the band apart

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
the band apart
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル オルタナティヴ・ロック
マス・ロック
ポスト・ロック
プログレッシブ・ロック
フュージョン
メロディック・ハードコア
ミクスチャー・ロック
AOR
活動期間 1998年 -
レーベル asian gothic
メンバー 荒井岳史(ボーカルギター
川崎亘一(ギター)
原昌和(ベースコーラス
木暮栄一(ドラムス

the band apart(ザ・バンド・アパート)は、日本ロックバンドである。略称はバンアパ。レーベルはasian gothic。

来歴[編集]

1998年結成。

  • 1993年、中学校の同級生だった原、川崎、木暮の3人を中心にヘヴィメタルのコピーバンドが誕生。
  • 1995年、共通の友人を介して原と知り合いになった荒井が加入し、現在のメンバー構成となる。その後しばらくはメタル等のコピーを続ける(この頃、音楽性の不一致から木暮が一時的に脱退している)。
  • 1998年頃から現在のバンド名となり、本格的な活動を開始。バンド名はクエンティン・タランティーノの映画プロダクション、「A Band Apart」に由来する。
  • 1999年前期には1st Demoを製作、後期には2nd Demoを製作。共に順調に販売を重ねる。
  • 2001年、Limited Recordsから「FOOL PROOF」、2002年に「Eric.W」をリリース。
  • 2003年、1stアルバム「K.AND HIS BIKE」をリリース後、自身の運営するasian gothic labelから活動をすることとなる。
  • 2004年、独立後第一弾となるシングル「RECOGINIZE ep」をリリースし、限定15,000枚を即完売させる。
  • 2005年、2ndアルバム「quake and brook」をリリース。オリコン最高位5位を獲得。
  • 2006年、3rdアルバム「alfred and cavity」をリリース。オリコン最高位9位を獲得。12月23日、"smooth like butter tour final"を両国国技館で開催。
  • 2007年、盟友バンドであるMOCK ORANGEと共に初のアメリカツアーを敢行。
  • 2008年、4thアルバム「Adze of penguin」をリリース。オリコン最高位7位を獲得。7月13日、“4th album Adze of penguin”release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR FINAL”を幕張メッセイベントホールで開催。
  • 2011年、5thアルバム「Scent of August」をリリース。オリコン最高位12位を獲得。6月17日、日本武道館でASPARAGUSとのツーマンライブ『SMOOTH LIKE BUTTER』が開催。
  • 2013年、6thアルバム「街の14景」をリリース。オリコン最高位13位を獲得。
  • 2015年、7thアルバム「謎のオープンワールド」をリリース。オリコン最高位13位を獲得。

メンバー[編集]

  • 川崎 亘一(かわさき こういち)
    ギター。
    • ギターはモズライトマークI及びマークIVを使用。
    • 速弾きや特殊奏法を取り入れたテクニカルなプレイが特徴。メタル好きなこともあってか、スウィープタッピングを多用する。
    • ライブでは、長髪を振り乱してのヘッドバンギングなどアグレッシブな動きが多い。よく上手を向いて演奏しているが、下手にいる原を見ると笑ってしまって集中できないためらしい。また、「目が気になるから」という理由で観客の方もあまり見ない[独自研究?]
    • ライブや写真での佇まいからクールな人物だと思われがちだが、周りの人間は「一番しゃべるのも、打ち上げで一番壊れるのも川崎」と証言しており、DVDでその姿を確認することができる[独自研究?]
    • 同級生が過去にスニーカー屋を営んでいた影響で重度のスニーカーマニアであり、その総数は200足近くに及ぶ(2014年5月現在)。最も多くコレクションしているのはNIKE。「スニーカーだけの部屋を借りる」という野望を抱いている。
    • 実家は「川崎セラストーン」というタイル工を営んでおり、以前は川崎自身もそこで働いており、その給料のほとんどをスニーカーにつぎ込んでいた。バンドの機材車が故障した際、川崎セラストーンの自家用バンを代替として使用していた時期がある。
  • 原 昌和(はら まさかず)
    ベースコーラス
    • ベースはRickenbacker・4003→MUSICMAN・STINGRAY→Fender・American Deluxe Jazz Bass→ESP・AMAZEを、アンプはオレンジを使用。ベースの弦はWarwick RED LABELを使用とのこと。(2007/04/25発売のDVD Stanley on the 2nd floor内の冊子にて。また、冊子内で原は「弦は安けりゃ安いほどいい」と語っている。)エフェクターは使用せず、チューナーはBOSS・TU-2を使用する。
    • 最も影響を受けたベーシストクリス・スクワイア。ゴリッとしたベース音と、リズムからオブリガートまで多彩な役割を果たすフレージングが特徴。また見かけによらずハイトーンな歌声を持ち、コーラスで荒井のボーカルを支えている。
    • バンドの影のフロントマンとされており、曲作りにおいては全体を見渡す監督的な役割を担っている。
    • ライブでは後ろにボックスファンが設置される。曰く「でぶのライフライン」。
    • 親がクラシック好きだったため幼少時代にピアノバイオリンを習わされたが、そちらはあまり上手くいかなかった。しかしクラシックを聴くのはとても好きだった。
    • アメリカツアーでは片言のMCで笑いをとった。ある会場で原が「I'm fat boy」と言ったところ、観客には「I fuck boy」と聞こえてしまい、いきなり同性愛者宣言をしたのか勘違いされ会場が大歓声に包まれるというハプニングがあった[独自研究?]
    • 2015年からSCAFULL KINGFRONTIER BACKYARDのギタリスト増渕謙司、MOP of HEADの鍵盤Goergeらと共にMINEのメンバーとしても活動。
  • 木暮 栄一(こぐれ えいいち)
    ドラムス
    • ドラムセットはdw、スネアドラムカノウプスのZelkova hs-1465、ドラムスティックはpro-markを使用。ちなみにCDをリリースするようになってからも、数年間自前のドラムセットを持っていなかった。
    • 個性の強いアンサンブルをまとめ上げる細やかなドラミングが特徴。リズムパターンの引き出しが多く、ディスコライクな四つ打ちフュージョン風の16ビートラテンリズムなど幅広く叩きこなす。
    • 3rdアルバムからはジャムブロック、カウベルタンバリンヴィブラスラップなど様々なパーカッションを導入し、バンドサウンドに新たな彩りを与えた。
    • 高校生の頃一時期、親の仕事の都合でカナダに住んでいた。そのこともあって英語が得意である。
    • かつては、メタル好きのメンバーの中で唯一ヒップホップオルタナティブ・ミュージックを好んで聴いていた。しかし年月と共にメンバー間の音楽の好みは共通性が強くなり、現在では木暮もメタルを聴くようである。
    • バンドを始めた当初、メタルをやるのに嫌気が差し、しばらくバンドを脱退する。ちなみに当時はラッパーになりたかったらしく、クラブのイベントによく参加していた。「そのときの映像を見ると飛び降りたくなる」らしい。
    • 公式HPのDiaryをほぼ一人で更新し続けている。このDiaryは一部で「月刊コグレ」と呼ばれている。
    • 絵が得意で、Tシャツ、CDジャケットのデザインや、DVDのブックレットでその腕を披露している。
    • The Yasuno N°5 Groupメンバーとしても活動。

演奏時の立ち位置は荒井が側、川崎がセンター、原が左側、木暮が後ろと、4ピースバンドとしては珍しくボーカルがセンターに立たないスタイルを取っている。これはメンバーの「誰かがメインとかではなく、4人が同列の関係に見えるといい」という思いが反映されたものである。

メンバー仲が良く、「バンドをしたから仲が良くなったんじゃなくて、仲の良い奴等でバンドをやっている」「音楽は4人が仲良くなるための手段ともいえる」「解散しても友達のままでいられる」と語っている。

備考[編集]

  • ロックに限らず、ヘヴィメタルメロコアフュージョンソウルジャズボサノヴァなど、多くのジャンルの音楽を独自に消化、吸収したサウンドが持ち味。
  • 曲作りにはメンバー全員が参加する。各自が持ってきたネタ(リフやコード進行、メロディなど)を全員で膨らませていくパターンが主で、メロディは荒井が、リードギターのパートは川崎と原が担当することが多い。また、メロディは各パートが完成してから最後に乗せられることも多い。
  • 歌詞は「Scent of August」までの楽曲は全て英詞で、日常生活を散文的に切り取ったような描写や少年期への想いを歌ったものが中心である。作詞は木暮と荒井が担当している。二人のどちらが書いた詞なのかは歌詞カードの字体で判断することができる。メンバーの友人であるジョージ・ボッドマン(TURTLE ISLAND)が、文法・表現・発音などの面においてアドバイザーを務めており、ジョージは一部の楽曲で作詞も手がけている。「2012e.p.」以降は一転して日本語詞の楽曲を発表しており、全英詞の楽曲は見られなくなった。
  • 曲作りは音源リリースの時期が決定してから集中的に行われることが多い。そのため、レコーディングの際も曲作りに追われプリプロダクションを行えずに本番に望むのが恒例となってしまっている。「K.AND HIS BIKE」のレコーディングの際、曲作りが酷く行き詰まったため気分転換にスーパーに行ったところ、疲れ果てた顔で饅頭を眺める原に荒井が突然「まーちゃん(原の愛称)、これ買ってブン投げねえ?」と提案した。原は「コイツも限界だな…」と思ったが、結局二人で饅頭を買い地面に思いきり叩きつけた。すると、てっきり潰れて飛び散るかと思われた饅頭は「ぽすっ」と鈍くバウンドした。それを見た瞬間に曲がひらめいた、という意味不明なエピソードを原がDVD「Eric the Fool Recognized His Bike Quakes」で語っている。またレコーディングの初めの頃は、スタジオに入っても曲作りもせずレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンなどを演奏したりして一日を過ごすこともあったらしい。
  • プロモーションビデオはメンバーがシルエットになっていたり遠景になっていたりと、匿名性の強いものが多い。なお、「coral reef」のプロモーションビデオはバンド名の由来であるA Band Apartによって制作された。
  • 「quake and brook」ツアー最終日の夕方、アルバムタイトルの如く大地震が起き、開演時刻を大幅に遅らせるというハプニングがあった。交通網も麻痺してしまったため、会場にたどり着けない人やもう間に合わないと諦めて帰る人もいた。
  • ディズニーコンピレーションで共演したBEAT CRUSADERSと親交が深い。ヒダカトオルは自身のアルバムと同時期にリリースされた「quake and brook」もしきりに宣伝していた。BEAT CRUSADERSの「MUSICRUSADERS」の初回盤でも荒井と原の名前が登場する。
  • アメリカのバンドMOCK ORANGEとは非常に親交が深い。2001年にMOCK ORANGEが来日した際、彼らの作品を愛聴していたthe band apartが連絡先を交換し、日本での合同ツアーをオファーした。突然の誘いに最初は戸惑ったMOCK側だったが、送られてきた音源を聴いて好感を持ち、2003年のツアーで共演が実現した。ツアーを通じ両バンドは交流を深め、互いの音楽だけでなく人間性もリスペクトしあう間柄となった。続く2004年の再共演を経てMOCK ORANGEはasian gothic labelに加入。2006年には両バンドによるスプリットシングルをリリース。2007年には日本とアメリカで合同ツアーを行った。the band apartとMOCK ORANGEの関係について原は「俺達の合言葉は『アイ・ワズ・ゲイ』だから。俺達はゲイじゃないけど、それくらい愛し合っていこうぜって」という発言をしている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2001年10月3日 FOOL PROOF ASG-012 オリコン圏外
2nd 2002年5月29日 Eric.W ASG-013 オリコン最高89位
3rd 2004年12月22日 RECOGNIZE ep asg-001 特典としてオリジナルのキューブリックが付属。
オリコン最高12位、登場回数6回
スプリット 2006年5月17日 DANIELS E.P. ASG-006 MOCK ORANGEとのスプリットシングル
オリコン最高20位、登場回数5回
4th 2007年9月5日 fadeouts(for JUSTICE) ASG-009 オリコン最高19位、登場回数5回
5th 2010年11月11日 intoxication e.p. ライブ会場限定CD
6th 2011年6月17日 detoxification e.p. asg-020 東日本大地震チャリティCD
7th 2012年7月18日 2012 e.p. ASG-24 全曲日本語詞であるシングル。
オリコン最高32位、登場回数6回
8th 2013年10月8日 TOKUMARU e.p. ASG-026 ライブ会場、オフィシャル通販限定CD
全曲日本語詞、街の14景収録の「仇になっても」のMVを収録したDVDが同梱されている。(ディレクター:koW-ichi goto)
9th 2014年5月21日 BONGO e.p. ASG-027 オリコン最高26位、登場回数5回
10th 2015年10月27日 TENNIS CLUB e.p. asg-03001 OFFICIAL SITE / LIVE会場 限定Single
11th 2016年4月30日 Daniels e.p. 2 asg-03101 MOCK ORANGEとのスプリットシングル2弾
12th 2018年4月4日 Falling in Love ASG-041 オリコン最高28位、登場回数4回
13th 2019年3月27日 Foresight e.p. ASG-044 オリコン最高87位
14th 2019年10月2日 POOL e.p. ASG-045 オリコン最高30位、登場回数6回
15th 2020年4月18日 Sons are back e.p, ASG-047 通販・ライブ会場限定
16th 2020年8月28日 August e.p. asg-048 オリコン最高37位
17th 2020年9月25日 September e.p. asg-049 オリコン最高28位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2003年9月24日 K.AND HIS BIKE LTDC-055
ASG-014:再発
ASG-014S:完全生産限定盤
オリコン最高44位、登場回数10回
2nd 2005年5月11日 quake and brook ASG-003
ASG-003S:完全生産限定盤
オリコン最高5位、登場回数10回
3rd 2006年10月4日 alfred and cavity ASG-007
ASG-007S:完全生産限定盤
オリコン最高9位、登場回数10回
4th 2008年5月14日 Adze of penguin ASG-011S:紙ジャケット仕様初回限定盤
ASG-011:通常盤
オリコン最高7位、登場回数9回
mini 2010年3月17日 the Surface ep ASG-017 オリコン最高25位、登場回数8回
5th 2011年3月2日 Scent of August ASG-019 オリコン最高12位、登場回数12回
6th 2013年4月24日 街の14景 ASG-025 オリコン最高13位、登場回数8回
Solo 2014年5月21日 sparklers TKC-1001 荒井岳史のソロミニアルバム。
オリコン最高42位、登場回数3回
Solo 2014年7月16日 beside HMCH-1138 村田シゲ(□□□),一瀬正和(ASPARAGUS/the HIATUS)が参加
荒井岳史ソロフルアルバム
オリコン最高51位
7th 2015年1月21日 謎のオープンワールド ASG-029 オリコン最高13位、登場回数6回
Solo 2016年2月3日 プリテンダー KATS-1004 村田シゲ(Ba./口ロロ)、一瀬正和(Dr./MONOEYES/ASPARAGUS、/the HIATUS )、三浦康嗣(口ロロ)が参加
荒井岳史ソロフルアルバム
1st(naked) 2016年10月12日 1 ASG-034 the band apart(naked)とバンド名に若干の変更を加えた。アコーステック録音をする楽曲(楽曲名の後ろに"Acoustic"表記)と、全く新しいアプローチで既存曲をアコースティックバージョンに録り直すコンセプト("2"の表記がつくもの)とのアレンジに分かれている。
mini 2016年10月12日 前へ asg-03501:通販限定版
asg-03502
□□□ feat. the band apart

メンバー全員がヴォーカルとして参加。

8th 2017年7月19日 Memories to Go ASG-037

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2005年12月14日 Eric the Fool Recognized His Bike Quakes ASG-005 オリコン最高27位、登場回数4回
2nd 2007年4月25日 Stanley on the 2nd floor ASG-008 オリコン最高26位、登場回数4回
3rd 2009年2月25日 shits ASG-015 asian gothic label設立後のPV、「Waiting」「beautiful vanity」の撮り下ろしPVを収録したDVDと、限定シングルの収録曲、「moonlight stepper」「in my room」のアコースティックアレンジ、「When You Wish Upon A Star」「GIVE A LITTLE WHISTLE」を収録したCDの二枚組。
オリコン圏外
4th 2009年6月1日 blessing hamlet asg-016 オリコン圏外
5th 2011年12月14日 String 4 Snowman ASG-22 オリコン最高52位
6th 2014年5月21日 510×283 ASG-028 オリコン最高9位

その他[編集]

  • STYLE Of Limited (2001年7月25日)
    「disappearing man」収録。
  • STYLE OF LimitedII (2002年7月24日)
    「ANARQ」収録。
  • DIVE INTO DISNEY (2002年10月30日)
    WHEN YOU WISH UPON A STAR」(映画『ピノキオ』からのカバー)収録。
  • WHEN YOU WISH UPON A STAR (2003年10月1日)
    「WHEN YOU WISH UPON A STAR」(映画『ピノキオ』からのカバー)収録。
  • MOSH PIT ON DISNEY (2004年7月28日)
    「GIVE A LITTLE WHISTLE」収録。
  • BACKYARD SESSIONS #001 (2006年4月7日) - FRONTIER BACKYARD
    「Wish feat. TAKESHI ARAI from the band apart」に荒井がゲストボーカルとして参加。
  • LIVE DVD"STUDIO VANQUISH TOUR" (2008年2月2日)
    「beautiful vanity」「higher」収録。
  • ...OUT OF THIS WORLD 4 (2009年4月15日)
    「STEP UP」収録。
  • BONES (2009年10月3日) - 「ASPARAGUS presents BKTS TOUR 2009」会場限定
    「flower tone」収録。
  • BONES Ⅱ (2012年6月9日) - 「ASPARAGUS presents BKTS TOUR 2012」会場限定
    「forget me not pt.2」(アルバム「quake and brook」の「forget me nots」をアコースティックアレンジしたもの)収録。
  • 極東最前線 3(2013年9月18日)
    「極東温度」収録。
  • Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~ Abandoned Puppy(2014年1月29日)
    「2月/february」収録。

参加作品[編集]

楽曲提供[編集]

  • まじ娘「きっと忘れない」
    作詞・作曲(荒井)

ミュージックビデオ[編集]

公開年 監督 曲名 備考
2001年 MORI SATO fool proof
2002年 Eric.W
大岩正志 WHEN YOU WISH UPON A STAR
2003年 さいごうみちのり FUEL
2004年 竹内大輔 higher
2005年 MATT BIELER coral reef
from resonance
2006年 竹内大輔 led
Can't remember
Still awake
2007年 72〜Still awake from LIVE DVD「Stanley on the 2nd floor」
Moonlight Stepper
2008年 I love you Wasted Junks & Greens
2009年 さいごうみちのり Waiting
beautiful vanity
2010年 青木亮二 free fall
2011年 photograph
2012年 koW-ichi goto 銀猫街1丁目
2013年 青木亮二 ノード
2014年 誰も知らないカーニバル〜The Base
2015年 小嶋貴之 ピルグリム
2016年 青木亮二 light in the city 2
Night Walker
□□□ feat. the band apart / 神話具現
higher 2
2017年 ZION TOWN
Castaway
2018年 Falling in love
2019年 DEKU NO BOY
SCHOOL
安田潤司 夢の中だけで
ディア・ワンダラー
2020年 リキセ AVECOBE

イベント[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

開催日 タイトル 備考
2006年11月〜12月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
2007年10月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
2008年5月〜7月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
2009年4月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
2010年4月〜5月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR Spring 2010
2010年11月〜12月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR Winter 2010
2011年4月〜6月 the band apart 5th album"Scent of August"release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
2011年10月〜11月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR Autumn 2011
2012年2月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR short spring w/Gush
2012年5月 SMOOTH LIKE BUTTER Parisien & New Songs
2012年10月〜11月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR "Q and K"
2013年5月〜11月 6th album"街の14景"release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
2013年11月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR plus
2014年6月 "BONGO e.p."release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
2014年11月 SMOOTH LIKE BUTTER with some new shit TOUR
2015年2月 「謎のオープンワールド」インストアイベント
2015年3月〜6月 7th album "謎のオープンワールド" release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR w/ASPARAGUS / LOSTAGE
2015年10月〜11月 SMOOTH LIKE BUTTER TOUR in ASIAN 5 CITIES
2016年2月 Smooth Like New Kicks
2016年3月16日 HUCK FINN 35th ANNIVERSARY [ the band apart acoustic one-man live ] 今池HUCK FINN
2016年5月18日〜5月24日 the band apart / Mock Orange「Smooth Like Daniels Tour」
2016年9月22日〜10月30日 the band apart×ロロロ「Smooth Like Antelopes TOUR」
2017年2月2日〜2月28日 1st album "1" release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR the band apart (naked)
2017年3月21日〜3月24日 SMOOTH LIKE BUTTER at SHINDAITA FEVER 2DAYS
2017年5月13日 the band apart SMOOTH LIKE GREENSPIA w/sans visage / toe / YOUR SONG IS GOOD
2017年9月2日〜11月18日 8th album "Memories to Go" release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR w/Art Building / CHAI / ぷぷぷ
2018年2月2日〜2月9日 "2" release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR the band apart (naked)
2018年4月1日〜5月27日 the band apart 20周年記念リクエストツアー
2018年10月8日〜10月11日 Smooth Like Daniels Tour 2018 w/Mock Orange / The Firewood Project
2018年11月10日〜11月25日 GHOSTS EVERYWHERE Tour the band apart (naked)
2019年1月7日〜1月27日 Keishi Tanaka × the band apart [SMOOTH LIKE NEW KICKS TOUR]
2019年6月8日 "SMOOTH LIKE FEVER" 新代田FEVER
2019年10月13日〜12月14日 the band apart"POOL e.p." release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR
2020年8月29日 the band apart SMOOTH LIKE BUTTER online @ FEVER オンライン
2020年10月11日 the band apart SMOOTH LIKE GREENSPIA 2020 服部緑地野外音楽堂

出演イベント[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]