The Ultimate Fighter 4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Ultimate Fighter 4: The Comeback
ジャンル リアリティ番組
出演者 ダナ・ホワイト
製作
制作 Spike TV
放送
放送国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
放送期間 2006年8月17日 - 2006年11月11日
放送分 60分

特記事項:
前シーズン:The Ultimate Fighter 3
次シーズン:The Ultimate Fighter 5

The Ultimate Fighter 4: The Comeback(ジ・アルティメット・ファイター・フォー:ザ・カムバック)は、アメリカ合衆国リアリティ番組The Ultimate Fighter」の第4シーズンとして2006年8月17日から11月11日にかけて放送されたテレビ番組である。

本シーズンでは、かつてUFCに参戦していたが契約を解除されたミドル級(-83.9kg)とウェルター級(-77.1kg)の選手達が集い、UFCとの再契約並びにUFC世界王座への挑戦権を賭けた勝ち残りトーナメント戦を行った。

2006年11月11日、番組のフィナーレとして、ネバダ州ラスベガスハードロック・ホテル&カジノUFCの大会である「The Ultimate Fighter 4 Finale」が開催された。

キャスト[編集]

コーチ[編集]

ランディ・クートゥアジョルジュ・サンピエール、マーク・デラグロッテ、マルク・ライモン、リッチ・フランクリンチャック・リデルマット・ヒューズ

チーム・モージョ[編集]

ミドル級
ピート・セル、スコット・スミスパトリック・コーテ、エドウィン・デューイーズ
ウェルター級選手
ショーニー・カータークリス・ライトルマット・セラディン・トーマス

チーム・ノー・ラブ[編集]

ミドル級選手
トラヴィス・ルター、チャールズ・マッカーシー、ギデオン・レイ、ホルヘ・リベラ
ウェルター級選手
リッチ・クレメンティ、マイキー・バーネット、ジェレミー・ジャクソン、ピート・スプラット

トーナメント[編集]

  • 太字が試合の勝者

ミドル級[編集]

1回戦 準決勝 決勝
                   
       
      チャールズ・マッカーシー 3R
      ピート・セル UD  
      ピート・セル 3R
        トラヴィス・ルター UD  
      トラヴィス・ルター 1R
      スコット・スミス SUB  
      トラヴィス・ルター 1R
        パトリック・コーテ SUB
      ホルヘ・リベラ 2R
      パトリック・コーテ UD  
      パトリック・コーテ 3R
        エドウィン・デューイーズ UD  
      ギデオン・レイ 3R
      エドウィン・デューイーズ UD  
     チーム・モージョ /      チーム・ノー・ラブ

ウェルター級[編集]

1回戦 準決勝 決勝
                   
       
      リッチ・クレメンティ 2R
      ショーニー・カーター UD  
      ショーニー・カーター 3R
        マット・セラ UD  
      *ピート・セル 1R
      マット・セラ SUB  
      マット・セラ 3R
        クリス・ライトル SD
      ピート・セル 1R
      クリス・ライトル SUB  
      クリス・ライトル 3R
        ディン・トーマス UD  
      マイキー・バーネット 1R
      ディン・トーマス SUB  
     チーム・モージョ /      チーム・ノー・ラブ
※ ジェレミー・ジャクソンは合宿所を無断で抜け出した為に追放されピート・セルに交代

The Ultimate Fighter 4 Finale[編集]