登場回数3回
4th 2012年12月12日 傷名/うるせー TOCT-22321 オリコン初登場33位、登場回数3回
5th 2014年5月21日 この惑星のすべて TYCT-30026(通常盤)
TYCT-39024(初回限定盤)
オリコン最高49位
6th 2016年1月13日 パンドラの箱、ツンデレっすね DQC-9044 オリコン最高41位

レンタル限定シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2010年12月22日 あーあ KINOI-1001

配信限定シングル[編集]

  発売日 タイトル
1st 2017年5月6日 D.O.G. is G.O.D
2nd 2017年5月13日 レゾンデートルの存在理由
3rd 2017年5月19日 Ningenno Switch
4th 2017年5月27日 最近じゃデパートのオリジナルソングにすら 幸せを感じるんだ
5th 2017年8月15日 MoonSongBaby(City Funk Remix)
6th 2017年8月21日 ムームー・フムフム・ヌクヌク・アプアア・ククイ・ネネ・ナニ・ノア(Summer Funk Remix)
7th 2017年8月28日 月の死体(Mad Funk Remix)
8th 2019年7月28日 ヒライアカル
9th 2019年8月4日 ワスレタ
10th 2019年8月11日 The Days
11th 2019年8月25日 ダガー
12th 2019年9月8日 フルーツ
13th 2019年9月22日 ロンズデーライト

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
0th 2010年4月7日(全国流通) be buried alive ZMUFF-2008 もとは自主製作盤
オリコン初登場90位
1st 2008年12月3日 OUI! OUI! OUI! ZMUFF-2001
2nd 2009年10月14日 NECESSARY EVIL ZMUFF-2005 オリコン初登場67位、登場回数3回
3rd 2010年9月8日 TOP OF THE FUCK'N WORLD ZMUFF-2009 第3回CDショップ大賞入選作品
オリコン初登場26位、登場回数4回
4th 2012年1月25日 言いたいことはなくなった KINOI-2002(通常盤)
KINOI-2002(初回限定盤)
KINOI-2002(初回限定BOX)
オリコン初登場19位、登場回数4回
5th 2013年2月13日 選ばれてここに来たんじゃなく、
選んでここに来たんだ
TOCT-29107(通常盤)
TOCT-2910(初回限定盤)
TOCT-2910(完全生産限定BOX)
オリコン初登場20位、登場回数3回
6th 2014年10月15日 OPPORTUNITY TYCT-60047(通常盤)
TYCT-69026(初回限定盤)
オリコン初登場22位
7th 2016年2月10日 しるぶぷれっ!!! DQC-1514(通常盤)
DQC-9045(初回生産限定BOX盤)
オリコン初登場56位
8th 2017年2月8日 ぼなぺてぃっ!!! DQC-1556(通常盤)
DQC-9049(初回限定盤)
9th 2017年3月31日 Mr.KingKong 配信限定アルバム
10th 2017年12月4日 RED JACKET
11th 2018年12月23日 DEATH IN THE PYRAMID 配信・オフィシャル通販限定発売
12th 2019年10月27日 Saturation.Now 配信・オフィシャル通販限定発売

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2011年1月19日 We Are The Fuck'n World KINOI-2001 オリコン初登場21位、登場回数4回
2nd 2013年6月12日 夏を好きになるための6の法則 TOCT-29150 オリコン初登場25位、登場回数3回
3rd 2015年10月5日 マジか。と つーか、E.P. DQC-9042 オリコン初登場52位
4th 2016年10月7日 そして、愛してる E.P. DQC-1538 オリコン初登場90位
5th 2017年7月3日 バタフライエフェクトを語るくらいの善悪と頑なに選択を探すマエストロとMoon Song Baby 配信・オフィシャル通販限定発売
6th 2017年10月7日 ヤグルマギク 配信・オフィシャル通販限定発売
7th 2018年7月9日 夏を好きになるための6の法則 part.2 配信・オフィシャル通販限定発売

ベストアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2016年10月5日 BEST! BEST! BEST! DQC-1534 オリコン初登場123位

インディーズベストアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年3月6日 The Mirraz 2010-2012 Indies Best HMCH-1100 メンバー及びEMIは一切関与していない非公式ベスト

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2012年3月3日 THE MIRRAZ 見入らずにはいられない映像シリーズ 第1巻
ラストナンバーリリースツアー「ぶっちゃけ2日だけすきにやっちゃって~2011」
@赤坂BLITZ
KINOI-3001 オリコン
初登場96位
2nd 2013年12月11日 THE MIRRAZ 見入らずにはいられない映像シリーズ 第2巻
「選ばれてそこに行くんじゃなく、選んでそこに行くんだツアー」
@ZEPP DIVERCITY TOKYO
TYBT-10004 オリコン
初登場101位

その他[編集]

  • split single NEW ROCK E.P. w/Veni Vidi Vicious (2007年12月19日)
    僕はスーパーマン,つまり相対主義者は今日もどこかで迷って泣いて
  • 1st demo 巻きしめたい (自主制作盤・完売)
    1.勇者になりたいさまようよろいは今日も一人で考える 2.ゾンゾンゾンビーズ 3.嘘つき 4.もっとMOD

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2007年11月14日 muffin's circus XQDF-91004
2009年2月18日 NEXT ROCK ON - ROCK'N ROLL REVIVAL NRO-1
2009年3月4日 UNDER CONSTRUCTION~rock'n'roll revival from tokyo!! CTCR-14617
2010年7月28日 ROCK STITCH AVCW-12789 オリコン初登場100位、登場回数3回
2011年6月22日 Getting Better 15th Anniversary Presents Getting Roll~Rock Anthem Mix~ VICL-63757 オリコン初登場180位
2011年12月14日 ALL IS LOVE IS ALL VICB-60082
2012年5月23日 ROCK ON ROCK 28096/7
28098
オリコン初登場179位
2015年11月25日 WARIKAN BZCS-5030 タワーレコード限定

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
大野敏嗣 観覧車に乗る君が夜景に照らされてるうちは
スミス 真夏の屯田兵~yeah!yeah!yeah!~
田辺秀伸 僕らは
畠山承平 勇者のようになりたいさまようよろいは今日も一人で考える
Zom!Zom!Zombies!(427ver.)
CANのジャケットのモンスターみたいのが現れて世界壊しちゃえばいい
シスター
check it out! check it out! check it out! check it out!
なんだっていい//////
神になれたら
5.5.5st
イフタム!ヤー!シムシム!
Let's GO!
ハッピーアイスクリーム
君の料理(レシピNo.2027)
ふぁっきゅー
TOP OF THE FUCK'N WORLD
あーあ
We are the fuck'n world
ソシタラ ~人気名前ランキング2009、愛という名前は64位です~
ラストナンバー
i want u
朝、目が覚めたら
気持ち悪りぃ
うるせー
傷名
スーパーフレア
S.T.A.Y.
名曲
NEW WORLD
Fireworks
世界一キレイなもの
プロタゴニストの一日は
レイトショーデートしよう
マジか。そう来たか、やっぱそう来ますよね。はいはい、ですよね、知ってます。
つーか、っつーか
パンドラの箱、ツンデレっすね
まざーふぁっかー!!!
そして、愛してる
ペ・ル・ソ・ナ~邪魔しないでよ~
Get Money
バタフライエフェクトを語るくらいの善悪と頑なに選択を探すマエストロのとある一日
ヤグルマギク
DAWN
格闘ゲーム
Only Only Only
番場秀一 この惑星のすべて

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ先
傷名 テレビ朝日系「Musicる TV」12月度エンディングテーマ
テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」12月度オープニングテーマ
NEW WORLD 映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』エンディング曲[2]
アスファルテームの味がする スマートフォン専用ゲーム「スカッズ~最凶の絆~」イメージソング
この惑星のすべて テレビ東京系コメディ番組「雨天中止ナイン」エンディングテーマ
スーパーフレア テレビ朝日系 「musicるTV」 2月度オープニングテーマ曲
世界一キレイなもの テレビ東京系バラエティ番組「ゴッドタン」エンディングテーマ
なぁ?なぁ?なぁ? テレビ東京系アニメ「闇芝居」第3期エンディングテーマ

出演[編集]

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

開催日 タイトル 備考
2009年6月 待たせたな、でもピッコロさんは死んじゃったツアー w/VOLA & THE ORIENTAL MACHINE/STAN/Veni Vidi Vicious/QUATTRO
2009年12月 The Mirraz NECESSARY EVIL TOUR ~旅立っていくんだ、すんなルーラ!~ w/BlieAN/a flood of circle/SISTER JET
2010年6月〜7月 超人2万パワーツアー w/andymori/おとぎ話
2010年10月〜11月 The Mirraz TOP OF THE FUCK'N WORLD TOUR 2010 ~世界には行きません~ w/Czecho No Republic/YUEY
2011年3月〜4月 ワンマンツアー We are the fuck'n World ~第一章、夢の印税生活篇、完~
2011年4月27日 ピラミッドで427~君たちに4はまだ早すぎたかな~
2011年6月23日 逃げた花嫁…ちょっ!待てよ!2011梅雨
2011年10月13日・14日 ぶっちゃけ2日だけ好きにやっちゃって~2011
2012年3月3日〜4月22日 言いたいことはなくなったから言いたいことを探しに行くツアー
2012年7月16日 緊急生ライブ2012夏~第122話 ボクの父はベジータです…謎のミイラズの告白~
2012年10月27日〜12月9日 僕らは気持ち悪りぃ~なんか誤解されそうなタイトルですねツアー2012~
2012年10月31日 ハローウィンウィン物語~教師はビンビン俺はウィンウィン2012~
2013年1月11日 僕らは気持ち悪りぃ~なんか誤解されそうなタイトルですねツアー2012~追加公演『僕らはうるせー2013』
2013年4月6日〜6月15日 選ばれてそこに行くんじゃなく、選んでそこに行くんだツアー
2013年4月27日 PYRAMID de 427 part6 w/Czecho No Republic/ふくろうず
2013年10月31日 ハローウィンウィン物語2~教師がビンビン俺にウィンウィン2013(仮)~
2013年11月17日〜12月15日 The Mirraz Tour 2013 A/W ~あれ?この人サルエル履いてない??(仮)~ w/N'夙川BOYS/[Champagne]/キュウソネコカミ/グッドモーニングアメリカ
2014年4月27日 PYRAMID de 427~THE ROAD OF THE RINGOS~Tokyo to Osaka~ w/東京カランコロン/ふくろうず
2014年4月28日 PYRAMID de 428 part1~THE ROAD OF THE RINGOS~Tokyo to Osaka~ w/キュウソネコカミ/N'夙川BOYS
2014年6月2日〜5日 ~運が悪いってかなり不利だよねこの惑星じゃ ミニライブツアー2014ss~
2014年10月31日 ハローウィンウィン物語3~教師のビンビン俺のにウィンウィン2014~ w/ゴー☆ジャス
2014年11月11日〜2015年2月13日 The Mirraz 2014-15A/Wツアー~オポオポオポオポオポオポオポオポオポチュニティィィィィィィィィィィ!!!!~
2015年4月27日 PYRAMID de 427 part8
2015年10月28日〜11月22日 ~マジか!?っつーか、ミイラズツアーっつーかツアー2015aw~
2015年10月31日 ハローウィンウィン物語4~教師じゃビンビン俺だとウィンウィン2015~in横浜
2016年2月24日〜4月17日 2016SS TOUR「汁不符列!!!」
2016年4月27日 PYRAMID de 427 part9
2016年6月9日 Thanks GENKI!! 新谷元輝ラストライブ&ミイラズ生ドラムとしてのラストライブ!!
2016年10月31日 ハローウィンウィン物語5~教師とビンビン俺とウィンウィン2016~
2016年11月4日〜11月13日 The Mirraz 10周年スタートツアー~10年目の奇跡2016AW~
2017年2月15日〜3月17日 Tour 「ぼなぺてぃっ!!!」~10周年感謝感謝の怒りの鉄拳全国ワンマンツアー2017SS~
2017年4月29日 The Mirraz presents Pyramid de 427 part10 ~10回目のプロポーズ!ミイラズは死にましぇん~
2017年6月10日〜7月2日 The Mirraz独立記念&リリースツアー ~キングコングのように舞い、俺のように刺す!2017ss~
2017年10月28日 ハローウィンウィン物語6~今年もビンビンビーン!!!!!!君とウィンウィンウィーン!!!!!!2017~
2017年11月11日〜12月3日 「バタフライエフェクトを語るくらいの善悪と頑なに選択を探すマエストロとMoonSongBaby」Tour ~The Mirraz XI 過ぎ去りし君を求めて~
2018年1月27日〜3月21日 RED JACKET TOUR~独立後初!RED(赤字)覚悟の全国ツアー!2018~
2018年4月28日〜4月29日 Pyramid de 427 part11
2018年6月30日〜7月8日 俺より強いヤツに会いに行くツアー!2018ss
2018年10月27日 ハローウィンウィン物語7 ~今年はギンギンギーン!!!!!!君へウィーンウィーンウィーン!!!!!!2018~
2018年11月16日〜12月22日 秋を好きになるための6の法則ツアー2018
2019年2月3日 節分スペシャルライブ!第二投~鬼はOUT!OUT!OUT! 福はIN!IN!IN!~
2019年3月9日〜3月30日 DEATH IN THE PYRAMID TOUR 2019
2019年4月27日 PYRAMID de 427 part12
2019年10月26日 The Mirraz presents『ハローウィンウィン物語8~令和初ウィンウィン!!!JAMのビールはキンキン!!!2019~』
2020年02月01日 ザ・ミイラズ日本文化推進委員会主催 『節分スペシャルライブ!第3投 ~鬼はそっと!そっと!そっと!福はもっと!もっと!もっと!~』

出演イベント[編集]

電子”xyaラス兄◯z[編集]

畠山承平が総合プロデュースを担当するバンド。2019年The Mirrazの自主レーベルKinoi,inc.よりデビュー。メンバーはボーカル&ギター「キノイ君」、ベース「カンオケ君」、シンセサイザー「ピラ美ちゃん」、ドラム「アクマ君」の4名。

ディスコグラフィー[編集]

  発売日 タイトル
1st 2019年4月1日 Cú Chulainn(クー・フーリン)
2nd 2019年5月20日 Exactly
3rd 2019年6月29日 I did it
4th 2019年7月31日 Betray
5th 2019年8月31日 everydayeverytimeeverything

脚注[編集]

[ヘルプ]

インタビュー[編集]