The Ultimate Fighter 14 Finale

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
The Ultimate Fighter 14 Finale
イベント詳細
シリーズ UFC (TUF Finale)
主催 ズッファ
開催年月日 2011年12月3日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 ザ・パール
試合数 全11試合
放送局 Spike
日本の放送局 WOWOW
入場者数 1,909人[1]
入場収益 452,700USドル[1]
イベント時系列
UFC 139: Shogun vs. Henderson The Ultimate Fighter 14 Finale UFC 140: Jones vs. Machida

The Ultimate Fighter 14 Finale(ジ・アルティメット・ファイター・フォーティーン・フィナーレ、別名The Ultimate Fighter: Team Bisping vs. Team Miller Finale )は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。本大会はリアリティ番組The Ultimate Fighter」シーズン14のフィナーレとして、2011年12月3日ネバダ州ラスベガスザ・パールで開催された。

大会概要[編集]

TUFシーズン14トーナメント決勝が行われ、バンタム級ではジョン・ドッドソンTJ・ディラショーをパウンドでTKO勝ち、フェザー級ではディエゴ・ブランダオンデニス・バミューデスを腕ひしぎ十字固めで一本勝ちで、それぞれがトーナメント優勝を果たした。メインイベントでは9シーズンぶりにコーチ対決が組まれマイケル・ビスピンジェイソン・"メイヘム"・ミラーを下した[2]

キャリア10戦全勝のスティーブン・バース、7戦無敗のジョシュ・クロプトンがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・キャラウェイ vs. アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ニース ×
2R 3:38 リアネイキドチョーク
第2試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 スティーブン・サイラー vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・クロプトン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第3試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 ローランド・デローム vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・ファーガソン ×
3R 0:22 リアネイキドチョーク
第4試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・アルバート vs. アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ペイグ ×
1R 1:09 TKO(パウンド)
第5試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マーカス・ブリメージ vs. アメリカ合衆国の旗 スティーブン・バース ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)

メインカード[編集]

第6試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョニー・ベッドフォード vs. アメリカ合衆国の旗 ルイス・ゴーディノ ×
3R 1:58 TKO(ボディへの膝蹴り)
第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トニー・ファーガソン vs. バハマの旗 イーブス・エドワーズ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第8試合 TUF 14バンタム級トーナメント 決勝 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ドッドソン vs. アメリカ合衆国の旗 TJ・ディラショー ×
1R 1:54 TKO(左フック→パウンド)
※ドッドソンがトーナメント優勝。
第9試合 TUF 14フェザー級トーナメント 決勝 5分3R
ブラジルの旗 ディエゴ・ブランダオン vs. アメリカ合衆国の旗 デニス・バミューデス ×
1R 4:51 腕ひしぎ十字固め
※ブランダオンがトーナメント優勝。
第10試合 ミドル級ワンマッチ 5分5R
イングランドの旗 マイケル・ビスピン vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・"メイヘム"・ミラー ×
3R 3:34 TKO(パウンド)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトディエゴ・ブランダオン vs. デニス・バミューデス
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトジョン・ドッドソン
サブミッション・オブ・ザ・ナイトディエゴ・ブランダオン
各選手にはボーナスとして40,000ドルが支給された[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]