The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Ultimate Fighter:
Team Nogueira vs. Team Mir
ジャンル リアリティ番組
出演者 ダナ・ホワイト
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
フランク・ミア
製作
制作 Spike TV
放送
放送国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
放送期間 2008年9月17日 - 2008年12月13日
放送分 60分

特記事項:
前シーズン:The Ultimate Fighter: Team Rampage vs. Team Forrest
次シーズン:The Ultimate Fighter: United States vs. United Kingdom

The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir(ジ・アルティメット・ファイター:チーム・ノゲイラ・バーサス・チーム・ミア、通称The Ultimate Fighter 8)は、アメリカ合衆国リアリティ番組The Ultimate Fighter」の第8シーズンとして2008年9月17日から12月13日にかけて放送されたテレビ番組である。

本シーズンではライトヘビー級(93.0kg)とライト級(70.3kg)の各8名、計16名の選手がアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラフランク・ミアのコーチの下、合宿所で共同生活を送りながらトレーニングを受け、UFCとの正式契約を賭けた勝ち残りトーナメント戦を行った。

2008年12月13日、番組のフィナーレとして、ネバダ州ラスベガスザ・パールUFCの大会である「The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir Finale」が開催された。

シーズン概要[編集]

本シーズンでは最初に32名全員が参加する合宿所入りを賭けたエリミネイションバウト(選抜試合)が行われ、勝ち抜いた16名でコーチによるドラフトでチーム分けが行われた。エリミネイションバウトを勝ち抜いたアントウェイン・ブリット、カーン・グリゴーリャン、ブライアン・マクローリンの3名は怪我やコミッションによるサスペンドのため脱落、代わりに敗者からエリオット・マーシャル、カイル・キングスベリー、ローランド・デルガドが復活した。

シーズンではライトヘビー級からはライアン・ベイダー(チーム・ノゲイラ)とヴィニシウス・マガリャエス(チーム・ミア)、ライト級からはフィリップ・ノヴァーエフレイン・エスクデロ(共にチーム・ノゲイラ)がトーナメントを勝ち進み12月13日の決勝に進出した。

キャスト[編集]

チーム・ノゲイラ[編集]

ヘッド・コーチ
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
アシスタント・コーチ
アレックス・アウベス、ダニエル・ヴァルヴェルジ、アル・スタンキビッチ
ライトヘビー級選手(指名順)
ライアン・ベイダー、シェイン・プリム、カイル・キングスベリー、ジュールス・ブルーチェス
ライト級選手(指名順)
フィリップ・ノヴァーエフレイン・エスクデロ、ジョン・ポラコウスキー、ローランド・デルガド

チーム・ミア[編集]

ヘッド・コーチ
フランク・ミア
アシスタント・コーチ
ケン・ハーン、ロバート・ドリスデールデミアン・マイア
ライトヘビー級選手(指名順)
クシシュトフ・ソシンスキーヴィニシウス・マガリャエス、エリオット・マーシャル、トム・ローラー
ライト級選手(指名順)
ジュニー・ブラウニング、シェイン・ネルソン、デイブ・カプラン、ジョージ・ループ

エリミネイションバウト敗退者[編集]

ライトヘビー級
アントウェイン・ブリット、ランス・エヴァンス、カレン・グリゴーリャン、ジェイソン・グイダ、ライアン・ジモー、ライアン・ロペス、エリック・マギー、ショーン・オコネル、マイク・ステュワート
ライト級
ホゼ・アギラー、フェルナンド・バーンスタイン、チャールズ・ディアス、ジョー・デュアルチ、ブランドン・ガーナー、ブライアン・マクローリン、ウェスリー・マーチ、イド・パリエンテ

トーナメント[編集]

  • 太字が試合の勝者

ライトヘビー級[編集]

エリミネイションバウト 1回戦 準決勝 決勝
                           
エピソード1            
 ジュールス・ブルーチェス 1R 1:43
エピソード7
 エリック・マギー 裸絞め  
     ジュールス・ブルーチェス 1R 3:28
エピソード1
       ヴィニシウス・マガリャエス 腕十字  
 ヴィニシウス・マガリャエス 1R 0:34
エピソード12
 ランス・エヴァンス TKO  
     ヴィニシウス・マガリャエス 1R 3:45
エピソード2
       クシシュトフ・ソシンスキー 腕十字  
 カレン・グリゴーリャン 3R終了
エピソード9
 エリオット・マーシャル 判定2-1  
     *カイル・キングスベリー 1R 2:36
エピソード1
       クシシュトフ・ソシンスキー 腕十字  
 クシシュトフ・ソシンスキー 1R 0:17
TUF 8 Finale
 マイク・ステュワート TKO  
     ヴィニシウス・マガリャエス 1R 2:18
エピソード2
       ライアン・ベイダー TKO
 ライアン・ベイダー 2R 1:33
エピソード3
 カイル・キングスベリー 肩固め  
     ライアン・ベイダー 1R 3:44
エピソード2
       トム・ローラー TKO  
 トム・ローラー 1R 0:42
エピソード11
 ライアン・ロペス 裸絞め  
     ライアン・ベイダー 3R終了
エピソード2
       エリオット・マーシャル 判定0-3  
 シェイン・プリム 1R 3:40
エピソード5
 ショーン・オコネル 裸絞め  
     シェイン・プリム 1R 2:36
エピソード1
       *エリオット・マーシャル 裸絞め  
 アントウェイン・ブリット 2R終了
 ライアン・ジモ 判定2-0  
  •      チーム・ノゲイラ /      チーム・ミア
  • エリミネイションバウトに勝利したブリットとグリゴーリャンは負傷のため脱落、マーシャルとキングスベリーが敗者復活となった。

ライト級[編集]

エリミネイションバウト 1回戦 準決勝 決勝
                           
エピソード1            
 フィリップ・ノヴァー 2R 3:33
エピソード8
 ジョー・デュアルチ 裸絞め  
     フィリップ・ノヴァー 1R 1:06
エピソード1
       デイブ・カプラン 裸絞め  
 デイブ・カプラン 1R 2:20
エピソード11
 フェルナンド・バーンスタイン 裸絞め  
     フィリップ・ノヴァー 1R 1:41
エピソード2
       ジョージ・ループ キムラ  
 ジョン・ポラコウスキー 2R 0:15
エピソード10
 ウェスリー・マーチ TKO  
     ジョン・ポラコウスキー 2R終了
エピソード2
       ジョージ・ループ 判定0-3  
 ジョージ・ループ 2R終了
TUF 8 Finale
 ローランド・デルガド 判定3-0  
     フィリップ・ノヴァー 3R終了
エピソード2
       エフレイン・エスクデロ 判定0-3
 エフレイン・エスクデロ 1R 3:37
エピソード4
 イド・パリエンテ 裸絞め  
     エフレイン・エスクデロ 2R 4:32
エピソード2
       シェイン・ネルソン 三角絞め  
 シェイン・ネルソン 2R終了
エピソード12
 チャールズ・ディアス 判定3-0  
     エフレイン・エスクデロ 2R 3:26
エピソード1
       ジュニー・ブラウニング Dチョーク  
 ブライアン・マクローリン 2R 1:41
エピソード6
 ブランドン・ガーナー  
     *ローランド・デルガド 3R終了
エピソード1
       ジュニー・ブラウニング 判定1-2  
 ジュニー・ブラウニング 1R終了時
 ホゼ・アギラー TKO  
  •      チーム・ノゲイラ /      チーム・ミア
  • エリミネイションバウトのマクローリンvs.ガーナーはガーナーの反則(グラウンド状態での頭部への膝蹴り)のため無効試合となりマクローリンが勝者認定された。しかし試合後にコミッションからサスペンドがかかり脱落、デルガドが敗者復活となった[1]

The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir Finale[編集]

脚注[編集]