The Ultimate Fighter 13 Finale

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
The Ultimate Fighter 13 Finale
イベント詳細
シリーズ UFC (TUF Finale)
主催 ズッファ
開催年月日 2011年6月4日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 ザ・パール
試合数 全11試合
放送局 Spike
入場者数 2,053人[1]
入場収益 440,150USドル[1]
イベント時系列
UFC 130: Rampage vs. Hamill The Ultimate Fighter 13 Finale UFC 131: dos Santos vs. Carwin

The Ultimate Fighter 13 Finale(ジ・アルティメット・ファイター・サーティーン・フィナーレ、別名The Ultimate Fighter: Team Lesnar vs. Team dos Santos Finale)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。本大会はリアリティ番組The Ultimate Fighter」シーズン13のフィナーレとして、2011年6月4日ネバダ州ラスベガスザ・パールで開催された。

大会概要[編集]

大会メインイベントではトニー・ファーガソンラムジー・ニジェムのTUFシーズン13ウェルター級トーナメント決勝が行われ、ファーガソンがニジェムをKOで下してシーズン13優勝者となった。

WEC世界ライト級王者アンソニー・ペティス、キャリア6戦全勝のジャスティン・エドワーズがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ルーベン・デュラン vs. アメリカ合衆国の旗 フランシスコ・リベラ ×
3R 1:57 リアネイキドチョーク
第2試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 スコット・ヨルゲンセン vs. アメリカ合衆国の旗 ケン・ストーン ×
1R 4:01 KO(パウンド)
第3試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クレイ・ハービソン vs. アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・エドワーズ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第4試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 シャマール・ベイリー vs. カナダの旗 ライアン・マッギリブレイ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第5試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョージ・ループ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・グリスピ ×
3R 3:14 KO(右ボディブロー)
第6試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・スティーブンス vs. アメリカ合衆国の旗 ダニー・ダウンズ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-26、30-26)

メインカード[編集]

第7試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・コープ vs. アメリカ合衆国の旗 チャック・オニール ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カイル・キングスベリー vs. ブラジルの旗 ファビオ・マルドナード ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第9試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エド・ハーマン vs. アメリカ合衆国の旗 ティム・クレデュー ×
1R 0:46 TKO(右アッパー→パウンド)
第10試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クレイ・グイダ vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ペティス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 TUF 13ウェルター級トーナメント 決勝 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トニー・ファーガソン vs. アメリカ合衆国の旗 ラムジー・ニジェム ×
1R 3:54 KO(左フック)
※ファーガソンがトーナメント優勝。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: カイル・キングスベリー vs. ファビオ・マルドナード
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトトニー・ファーガソン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ルーベン・デュラン
各選手にはボーナスとして40,000ドルが支給された[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]