The Ultimate Fighter 1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Ultimate Fighter 1
ジャンル リアリティ番組
出演者 ダナ・ホワイト
ランディ・クートゥア
チャック・リデル
製作
制作 Spike TV
放送
放送国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
放送期間 2005年1月17日 - 2005年4月9日
放送分 60分

特記事項:
次シーズン:The Ultimate Fighter 2

The Ultimate Fighter 1(ジ・アルティメット・ファイター・ワン)は、アメリカ合衆国リアリティ番組The Ultimate Fighter」の第1シーズンとして2005年1月17日から4月9日にかけて放送されたテレビ番組である。

本シーズンではライトヘビー級(-93.0kg)とミドル級(-83.9kg)の各8名、計16名の選手がランディ・クートゥアチャック・リデルのコーチの下、合宿所で共同生活を送りながらトレーニングを受け、UFCとの正式契約を賭けた勝ち残りトーナメント戦を行った。

2005年4月9日、番組のフィナーレとして、ネバダ州ラスベガスのコックス・パビリオンでUFCの大会である「The Ultimate Fighter 1 Finale」が開催された。

シーズン概要[編集]

本シーズンでは、コーチによるドラフトでチーム分けが行われた各階級8人の選手が、敗者脱落方式の試合を各階級4人になるまで行い、トーナメントで優勝者を決定した。

最終的にライトヘビー級はフォレスト・グリフィン(チーム・リデル)とステファン・ボナー(チーム・クートゥア)、ミドル級はディエゴ・サンチェス(チーム・リデル)とケニー・フロリアン(チーム・クートゥア)が勝ち残り決勝に進出した。

キャスト[編集]

チーム・リデル[編集]

コーチ
チャック・リデル
ライトヘビー級選手
ボビー・サウスワース、サム・ホーガー、フォレスト・グリフィン、アレックス・ショーナウアー
ミドル級選手
ジョシュ・コスチェックディエゴ・サンチェスケニー・フロリアン、ジョシュ・ラファーティ

チーム・クートゥア[編集]

コーチ
ランディ・クートゥア
ライトヘビー級選手
ステファン・ボナーマイク・スウィック、ロデューン・シンケイド、ジェイソン・タッカー
ミドル級選手
ネイサン・クォーリークリス・リーベン、アレックス・カラレクシス、クリス・サンフォード

ホスト役[編集]

エピソード[編集]

エピソード1[編集]

エピソード2[編集]

エピソード3[編集]

エピソード4[編集]

エピソード5[編集]

エピソード6[編集]

エピソード7[編集]

エピソード8[編集]

エピソード9[編集]

エピソード10[編集]

エピソード11[編集]

エピソード12[編集]

トーナメント[編集]

  • 太字が試合の勝者

ライトヘビー級[編集]

準決勝 決勝
           
   
      サム・ホーガー 2R
      フォレスト・グリフィン TKO  
 
      フォレスト・グリフィン 3R
        ステファン・ボナー UD
 
      ステファン・ボナー 1R
      マイク・スウィック SUB  
     チーム・リデル /      チーム・クートゥア

ミドル級[編集]

準決勝 決勝
           
   
      ジョシュ・コスチェック 3R
      ディエゴ・サンチェス SD  
 
      ディエゴ・サンチェス 1R
        ケニー・フロリアン TKO
 
      ケニー・フロリアン 2R
      *クリス・リーベン TKO  
     チーム・リデル /      チーム・クートゥア
※ ネイサン・クォーリーはケニー・フロリアンと対戦が組まれていたが怪我によりクリス・リーベンと交代

The Ultimate Fighter 1 Finale[編集]