Tierra (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > Tierra (アルバム)
Tierra
L'Arc〜en〜Cielスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ニュー・ウェーヴ
ゴシック・ロック
ロック
時間
レーベル Ki/oon Sony Records
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
富樫春生(#9)
チャート最高順位
L'Arc〜en〜Ciel アルバム 年表
DUNE
1993年
Tierra
1994年
heavenly
1995年
『Tierra』収録のシングル
  1. 眠りによせて
    リリース: 1994年7月1日
  2. Blurry Eyes
    リリース: 1994年10月21日
テンプレートを表示

Tierra』(ティエラ)は、日本のロックバンドL'Arc〜en〜Cielの2作目のアルバム1994年7月14日発売。発売元はKi/oon Sony Records

解説[編集]

1stアルバム『DUNE』以来1年3か月ぶりとなる、メジャーデビュー後最初にリリースしたオリジナルアルバム。

前作はメジャーデビュー前にリリースされているため、便宜上この作品を1stアルバムとする場合もあるが、メンバーは"2枚目のアルバム"として捉えており、tetsuyaは「実質メジャーの1枚目ですけど、僕らは『DUNE』を1stって呼んでいる[1]」「単に2枚目のアルバムをメジャーから出したってだけ[1]」と述べている。

アルバムタイトルの『Tierra』はスペイン語で「大地」を意味している。hydeはアルバムタイトルを決めた経緯について「言葉からくるイメージや印象を大切にしたいんです。最初、"大地"という言葉が浮かんで、そこからこの作品に合う響きを探しました」「空から見た大地をイメージした[2]」と述べている。また、tetsuyaは「個人的には"眩暈"という言葉がキーワード[2]」とアルバムのイメージについて述べている。

収録シングルは、メジャーデビューシングルとなった「眠りによせて」の1曲のみとなっており、他にはインディーズ時代に新曲として披露された「White Feathers」含め10曲が収録されている。1994年10月にはアルバムに初収録された「Blurry Eyes」がタイアップが付いたことに伴いシングル・カットされている。

また、hyde、ken、tetsuya、sakuraの4人それぞれが作曲した楽曲が収録されており、sakuraが在籍していたL'Arc〜en〜Cielにおいて各メンバーに作曲クレジットが付いている唯一のアルバムとなっている。各メンバーが曲を書く体制を取ることについて、hydeは「L'Arc〜en〜Cielはテーマを作らないで、皆が思い思いの曲を書いていくんです。規制を作ってしまうと世界が広がらないと思いますし[3]」「皆がキャンバスに好きな色を塗っていって、最終的に出来たものから、こういう絵が描きたかったんだって確認する感じです[3]」と述べている。

本作のレコーディングを振り返り、hydeは「かなり試行錯誤して時間をかけた[4]」と語っており、tetsuyaも2010年のインタビューで「いろんなことを試せたし、ラルクの全アルバムの中でも一番時間をかけた[1]」と述懐している。また、tetsuyaはレコーディングが長期化したことによりプロモーションが不十分だったとも述べており[1]、アルバム発売後に行われた初の全国ツアー「Tour Sense of time '94」の東京ベイNKホール公演においてチケットがソールドアウトしないという事態が発生している。

本作のプロモーションとして1994年2月14日に、全国6局ネットで特別番組『ノスタルジーの予感〜第一章〜』が放送された。同年4月3日からは番組タイトルと同名のツアーを全国3ヶ所で開催。また、1994年4月8日から7月8日にかけて全国3局ネットで『ノスタルジーの予感〜組曲〜』を放送[2][5]。同年7月7日には前述の映像の総集編を全国9局ネットで『ノスタルジーの予感〜第二章〜』を放送した[2][6]。映像の内容は"Illusion"と"Documentaire"に分かれ、楽曲のミュージック・ビデオや、メンバーのイメージを映像化した短編ストーリー、メンバーのコメントを中心に構成されている[2]

コンサートツアー「Tour Sense of time '94」の終了後の1994年12月1日にイメージビデオ『Siesta 〜Film of Dreams〜』を発売。この作品には、本作に収録された「風の行方」のミュージック・ビデオと「瞳に映るもの」のイメージ映像が収録されている。

オリコン週間アルバムチャート初登場7位を記録し、メジャーデビューアルバムで週間チャートTOP10入りを果たしたが、tetsuyaは「もう少し売れると思っていた」と語っている。

収録曲[編集]

  1. In the Air
    • 作詞・作曲:hyde / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    hyde曰く「ギターを聴きながら曲を作っている時から、空を飛んでいるイメージがあった[3]」という。歌詞についてhydeは「(歌詞の中の)地上にいる"僕"も自分だし、空を飛んでる"君"も自分なんです[3]」と述べている。kenはこの曲で12弦アコースティック・ギターを使用している。
    イントロはベースのアルペジオから始まる。tetsuyaはベース・フレーズについて「イントロはリフ的で、サビでは広がっていく得意のパターン[7]」と述べている。
    アウトロが次曲のイントロと被るような構成になっている。これまでベストアルバム3作に収録されており、各ベストアルバムにはアウトロが途中で切れずに最後までフェードアウトするミックス違いで収録されている。
    2011年に行われたライブ「20th L'Anniversary LIVE」の初日公演の1曲目で披露され、ライブ「Kiss me heavenly deadly '96 REVENGE」以来約15年ぶりに演奏された。
  2. All Dead
    • 作詞・作曲:hyde / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    歌詞が過激な曲で、作詞を手掛けたhydeは「自分の中にある、ある種の怒りを表わしている歌詞[3]」と語っている。
    同じコード進行でギターリフが変わっていく構成となっている。曲を聴いた時の印象について、tetsuyaは「僕の思うところのグランジだった[7]」、sakuraは「この曲にはグランジの空気が流れていたから、逆にドラムはそっちに行かないようにした[8]」「グランジだと今風だけど、俺の中では1960年代~70年代にしようとしたんだ[8]」と述べている。
    1995年には、次作『heavenly』のプロモーションの一環で行った全国キャンペーンイベント「Rendez-vous 1995 Summer」最終日の大阪IMPホールで、この曲のアコースティック・バージョンを披露した。
    2006年に行われたライブ「15th L'Anniversary Live」では、kenのリクエスト曲として、ライブ「Kiss me heavenly deadly '96 REVENGE」以来約10年ぶりに演奏された。
    2008年にはライブイベント「JACK IN THE BOX 2008」において、hydeが所属事務所のミュージシャンら[9]とこの曲をセッションした。
  3. Blame
    • 作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    アコースティック・ギターから静かに始まるが、サビで一気に盛り上がる曲。この曲を作った際に、tetsuyaはスタッフから「どうしてシングル化しないの?」と言われたらしく、スタッフ内からの評判が高かった曲。また、この曲はそれぞれのメンバー作曲作品からセレクトした楽曲で構成されたベストアルバム『QUADRINITY 〜MEMBER'S BEST SELECTIONS〜』に収録されたが、作曲者のtetsuyaは「最初からこの曲を入れることを決めていた」と語っている。
    楽曲制作において、メンバー4人のジャム・セッションを通じて曲の完成型が見えた楽曲で、hydeは「セッションをきっかけにポンと出来上がった感じ[3]」、sakuraは「ドラムを叩こうというよりも、ドラムを使って参加してる感じ。4人で会話しているようなプレイになった[8]」と述べている。
    歌詞についてhydeは「自分の葛藤を表現しているんですが、この曲は詞だけで理解してほしい[3]」と述べている。
    2014年に行われたライブ「L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」において、ライブツアー「BIG CITY NIGHTS ROUND AROUND '96」以来約18年ぶりに披露された。
  4. Wind of Gold
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    アコースティック・ギターがメインの静かなラテンテイストのバラード。1stシングル「Blurry Eyes」のカップリングにはリミックスバージョンが収録された。
    歌詞のイメージについてhydeは「馬車に揺られているイメージ[10]」と語っており、アルバムの中で歌詞が出来上がるのが一番早かった曲だという。
    デモ段階では6分以上ある曲だったが、制作過程で構成・展開が大きく変わっている[11]。この曲ではtetsuyaがスライドを多用している。曲について、sakuraは「質素で密室的な空気が曲に流れていると感じるかもしれないけど、ある種、大陸的なところもある[12]」「スカとかレゲエがかなりブランドされていると思う[12]」と述べている。
    2015年に行われたライブ「L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L'ArCASINO」において、ライブ「Kiss me heavenly deadly '96 REVENGE」以来約19年ぶりに披露された。
  5. Blurry Eyes
    • 作詞:hyde / 作曲:tetsu / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    1stシングルとして後にリカットされた楽曲。日本テレビ系アニメ『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』オープニングテーマ。
    作曲者のtetsuya曰く、「L'Arc〜en〜Cielを結成する前にkenとバンドをやっていた頃、「Be destined」、「予感」の次にできた曲[13]」だという。sakuraは自身のドラムプレイについて「俺の中にあるイアン・ペイスを曲に落とし込んだ[12]」「途中で変拍子あり、ポリ・リズムありで普通じゃないけど。普通に聴こえつつも、そうではないところがラルクらしいかな[12]」と述べている。
    この曲は基本4/4拍子なのだが、Dメロの「Why do you stare at the sky with your blurry eyes?」の部分および、エンディングの部分が6/8拍子に変わる。また、L'Arc〜en〜Cielの楽曲の中で唯一、曲中にギターソロが2回ある。活動初期の曲をあまりライブで演奏しないL'Arc〜en〜Cielだが、比較的近年のライブでも演奏されている。
  6. Inner Core
    • 作詞:hyde / 作曲:sakura / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    sakuraが個人名義で作曲を担当したL'Arc〜en〜Ciel唯一の楽曲。曲中にはhydeによる語りや笑い叫ぶ声が入っている。
    歌詞は「現実に見えている世界は果たして、ここだけなんだろうか?[10]」というsakuraが持っていた詞のイメージを基に、hydeが書いている。歌詞についてhydeは「時間も空間も前後もない宇宙的な世界というイメージ」「sakuraの世界を自分なりに理解して表した詞」と述べている[10]。sakuraも「俺の意志をhydeがうまく歌詞にしてくれた[12]」と述べている。また、作曲を手掛けたsakura曰く「結果的にAメロ、Bメロ、Cメロという法則の無い曲になった[12]」という。
    2007年にはライブイベント「JACK IN THE BOX 2007」において、sakuraが所属事務所のミュージシャンら[14]とこの曲をセッションした。
  7. 眠りによせて
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    1stビデオシングルとしてリリースされた、L'Arc〜en〜Cielのメジャーデビュー曲。
    インディーズ時代の1993年に行ったライブツアー「FEEL OF DUNE」で先行披露された楽曲[2]。L'Arc〜en〜Cielでは珍しく穏やかなボサノヴァ調の楽曲となっている。
    これまでのL'Arc〜en〜Cielの楽曲にはなかった曲調であったが、hydeは当時のインタビューで「よくそう言われるんですけど、違和感はなかった[15]」と述べている。また、同じ問いにkenは「最近のロックというフィールドの音楽ばかり聴いている人にはそう思われるかもしれない[15]」と述べている。
  8. 風の行方
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    kenが当初、クリスマスや冬をイメージしてデモを制作していた楽曲[11]。アレンジの過程でイメージが冬から夏に変わっていったといい、kenは「hydeの歌詞を聞いて季節感も変わって、歌詞と曲がうまく重なって聴こえてくるようになって良かった[11]」と述べている。
    hydeは歌詞について「歌詞を読み返して思うのが、この曲が一番リアルな自分が出ているかもしれない[10]」と述べている。ただ、歌詞は難産だったようで「描きたい世界は明確に見えているのに、それを言葉に表すことが難しかった[10]」と振り返っている。この曲について、tetsuyaは「間奏のベースのリフレインが気に入っている曲[16]」、sakuraは「セクションが3つあって、その一つ一つに表情がありますね。裏表があって面白い曲[12]」と述べている。
    シングルの表題曲ではないがミュージック・ビデオが制作され、イメージビデオSiesta 〜Film of Dreams〜』に収録されている。映像はモロッコワルザザートで撮影されており、同所に決まった経緯について、sakuraは「曲に合う風景を考えた時に町並が浮かんできて、こういうのがいいんじゃないかってイメージの写真がモロッコに近かったんですよ。だから曲が優先で決まった[17]」と述べている。
    「In the Air」と同じく2011年に行われたライブ「20th L'Anniversary LIVE」において、ライブ「BIG CITY NIGHTS ROUND AROUND '96」以来約15年ぶりに演奏された。
  9. 瞳に映るもの
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Haruo Togashi
    ピアノによる弾き語りの曲。曲の最後に崩れ落ちるようにピアノのメロディが変わる。
    この曲はレコーディング合宿の空いた時間にkenがキーボードを何気なく弾いていた時にフレーズが生まれた楽曲[11]
    hydeは「技術的なことよりも、雰囲気を大切に自然に歌った」「自分は公園にいて、そこで歌っているんだって思いながらレコーディングした[10]」と述べている。
    曲の最後にtetsuyaの演奏によるベースの音が入っている。tetsuya曰く「ほんの一瞬、低音が欲しくてフェルナンデスの5弦ベースを使っている[16]」という。ちなみに、sakuraは演奏にもアレンジにも参加しておらず、「傍で身を任せて素直に聴ける。平気で泣ける曲だなぁと思いました[12]」と述べている。
    この曲はイメージ・ビデオが制作されており、その映像はイメージビデオ『Siesta 〜Film of Dreams〜』に収録されている。
    また、この曲の歌詞は前作『DUNE』に収録された「失われた眺め」に繋がっており、時間軸ではこの曲が「失われた眺め」より前の情景となる[10]
  10. White Feathers
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    インディーズ時代の1993年に行ったライブツアー「Close by DUNE」で先行披露された楽曲。当初未完成曲として前述のツアーで披露され、1993年8月1日日清パワーステーションで行われたライブ「Close by DUNE FINAL」で初めてこのタイトルで演奏された。制作当初は英語詞だった部分が、日本語詞に歌詞が変更されている。
    演奏時間は7分58秒とL'Arc〜en〜Cielの楽曲の中では最も長い[18]。tetsuyaは「時間が8分近くあるけど、長さを感じさせないし、全体の音のバランスはアルバムの中でこの曲が一番好きですね[16]」と述べている。また、この曲ではレスリー・スピーカーを使用してギターのレコーディングしている[11]
    歌詞についてhydeは「自分も鳥のように羽ばたいて飛んでいきたいという気持ちと現実との葛藤がテーマになっている[10]」と述べている。
    1994年2月14日に全国6局ネットで放送された特別番組『ノスタルジーの予感〜第一章〜』内にて、この曲のミュージック・ビデオが放送されている。このMVは、当時はまだメジャーデビュー前に撮影されたもので、コーラスをkenが担当しているなど、曲のアレンジがアルバム収録版と若干異なっている。なお、この映像は現在まで市販化されていない。
    上記番組名を冠したライブツアー「ノスタルジーの予感」ではアンコール前のラストで演奏された。また、2006年に行われたライブ「15th L'Anniversary Live」の演奏曲目リクエスト投票で3位を記録しており、シングル表題曲でない曲の中では最高順位となった。同公演でライブ「Kiss me heavenly deadly '96 REVENGE」以来約10年ぶりに披露された。
    2019年に行われたHYDEのソロアコースティックライブ「HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黒ミサ BIRTHDAY WAKAYAMA」において、サプライズゲストとして出演したKenと披露した。

参加ミュージシャン[編集]

  • hydeVocal
  • kenGuitar
  • tetsuBass
  • sakuraDrums & Percussion
  • [Additional Musicians]
    • 富樫春生:キーボード
    • KUNI TANAKA:サクソフォーン
    • 赤波江敦夫:レコーディング
    • SATORU HIGASHI:レコーディング
    • 比留間整:レコーディング、ミックス(#1~#8,#10)
    • 植月隆:ミックス(#9)
  • [Produce & Mastering]
    • L'Arc〜en〜Ciel:プロデュース
    • 富樫春生:プロデュース補佐(#1~#7,#10[19])、プロデュース(#9[20]
    • 田中三一:マスタリング
    • 内田孝弘:リマスタリング(High-Resolution Audio)

収録ベストアルバム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d リットーミュージック社『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES/tetsuya L'Arc〜en〜Ciel』2010年
  2. ^ a b c d e f 『ロッキンf』、p.11、立東社、1994年7月号
  3. ^ a b c d e f g 『ロッキンf』、p.28、立東社、1994年8月号付録
  4. ^ L'Arc〜en〜Ciel バンド結成20年の歴史を振り返るメンバー4人ソロインタビュー ナタリー
  5. ^ 放送局はテレビ埼玉、千葉テレビ、テレビ神奈川
  6. ^ 放送局はテレビ埼玉、千葉テレビ、テレビ神奈川、テレビ北海道、仙台放送、テレビ愛知、サンテレビ、テレビ新広島、TXN九州
  7. ^ a b 『ロッキンf』、p.32、立東社、1994年8月号
  8. ^ a b c 『ロッキンf』、p.34、立東社、1994年8月号
  9. ^ セッションメンバーはミヤムック)、明希(シド)、ピエール中野(凛として時雨)、秦野猛行
  10. ^ a b c d e f g h 『ロッキンf』、p.29、立東社、1994年8月号
  11. ^ a b c d e 『ロッキンf』、p.31、立東社、1994年8月号
  12. ^ a b c d e f g h 『ロッキンf』、p.35、立東社、1994年8月号
  13. ^ 『ロッキンf』、p.33、立東社、1994年7月号
  14. ^ セッションメンバーはマオ(シド)、ミヤ(ムック)、Shinji(シド)、YUKKE(ムック)
  15. ^ a b 『FOOL'S MATE』、フールズメイト、p.41、1994年3月
  16. ^ a b c 『ロッキンf』、p.33、立東社、1994年8月号付録
  17. ^ 『FOOL'S MATE』、フールズメイト、p.12、1995年1月
  18. ^ 過去にリリースした楽曲のリミックス、リアレンジバージョンを除く
  19. ^ #1~#7,#10のクレジットはCo-produced by HARUO TOGASHI for Spring
  20. ^ #9のクレジットはproduced by HARUO TOGASHI