The Revenant Choir

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
The Revenant Choir
Versaillesシングル
初出アルバム『NOBLE -Vampire's Chronicle-
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル メロディックスピードメタル
ネオクラシカルメタル
プログレッシブ・メタル
時間
レーベル Sherow Artist Society
作詞・作曲 KAMIJO・Versailles
年表
The Revenant Choir
2007年
A Noble Was Born In Chaos
2008年
収録アルバムNOBLE -Vampire's Chronicle-
windress
(7)
The Revenant Choir
(8)
to The Chaos Inside
(9)
テンプレートを表示

The Revenant Choir」(ザ・レヴナント・クワイア)は、Versaillesのインディーズ1枚目のシングル2007年6月21日にSherow Artist Societyから発売された。

解説[編集]

Versaillesの記念すべきデビューシングル。SHOXX誌上においてデジタル写真集とセットで読者限定販売された。同年9月10日に販売終了。6月23日の男性限定ショーケースでも当日限定シングルとしてリリースされた。

冒頭はLeah Riegleによるモノローグ[1]とインストで、1分35秒頃に曲自体が始まる。演奏時間は8分40秒強にも及び、シングル曲としては2012年現在最長である[注 1]。カップリングには各パートの練習用トラックが収録されており、冒頭のモノローグはカットされている。

4か月後にリリースされたミニアルバム『Lyrical Sympathy』への収録は見送られ、今作発売から1年以上経過した2008年7月に『NOBLE -Vampire's Chronicle-』へ収録された。その際には冒頭のモノローグはカットされ、7分ほどに編集されたアルバムヴァージョンとして収録された。

KAMIJOは今までの人生の中でこれほどの作品は作れたことがなく、こんなものを作って次はどうするのかという不安があると語った。また、「良い意味で裏切る」のではなく「究極の期待通り」であるとも語った[2]

収録曲[編集]

  1. The Revenant Choir [8:43]
    • 作詞:KAMIJO/作曲:Versailles
  2. The Revenant Choir -Vocal Lesson- [6:24]
  3. The Revenant Choir -Bass Lesson- [6:24]
  4. The Revenant Choir -Drum Lesson- [6:27]
  5. The Revenant Choir -Guitar Lesson- [6:23]

収録作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アルバム曲も含めると、「Faith & Decision」、「God Place -Method of Inheritance-」、「History of The Other Side」に次ぐ4番目の長さ。

出典[編集]

  1. ^ Discog Versailles 「The Revenant Choir」”. 2012年8月14日閲覧。
  2. ^ KAMIJO Blog 『The Revenant Choir』”. 2012年8月14日閲覧。